ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2008年06月14日

じゃ、

昨夜はオイラが理事なんぞを務める、
O・S・C(オールデイズ、シニア、クラブ)の例会に久方ぶりに出席、
関内ホールの地下2階に、今やすっかり普段着の袴姿で出かける。

やや離れたPから、金曜夜の馬車道を闊歩する、
少し風があるこんな夜も、ネオンの街の夜も、喧騒も、
この姿、なかなか実にお気持ちがいい。

第2週の金曜日に、この例会があるが、どういうわけか、
この所、都合の悪いそんな月ばっかりで、
昨年度も確か2回位しか出席出来なかった。

今年も昨夜が初参加、いつもの会議室にたどり着く、
オイラが個人的に大贔屓の中区の可愛い市会議員さんの
後姿が見える、久しぶり!うれっしいな!

この会は代表の古澤さんと、
元、某国会議員が主催する勉強会で出会ったのが入会のきっかけ、
オイラはこの勉強会では講師を務めた、そんなことがあったが
こちらの勉強会も、同様になかなか出席できないでいる。

頭はオイラと同じツルツル、もう一人同じ頭が
箱根の阿弥陀寺の上野さん、
2月の国際FSのオイラの現場に、お孫さんを連れて遊びに来てくれた、
先日平塚の市民芸術祭では出展した、書と彫刻が
ダブル入選したそうである、凄い!

彼が作る、トンボの竹細工、は実に見事なバランスを保ち
置物としての価値のある、そんな作品も見せてもらった事がある。

会が始まり、恒例の欠席者の欠席理由、近況内容はがき
この読み上げ係、小野さんの名調子が部屋に響く、

そういえば、副会長のSさん夫妻の姿が見えない、
長期入院で欠席のそんな中身のはがきも目立つ、
ガン・心臓病・・・・・闘病中、皆さんはオイラの尊敬すべき
人生の大、大、大先輩、聞けばSさんもガンで緊急入院とか、

後、何年か先に、オイラの欠席理由が忙しいからで無く
こんな形で読み挙げられる、そんなことも充分考えられる、

出来れば、すんなり、あっさり、一度も欠席理由に昇らないで
相思相愛の君と、内緒でお手手繋いで、皆さんに極秘で
アイコンタクトで、じゃいってくるね、にっ。

そんな形でこの世に、フェアウエル 出来ればいい、
まっ、そんな上手くは、いきっこないか。

閑話休題

明日の朝市 10:00〜13:00
     予定通リ、開催します。

明日はオイラが買った袴
  その店が
   試着即売会、やります。
posted by 朝市・夕市 at 12:26 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

市場(いちば)的な

昨日、来店した旧知の前田君が
『坪倉さん的には、何処が今まで一番印象に残っています?』
勿論、商業施設や街、町のことであるが、

そう、ほんの少しオイラは考えてから
『やはり、イタリアのあの町並み、かな〜』
残念ながら国内では・・・・・・、そう答え、愕然とする。

ここ3年、いろんな県を旅して、いろんな場所を見てきた
でも本当に心に残る、もう一度是非行って見たい!
そんな場所は、そういえば無かったな〜、
淋しいけれども、残念だけれども、そんな現実に突き当たる、

過日の トレッサ や ラゾーナ や 新横浜にしても、
もう一度という、湧き上がる気持ちは起きない、
何が、どういうところがオイラの心を捉えないのか、

確かに強烈な個店の力魅力がある商品、
扱っている食べ物が素晴らしい、美味しい、そしてリーズナブル
それは重要な一つのファクターであろうが・・・・

全国を旅し、時に大規模商業施設を見ながら
かなりの町並み、商店街をつぶさに観察しながら、
そして足元の横浜中央卸売市場を思い、濱の市の行く末を考える。

インドネシアのビンタン島、イタリアのキャンティー
大分ニュアンスは違うが、近くは 焼津浜通り豊橋の商店街

その場に足を踏み入れたときに、得も言われぬ、
安心感や、ほのぼの感、或いはフィット感ワクワク感
実はそれこそが連綿と続く、町並み、商業集積の魅力になる、
そこが一番大切なこと、重要な事だと、そう気付かされる。

それって、そこの歴史かな?
そこにいる人間達の臭い?、はたまた・・・・・・・・
そう、多分、市場(いちば)的なそんなことなのかもしれない、

   横浜中央卸売市場、水産仲卸売場(6/14・am6:30)
   CIMG4189.JPG    CIMG4188.JPG

これこそが、今の日本や、そう横浜に決定的にかけている部分か・・・
でも、それはどうやったら創れる、はたまたどう創造して行く、
こいつこそ、難題、そして多分今誰も成し得てないもの、
もしかすると、それが『濱の市』をやり続ける意味なのかも知れない。

濱の市運動、活動から何かをかぎつけ、何を思う、どうしたらいい、
難題解決、その答え探しの道、答え探しの旅は今始まったばっかりだ。

明日は
   西荻窪の商店街の8:00からの朝市を見学、
       トンボ帰りして、濱の市の朝市に臨む。
posted by 朝市・夕市 at 06:28 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月12日

禿

事務仕事が一段落し、日本大通リのZAIMに出かける、
歌手の森さんをそこに迎えに行く。

バンクアート朝市以来確か会っていなかった高杉さんのアトリエ
そこが待ち合わせ場所、仲良く二人は歓談していた、
生ける銀河観音
 サチさんとは久しぶり、
今日はまたしても袴姿の、そんなオイラを見て、少しびっくりした様子。

「なんか、こう、すっきりしたわね!、
      その格好で羽織を着ると、また一段といいわよ!」
「洋服姿は目立つけど、その姿は自然で目立たない。」
“えっ、目立つために着ているのに〜”
以外な言葉が返ってくる、そう、いわれた本人もこの着物姿が
本来のオイラ、実に自然にって感じがするし、実に気持ちがいいのだ、

『羽織』に一瞬その気になるも、予想される家人の冷たい視線に
おののき、そんな浮いた気持が、ずんとしぼむ。

同席している、オイラが迎えに来た森さんも、
 「何か芯がビシット決まってるって感じ。
             以前はどーんって感じだったから。」
“どーんってなんだよ、ただのデブか〜。”
 「どーん」には少しばかり、その言葉にフォローがあって
単純なオイラの心は、またまたいとも簡単に舞い上がる。

サチさんから、お茶と甘味のおもてなしを受ける、
長居をしたいそんな気持ちに蓋をして、そそくさと
森さんとポートサイド地区に舞い戻りトランタンさんの事務所を訪ねる。

その後、星槎栄光学院の露木校長の所へ、
オイラの専属スタイリスト、岩佐さんを引き連れ3名で。

一緒に何かをする、させていただく、それにはやはりその人物、
その思いがオイラにビビットするかを判断しなくてはならない。
それが大事、いわゆる、合わないって人とは所詮続かないし、
だいたいオイラはそんな人と何かを一緒にやる気もない。

プラザ栄光さんのビルの6Fにお邪魔する、
ここの社長朝日さんも、濱の市の朝市を今の場所に移すのに際し
快諾をしてくださった、とてもオイラと波動の合う筋のビシット大先輩。

校長室に案内され、そこにオイラと同じような容姿の(坊主頭)
露木校長を発見、もうこの時点で答えは半ば出ていた、オーケイ。
そう、禿の暗黙の了解。

その後、この部屋で4人が2時間近く、雑談。
オイラは時に生徒の事になると、うっすらと目に涙を溜めて話す
この校長がもうすっかり好きになった。

この人となら、この人のためなら何かをしてみよう。
またまた、こんないい出会いが待っていた、
なかなか、こうした人物には会えないのが常。

だから、辞去して、すっかり辺りが夜になってしまった
この街の涼しげな風が、なんとも袴姿に気持ちが良かった。

ようっし、彼となら何かができそうだ、生まれそうだ、この街中に。

森さんの携帯がなる、サチから
泉谷しげる がプライベートで来て、
    これから二曲歌うんだって、今から来ない」 また 禿 かい。
posted by 朝市・夕市 at 06:32 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月11日

逆境こそ・・

昨日はオイラの横浜中央卸売市場の
同業者の社長さんが亡くなられた、享年66歳、前立腺がん。

オイラが川崎北部市場に行く前、
ここ横浜本場で一緒に仕事をしたことがあった、

月日は流れゆく、その後31歳からオイラは川崎で18年間、
まさに辛酸を舐めて、またこの地、横浜に戻ってきた。

『苦労は買ってでもしろ!』という先人の言葉もあるが、
それにも程度というものがあろう。

オイラがこの職業に就いたのは
学園紛争まっただ中、学校がしばしば休校になり、
『学ぶ』ことに魅力を失っていたとき、
親父に「祖夫の仕事をつがないか?」と誘われたのが発端だった。

祖父の仕事といえ、小さな頃から見ていた、いわば家業
大概は嫌なものである、抵抗を感じる、
この仕事だけはしたくない、
でもなぜかその時、引き受けるつもりでいた、

そしてオイラはその提案に、次の条件をつけた。
 1. 素人がやるのだから、つぶれてもあきらめてもらう。
 2. 口だし、一切無用。
 3. 資金的援助も無用。

そして、まさにこの逆境の中から、横浜の店を復活させた、
でも、これがいけなかった、そう 
慢心・自惚れ
俺ってたいしたもんだ!

それに川崎では共同経営の悪いところも全て出てしまった、
何時、倒産しても不思議でない状況に追い込まれる。

まあそこから、自分でもよく立ち直り、また這い上がってきたもんだ、
褒めてやりたい自分、それが今オイラ自身のプライドに繋がっている、
逃げ出さない放り出さない

同業であっても、18年間は外で釜の飯を食ってきたようなもの
この横浜中央卸売市場に帰ってきてもうすぐ8年になる、
あの出て行った当時の活況は市場にはさらさらない、
そして、同業の人たちの心意気も、
河岸の粋も余り感じられなくなってしまった。

一度外に出てればこそ、この場の、市場の魅力がわかり、
辛酸を舐めたからこそ、一人でもこの場を変えさせることが出来る
そんな自信を持ちえる。

齢66でこの世を去る人生もあれば、
手塚のジジイのように100歳を過ぎてもまだ人生を謳歌する
そんな人間もいる。

出来ない、やらない、言い訳なんぞしないで、
何時もたった一人でも、一人になっても、
やりぬく決意を持っていたいものである。

やれば、いい場所、いいこと、孫子に伝えるに値する
そんな仕事や職場にここは充分に成る、何もしないのは、
本当に、大馬鹿野朗!
そこまで、ここ市場の人間の心意気が腐っているとは思いたくない。

逆境こそ、わが人生!
それこそが似つかわしい、オイラの境遇。

posted by 朝市・夕市 at 11:01 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月09日

ワン・フォー・オール

ラグビーの言葉に確かこんなのが有った、
その後に続く言葉がオール・フォア・ワン、

昨日は朝市を終えて、藤棚商店街の竹村園に、悪党を訪ねる、
悪党は好物のホルモン雑炊をさも旨そうに
短パンいっちょうで食っていた。

ならば食後のデザート様にと、近所の店へ、
安くて旨い団子の買出しに出かける、
ここのみたらし団子は大きくて、みたらしがいっぱいついている、
旨そうな草もち、あんこの入ってない、きな粉ふりかけて食う奴
それも発見、一緒に買う、締めて550円也。

後はオイラもそれを食いながら、悪党の入れてくれる
旨い茶を飲みながら、気持ちいい話に花を咲かせることにしよう。

頭のいい奴って感じがまるでないのに、
まあ、素晴らしい発想を何時も披露してくれる、不思議!

それとあいまって、気持ちのいい、割り切りをしてくれる、
こんなオイラがそのすっきりさに感銘するくらいだから、
まあ、実にたいした奴である。
曇りがかった、霧がかかったオイラの心も
ここで茶を飲み、おしゃべりしているだけで何時も気が晴れる。

買出しの帰りに今まで気がつかなかったが、
商店街の通リに面した一区画それが住宅になってしまっている、
 
CIMG4090.JPG  CIMG4091.JPG
     ご近所で有名なお店、竹村園の斜め前 フランス山
     CIMG4093.JPG

商店街に恨みでも有るのだろうか?
オイラの横浜中央卸売市場の場外問屋街にも、
自分のかつての店をこんな風にしてしまったところがある。

たった一件でもその店並にこんなことをすれば、
全部をめちゃくちゃにしてしまう、そんなことがわからないはずは
ないのだろうが、よっぽど憎い!そう思ったようにしか考えられない。
店街に

CIMG3000.JPG
CIMG2999.JPG
この一件はダムにあいた小さな針の、蟻の穴、一挙に崩壊が進む。
posted by 朝市・夕市 at 14:07 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月08日

見たいのは?

坪さん、結局、一体全体さ〜 何をしたいのよ?
なんて、そんな質問をよくされる。

そうね〜、うんとね〜、オイラのやりたい事はさ〜
うん〜ん・・・・・、本当のところはなあに?自分でもよくわからん。

多分、自分が何かをやりたいから、
面白そうだからやり始めた、所詮そんなもんだと思う、
この人結構いい加減だからさ、能天気の無責任男。

開港祭で、竹村が “この人は思いつきで何でもやるから”
確かに、充分に傷つく言葉であるが、その通リだと、自分でも思う。

一人でやる、ならまあそれもいいのだろうが、
皆さんを巻き込むと、果たして、オイラはこの人引き連れて
何処に行こうとしているのか?なんて事にしばしばなってしまう。

なまじ行動力、実行力があるから、余計に始末が悪い!

まあそれでもさ、歩き続けて、時には走って、時にコケテ
何かをつかんで、またまた、誰かを巻き込んで
或いは巻きこまれて、そこからいろんな発見をすればいい、

そんなところなんだろう、うじうじして動かなきゃ、
何も始まらない、一陣の風も作り出せない、送りだせない。

終わってみれば、そうそうそう、結構な事が出来たじゃん
いろんなことやったじゃん、オイラの人生、
ってことになりゃ、それで充分、それでいい、それって最高!

今でも、ふと立ち止まると、沢山の仲間や知り合いの顔が並ぶ、
今は粗遠になってしまっていても、また何時の時にか、
そんな人たちも沢山いる、それに助けられている自分が確実にいる、

思えば、市場のとある会の委員長に就任して、
当時はそんなこと無理な〜と思われていた、
その時に委員にお披露目した、思いついた計画は、
ここ3年の間に規模の大小は別にして、一応全部やることが出来た。

今週はご当地 ポートサイド地区内にある、
星槎栄光学院(本部 二の宮)高校の露木校長先生と話し合い。

学校、生徒に協力してもらって、何かが出来たら
なんて、以前から思っていたら、ひょんなところで実現できそう。

あの こんな魚屋があったら 
モデルを市中に一件、彼等の協力で開業できたらいい。
おりしも、今、築地魚河岸三代目 上映中!

だから、日祭日なんて返上しても、どうって事はない。
どうせ、暇なら、食って寝るだけ、人間なんて所詮みんな怠け者。
みたいのは、人の喜ぶ顔、満面の笑顔、心からの微笑み
そんな生き方がいいよな。

posted by 朝市・夕市 at 09:38 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月05日

あと46年

4月29日から始めた18:00以降の食事、水分の非摂取、
今に至り禁を破ったのは、片品村の2日間と豊橋の1日、の計3日。

マックス84.6kgを表示したヘルスメーターのデジタル数値は、
いよいよ70台の数値を示すようになった、
果たして何処まで落ちるか、ここまできたら理想数値と思われる
76kgを目指してみようかいな。

胃は確実に小さくなった、そこそこの量で満腹感を得られる様に成った、
そして嗜好も序々に変化してきているようだ。

好物の豚肉のステーキ、油たっぷりも
昨日は一枚200gを2/3食べたところで箸がとまってしまった、
どうしてもあれが食べたい、これが食べたいが以外にも出てこない。

体の何処から、もういい!もう止め〜い!の指令がくるのだろうか?
実に不思議なものである。
体の司令部?のほうも、どうせ長続きはしないと
タカをくくっていたようだが、
本当に摂取量が減ってきて、こりゃぁやばい!
今までの過剰な蓄積栄養分を消化し始めたところなのであろう。

今はこの体内司令長官と、オイラの我慢比べ
こちらの本気が伝われば、そいつも本気で付き合ってくれるだろう、
本気の付き合いの仲から、
超後期高齢に向かう肉体、精神をしっかり養うことにしよう。

あの103歳の手塚の爺さんを、全てにおいて抜いてみたい、
そんな欲求がある、オイラには実にいい見本がいる。

この時期、あの爺さんは、湘南のひとり住まいのマンションで
ぴちぴちサーファーの手でも握りながら、胸の谷間など覗き見しながら
お茶などしているのだろう、くっそ〜、オイラも負けないぜ、
なんたって、その歳までオイラまだまだなんと46年もあるんだから。
posted by 朝市・夕市 at 07:04 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月04日

悪魔

自分の中のいろんな自分、

人の笑顔を見て喜ぶ自分、
人の繋がりを大切にする自分、
人の為に嬉々として動く、働く自分、
自分の生き様に誇りを持って、背筋伸ばして堂々と歩く自分、

そんな自分も居れば、
他人を恨み、ねたみ、ほんの小さなところで他人を嫌になる、
或いは軽蔑し、蔑む、しつこく相手を叩きのめす、
そんなオイラもどこかに確実にいる。

そんな自分を自分の中に発見をすると、
なんとも自分が嫌になる、
そして時には冷血さに、ドキッとすることもある。

まあ、これもオイラが人間であることの証明と言ってしまえば
それまでのことなんだけれども、
自分の心の奥底に潜む、そんな悪魔みたいなもんが
出来れば頭をもたげない、そんな人間になりたい。

他人によって不愉快になる、
その人間をよく思わない、嫌う、近付かないでほしい、そう思ったりする
そんな自分は、できるだけ、どこかに行ってほしい、

オイラが心掛けるべきことは、他人様の行状なんてお構いなし、
自分によって周りが、そのことのみで
そう、ハッピ〜に成ること、それのみで生き続けてみたいよな。

閑話休題

 リニューアルした新横浜駅の風景
     10F  
       こんな空間がありました、結構気持ちがいいです。
       CIMG4022.JPG   CIMG4021.JPG
     3F 
    オイラの取引き先の名古屋の練製品メーカーの直営店
    CIMG4024.JPGCIMG4023.JPG
    さつま揚げ原料のスケトウタラの入手難と高騰で、
    今年の暮れのおせち料理、蒲鉾、伊達巻は大幅値上り必至!

    今年、来年、この調子だと相当数の
    練り製品メーカーが廃業に追い込まれそうだ。

 日本の食卓に、ふんだんに溢れていた、食料品が
 確実に少なくなり、無くなっていく、そんな姿は急速に
 そのスピードを増しそうである。

posted by 朝市・夕市 at 10:53 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月03日

1〜2歳児

昨日は開港祭の二日目、最終日!
CIMG3891.JPGCIMG3899.JPG
濱の市テント、午前中はオイラが留守番?
この『つまみーな』を使って、的屋をやる、
CIMG4018.JPGCIMG4020.JPGTS370098.JPG
90℃・100℃の挑戦に大人はもろくもはじき返される、はず。

この持ち主のioriの綾子曰く、1〜2歳児だと簡単にって話だった
そこで、果たして本当か?
的屋の親父をやりながら、試してみることに。

開場の10:00〜14:00、商科大学の学生に助っ人をお願いしながら
それは予期せぬ大盛況、
90度100度達成者には、オイラの本業の取り扱い商品をプレゼント。
100度はたった一人、成功者がいた、
90度も何人かが成功、あっという間に商品が無くなる。

後半のステージ14:00からは『竹とんぼ教室』
CIMG3886.JPGCIMG3887.JPGCIMG3911.JPG
5人のインストラクターは18:00まで休む暇なく対応に追われる、
                 これも大人気。
 CIMG3909.JPG CIMG3889.JPG CIMG3888.JPG
その後片付けをし、連日の宴会をし、
           CIMG3912.JPG
花火を鑑賞し、22:00近くに散開をした。
     CIMG3995.JPG   CIMG4016.JPG
商店街で子供の託児所を作り、或いは子供の休み場所を作り
空き店舗対策や、活性化に向けて試行しているところがあるが、
今回の「ハナノアナ」のイベントのように、
                CIMG3908.JPG
尾崎キヨヒコのまねをして、会場でカラオケ、鶴見商店街の八木さん。
       髭はタバコの灰、マフラーはトイレットペーパー。
       CIMG3905.JPG
子供達の参加型のワクワクする中身があれば、
そして、爺さん、婆さんの集まる、喜ぶものがあれば、
確実に活性化につながる、そんな確信を持てた。

竹村とこんなイベントをおいら達が独自でやってみようか
そんなことになった、
新しい、発見を、このイベントでした。

沢山の出会いを確認でき、また、新しい発展も予感した。
飲まず、食わずの2日間、お蔭で、とうとう体重は70kg台に突入。
風呂場のヘルスメーターの上で鏡の中に写る自分が
なんとも若返ったように思う。

すっきり、しゃっきり、凛として、気持ちのいい、オイラがそこにいた。
posted by 朝市・夕市 at 07:30 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月01日

目立つ、逆らう、・・・・・

本日は昨日とうって変っていい天気になった!
絶好のイベント日和、
さてさて、どんなパフォーマンスをみせられるか、

開港祭はなんだか????だから
全然イメージの湧かないまま、何もしないで突入してしまった。

濱の市 の或いは
   横浜中央卸売市場CM 
                     出来ればヨシとしよう。

せっかくブースを作ってくれた、あけてくれた、提供しれくれた、
ハナノアナ番長と諸君には申し訳ないが。

運動のリーダーはだいたいが勝手である、
何が勝手だって言うとさ、
自分の企画した事じゃないと、なんかさ、乗らないのよ、早い話が。

オイラなんかそれの象徴のような人間、
自己顕示欲が強く、しかも超ナルシストと来たもんだ。
自分のやることが、
   日本で始めてとか、
   国家権力や、詰まらん規制に逆らうとか
なんかそんなんじゃないと、燃えない、全然。

目立つ、逆らう、世直し、

         この辺がオイラの行動原理かな?
posted by 朝市・夕市 at 08:54 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。