ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2007年04月23日

何をしてますねん?

「濱の海坊主」の仲間たちが、21日、22日と市場にやってきて、
なにやら一生懸命お仕事?
CIMG8412.JPG
一体何をやらかすのか?
なかには包丁さばきの怪しい御仁も、お手手気をつけてくださいよ。
CIMG8403.JPGCIMG8406.JPG
こちらはプロ、屏風ヶ浦で割烹夕凪を営む、江川さん
CIMG8407.JPG
飛魚      
CIMG8380.JPGCIMG8386.JPGCIMG8396.JPG 
いしもち
CIMG8381.JPG
何をしようというのかしら?
CIMG8410.JPG
posted by 朝市・夕市 at 07:27 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 濱の市  調理・料理教室

2007年04月13日

シンプル イズ ベスト

朝ごはんを昨日は食いそびれてしまった。
遅い昼食を朝食と重ねて食べる、
塩の料理、特にチキンがあっているように思う、
魚焼きのグリルで何も調理してないお肉を皮を上にして
ただ焼くだけ、皿に乗せて、切り分けて
             塩をいろいろかけながら、試しながら
                  CIMG8041.JPG
     上から、元旦の江ノ島の塩・雪塩・アンデスの塩
   個人的な見解だが、アンデスが鶏にはあっているように思う。

今日から日曜まで、またまたふらり旅
   月に一度はお出かけしないと
   放浪の虫が治まらない、そんな体になってしまった。
   そのうちに、会社も家族からも愛想をつかされ、追い出され
   永遠の放浪の旅にでるかもしれない。
芭蕉の時世の句に、こんなのがある
   「旅に病んで、夢は枯野を駆け巡る」 
   空の上の誰かさん、いや多分、地面の下の怖い人
   に呼ばれたときは、この句を物々詠みながら
   そしてできれば、愛しいご婦人達に看取られながら
   この世にお別れ、バイバイしたいもんである。

流石に好物の「シウマイ弁当」も少し飽きてきたので
今日は自作の、懐かしい、のり弁当を復活させてみることに、
車内でこれ見よがしに、食べてみよう。

ここで欠かせないのが、かつを節
  ちゃんと削って下準備をしました。
   削る向きがあるのを皆さん、知ってますか? 「かんな」です。
CIMG8045.JPGCIMG8044.JPGCIMG8042.JPG
   シンプルな料理ほど素材はいいものを使わなくっちゃ!

弁当箱にご飯をしく、醤油をまぶしたかつを節 をその上に
そして、海苔をその上に、またご飯、そしてかつを節、海苔
後は 甘い玉子焼き と 梅干 を添えてハイ出来上がり!
もう、それで充分過ぎるくらい充分。
栄養学的には?な料理でも、これがまたうまいんだね。

ブログはそんなわけで日曜日までお休みです。
日曜の夜にまたアップしま〜す。
さて、今回の旅は?
posted by 朝市・夕市 at 05:07 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 濱の市  調理・料理教室

2006年09月11日

「季節の魚・干物作り教室」の様子

 

市場の増田先生の指導のもと、16名の参加者が集い、魚と向き合い慣れない手付きで格闘。
まず、先生より簡単なレクチャーを受ける。

 
しゅうちゃん先生 ←ちゃん先生 慣れない手つきで・・・ ←慣れない手つきで・・・


「今日のアジは長崎産、今週は月2回の満月の週にあたり休猟だとか。サンマは北陸のほうが台風がぬけ、漁が少なく天候に左右されて、いずれもやや高めの魚となる。
ここ横浜市場には、全国から集荷、最盛期の1/3で衰退、魚屋さんも少なくなり、我々としては生き残りをかけて有志で力強く活動している。スーパーにないもの、こだわった活動をしており、魚にもっと興味を持ってもらおうと魚の捌き方を教えたりして、アットホームな市場です。

先生の模範演技で、魚の捌き方を伝授して頂く。
 

職人技 ←さすが・・・これぞ職人技! 夕凪(屏風浦):江川さん


増田先生の干物は高島屋さんにて販売されているとかで、ということは折り紙付きの腕前なんですね。
ほとんどの干物は大半が器械干し(赤外線・温風乾燥)だとか、太陽の恵みによる天日干しは美味しいよ。
すごいから、作った翌日に味わうともっと美味しいとのコメント。
各自、それぞれ2匹のアジ・サンマで自分の干物を拵える。
私も初めてのこと、四苦八苦しながらの包丁捌き。
やはり素材を扱い、包丁で捌くだけで何とも言えない愛着や嬉しさがこみあげてくるから不思議。

 

美女と干物たち・・・ ←美女干物たち(笑)


この気分を味わう、天日に晒すときの気分、仕上がったときの気分、食べたときの気分、といった一連の歓びはひとしおだと今日の勉強会を通して焼き付いた。

その後、海辺に移動してのバーベキュー。酷暑の中だったが、なんのその。食欲は皆な旺盛。風が心地良い。
 

本日の主役-さんま ←本日の主役たち→ 本日の主役たち


飛び入りの5kgものの大きなカツオの刺身・マグロの頭の焼き物・いろんな焼き物をはじめ、市場のお仲間の指し入れのフルーツやお酒も加わり、一段と盛り上がる。
一般参加の若い女性たちの参加は、いつもの雰囲気とは異なり、柔らかな楽しさを演出してくれた。
大都会の真ん中の海辺、海中には大きなマンタ?エイでしたか?も顔を出してくれた。
坪さんのお仲間の渡辺さんたちや市場の方たちの援助を頂いて、楽しい時間を過ごさせて頂いたことに感謝。

準備や段取りの反省点も次回に生かして、生産現場での素材に触れる・食の取組みを深く味わう・食と積極的に関る機会を持つ・その道のプロに接する・この機会を通してネットワークの広がりを育てる といった、いろんな感じ方ができた一日でした。


簡単ですが、以上レポート致します。お疲れ様でした。次回を楽しみにしています。
横浜スローフード協会 井上

 

<「季節の魚・干物作り教室」参考資料>

 前園さんが本日の「季節の魚・干物作り教室」のために資料を作成してくれました。

 家で干物を作る時の参考にしてください。

 

干物教室資料-前園さん作 ←前園さん作!

 

・横浜スローフード協会

 

 

 
posted by 朝市・夕市 at 11:40 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の市  調理・料理教室

2006年09月06日

「季節の魚・干物作り教室」開催

 「季節の魚・干物作り教室」


横浜スローフード協会と共同開催する「季節の魚・干物作り教室」の開催です。
旬のお魚を横浜中央卸売市場のプロが魚のさばき方、干物の作り方をあなたに伝授いたします。
最近は既に開いてある魚が店頭に並び、干物が海で泳いでいると勘違いしている子供も居るとか居ないとか・・・
この機会を利用して、魚を一からさばいて見てはいかがですか?
皆さんお誘いのうえご参加ください。
干物の皆さん^^

開催日9月10日(日)
時 間
:9:00〜14:00(予定)
目 的:旬の魚の干物作り・市場の流通を勉強しましょう!
     →近海で取れたお魚を自分でさばいて味わう。
開催場所:横浜中央卸売市場
     ・車でお越しいただけます。(駐車場有)
参加費:会員:1500円、非会員:2000円
     ・小学生以下の参加は500円(要保護者同伴&参加に限る)

     ・当日集金いたします。
     ・干物にする魚と昼食代が含まれて居ます。
準備するもの:包丁
     ・自宅に帰ってからもさばく事ができるように、出刃包丁がある方は
      ご持参ください。
     ・出刃包丁を貸し出していただきたい方は事前にご連絡ください。
詳細なスケジュール
     ・旬の魚の干物作り
     ・市場の中を見学(予定)
     ・昼食は海鮮バーベキュー(予定)
募集期間9月7日(木)締め切り

干物の皆さん^^-2


<お申し込みについて>
お申込、お問い合わせは、info@y-slow.com まで。
参加希望の方は以下の4点をご連絡ください。
 @参加者氏名:
 A参加人数(大人・子供):       大人       子供
 BTEL(当日連絡が取れる連絡先):
 CMail:

横浜スローフード協会:http://www.y-slow.com/top.html
「季節の魚・干物作り教室」勉強会の案内:http://www.y-slow.com/new_m.html





横浜スローフード協会:
posted by 朝市・夕市 at 02:05 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 濱の市  調理・料理教室

2006年07月23日

魚のさばき方教室!

魚のさばき方教室!

アジの開き・・・
開いた後のアジは見たことあるけど、これってどうやって開くの?
子供から大人まで、会社の研修の一環としていかがですか?

希望者は魚のさばき方教室も開校します。 

講 師  :増田修一
連絡先  :ヤマイヨネ商店(横浜中央卸売市場内)
電 話  :045-441-8934  
会 場  :教室夕市会場
人 数  :10名迄
料 金  :1000〜1500円 さばく魚による。
      団体11名〜30名は別途相談。
      講師代(1団体5.000円)

*詳細はTELにてお問い合わせください。



posted by 朝市・夕市 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の市  調理・料理教室
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。