ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2008年07月04日

理念主義

最近の商業モール・施設巡り、
巡る度に、めぐる旅に
つくづくむなしさを感じる、果たして、こんなものを造って何になる?
そんな疑念ががっかり感が、フツフツ、ブツブツ、
川底のヘドロからメタンガスが湧き出るように

オイラの家の裏のどぶ川・滝の川    ここにも 川鵜
  IMG_0144.JPG    IMG_0145.JPG
市場、商店街、せっかく世に問う、再興の最高チャンスなのに、

横浜南部市場 

         左 水産 右 青果    関連棟
    
IMG_0164.JPG   IMG_0166.JPG
関連棟内
   
 結構賑わっていた、
    関連棟、本場に比べ、南部市場の方がはるかに充実している。
 IMG_0148.JPG IMG_0150.JPG IMG_0159.JPG
                    本日のお買い物 ソースをつけて食べる、絶品!
 IMG_0151.JPG IMG_0154.JPG IMG_0155.JPG

藤棚商店街   
       今まで通り過していたが、いい店だ。 持ち帰りの寿司屋
 IMG_0167.JPG IMG_0168.JPG IMG_0169.JPG
手をこまねいて、足をすくませている、そんな煮え切らない状況に
何て、もったいない、オイラはそう思う。

何処もかしこも、オイラに全権を委ねてくれさえすれば
ほんの1ヶ月で有名に、賑わいの場にしてみせる、
そんな自惚れに近い思いがよぎる。

そう、ツマラン商業モールに対抗する、
これからの街、日本に必要なこと、
資本主義に対する、そう 理念主義、その孤高の姿にこそ
新しい日本の姿があるように思えるのだが、

すぐに出来なくていい、
先ずはこんなことをしたいんだ、ここで
だから、みんな馳せ参じて、協力してくれよ、
そこが、それが一番肝心な、事のように思うが。
posted by 朝市・夕市 at 14:44 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

錆びた杵柄

昨日は横浜中央卸売市場の屋上のテニス場で
星槎学園の校長&先生&子供達と第一回目の顔見世練習、

校長が終了間際 “少し、打ちましょうよ、坪倉さん”
その言葉に待ってましたと、飛びつく。

風がかなり強い、おいらは風下、待ってましたは、
こんなはずじゃ、になる、おお、久しぶりのコート、でも
足が動かない、走り出しが、めっちゃ遅い、
風に押されて、ボールも情けないほどネットを勢いよく超えていかない、

昔とった杵柄、何てのは、少し前なら通用するお話で
ここまで運動能力が後退すると、完全自信喪失につながる、全くさ、

ここは、しばし、食堂街のおば様達の練習に加わり、
杵柄の手入れをすることにしよう、
そう心に誓い制限時間に、コートをでる。

彼等の帰り道の先導をする、
テニス場の屋上から5階、そして2階におり、
市場大橋を歩いて帰る道、
これが彼等の学校に帰る、景色最高の最近道だ。
  市場大橋からのみなとみらいの夜景
  みなとみらい夜景.jpg

生徒の一人が、
『 ここって、歩いちゃいけないんじゃないですか〜』
オイラ
「法律や規則は、破るためにあるんだよ。」 と、いほうじん

橋を渡るところで彼等とお別れだ、
全員がきちんとお礼の言葉を、しかも大きな声で、
はっきりオイラに言う、オイラも一礼、そして彼等に敬礼。

こんな挨拶が出来る子供達、
そう、コートをでるとき、
次のグループにもきっちり挨拶が出来ていたっけ、

開港祭の横浜商科大の学生の姿も、つい思い出した
降りしきる雨の中を横浜駅まで送った、そんなオイラに、
全員が横一列に並び、それはそれは大きな声で
『有難う御座いました。』

今日、ここに来ていた生徒達でも、色々な人間がいた、
まあ、いわば一癖ありそうな、でも、だからこそ
これからの出会いが、その続きが楽しみだ、

気持ちのいい、挨拶が出来る、それが全て、最高!
後の種々の問題は、そう、個性っていうことだから。
posted by 朝市・夕市 at 07:21 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月03日

トレンド

一見豪放磊落そうに見える、そんなオイラであるが、
実際は結構女々しい、ヨワッチイ奴なのである、これ ほんと!

先日の オイラの 落ち込み週間 のブログの内容に、
その後の快復度合いを読んでいなかった某会社の支店長さんが
心配をし、少し早い暑気払いにオイラを誘ってくれた、

ついでと言ってはなんだけれども、
オイラ専属スタイリストの岩佐氏、
本日京都から横浜に着いた兵庫君、
も勝手に誘い、4人で楽しいひと時を過した、
やはり、食事は大勢に限る、一人で飯食う奴のお気が知れない。

場所は六角橋の 福臨門 
先日 亀山社中(兵庫ママの店、袴屋)
のママに教えていただいた中華料理店。

焼飯を頼んだら、おまけにアンニン豆腐をさりげなくおまけしてくれた、
しかも、美味くて、安い と来たもんだ、だから、ここにした。
人は、さりげない、こんなおまけに弱い。

店に入るなり、あちらの国のウエイトレスさん
『 あっ、この前、来た人ね〜 』
嬉しいことにオイラを覚えてくれていた。

  『教訓』 その1.  さりげないおまけ と 顔覚え 

兵庫君とオイラは勿論、当然のこと、 袴 姿
店の一角を占めていた、女子大生と思しき3人組
チラッ、チラッ、こちらに、そんな視線が飛ぶ、ふっふっ、

酒席で支店長、そんな二人の袴姿にほれ込んだのか
その場で、お任せオーダーでってことで兵庫君に依頼、
これでオイラ関係は金沢工業団地の坂部君に次いで二人目。

とにかく、穿けばわかる、この心地よさ、爽快さ
日本男児の再発見・魂の開放 そんな感じかな、オイラにとって

楽しい時間をたっぷりとすごし、珈琲を飲みに外にでる、
向かうは仲見世 珈琲文明( 残念ながら水曜は休みでした。)
雪駄の裸足に、袴姿に夜風が、驚くほどそれはそれは気持ちいい、

珈琲を飲みながら、岩佐さん、兵庫君に、
      こんなの売ってた、  
      IMG_0138.JPG
ルイビトン、アルマーニ に売り込みに行ってみたら”
彼、結構、その気になっていた、いいかも〜。

和 のトレンドの再認識、
確実にひたひたと、浸透してきてる、今を生きる日本人に、
或いは世界にかも知れない、オイラもそう思う、
勿論 オイラの思い のトレンドもね。

閑話休題

7月24日(木)・25日(金)

   本牧の
    シンボルタワー公園で納涼祭
            12:00〜20:00
    縁日屋台が10件ほど、軒を連ねます。 

posted by 朝市・夕市 at 07:42 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月02日

パノラマ

最新のデジカメの機能を使い、こんなものを作成した。
  インターコンチ方面から市場
パノラマ画像.jpg
   市場大橋からみなとみらい
横浜中央卸売市場.jpg  
   
臨港パークからランドマークタワー
パノラマ画像.jpg

臨港パーク2.jpg

このカメラで街を徘徊するのが余計に楽しくなった、

早く行きたや、徘徊、放浪の旅。

posted by 朝市・夕市 at 14:11 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

昔とった杵柄

ポートサイド地区にある不登校の学校、星槎栄光学園
まず彼等とのかかわりを遊ぶこと、テニスからはじめることにした。
横浜中央卸売市場には屋上にテニス場が1面ある、

オイラが北部市場に行く、少し前だったから
そうかれこれ出来て30年弱、
当初はコートが2面と人口芝のフリーゾーンがあった。

当時、横浜中央卸売市場の青年会の会長、関沢さん
(今、どうしているのかな〜)
の働きかけ、熱き思いで実現したそんな素晴らしい施設、
屋上に上がると、緑の芝や美しいコートが目に飛び込んできた、
今はかろうじてコートが一面、何とかそこに存在するって感じ。

日本全部、全体に言えることだろうが、
そう、昔は、働きながらも、みんなにゆとりが余裕があった、
この横浜中央卸売市場でも、屋上に上がって
緑の人工芝で日光浴や昼食をとる、テニスに興じる、
そんな時間がここで働くみんなにあった、それが今は・・・・・・

時間的余裕が、働く人たちから無くなり、
そして施設の使い手がなくなり、宝の持ち腐れになる、施設が
序々に手入れが行き届かなくなって、老朽化に拍車がかかる、

何時から、そんなゆとりがなくなってしまったのだろうか、
ここも、そして日本という国も。

先ずは、オイラも一緒になって、テニスで汗を流すことにしよう
昔とった杵柄、高校生ごときに後塵を拝すことはあるまい、
そして、これを機会に濱の海坊主の心身のシェイプに
もう一段の拍車をかけようかい。
posted by 朝市・夕市 at 05:58 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月01日

鵜  

川鵜か海鵜かわからないが、朝飯のため自宅に戻り際
市場の入り口にかかる万代橋から、こいつを発見。
       IMG_0052.JPG
とにかく、こいつらは魚を捕ることに関しては天才。
            IMG_0055.JPG
特筆すべきは、その潜水能力、持続時間、水中移動距離、
そして水中移動スピード。
今、渓流ではこの鳥が頭の痛い問題を引き起こしている。

県境を流れる、多摩川では、こ奴等が大挙して上流に飛翔して行く
そんな姿がよく見られるようになったとか、
ただでさえ、お魚君が少なくなり、
淋しい釣果に満足せざる得ない、そんな渓流釣師には
これは由々しき問題である。

万代橋 際の名も無き花
IMG_0060.JPG IMG_0059.JPG

閑話休題

この鵜を発見した川は、滝の川 オイラの家のすぐ後ろを流れる
名前と裏腹に昔からの、いわばどぶ川、
こんな川も浄化が進み、京都のような川になればって思うが

鵜のいた辺りは、すぐ先で帷子川(以前タマちゃんの発見された川)
に合流する、そしてこの辺は汽水域というよりは
もう塩水、海の水である。

実はここに大量の鯉、しかもかなり大きいのが住んでいる、
その順応力にあらためて驚かされる。
やはり、こい は強い。

posted by 朝市・夕市 at 10:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

収録中止

昨日、倅から会社に連絡が入る、
『 フジテレビの収録、企画が変わって、中止になりました。』
言付けを取り次がれて、オイラのテンション急降下。

せっかく全国区に立候補できると思っていたのに、
超目立ちたがり屋、超ナルシストのオイラ、本当にがっかりである。
でも家族はさぞかし、ほっと胸を撫ぜおろしていることだろう。

とにかく、残念の一語。
まあ、今後の 我が家 の活躍次第で再登場の話も出てくるだろう、
彼等にはせいぜい頑張ってもらいたい。
そんなことより、倅頼みでなく、
オイラの単独行動、行状で全国区にならんといけないよね。

それと昨日は商店街学会のメンバーが二人事務所に来訪
事務局長の相原さんは、オイラの放浪行状記、
PCに入っている画像をスティックメモリーに取り込んで帰還、

法政大学生の唐澤君は
『濱の市』を研究テーマにしてくれるのだそうで、
その経緯、トレサビの聴取に来てくれた。

せっかくだから、お二人に市場見学をしていただき、
唐澤君は駅まで送るついでに、少し寄り道をして市場周辺を案内した。

ノースピア(瑞穂埠頭)からコットンハーバーを望む、
  ノースピア=横浜港の北端に位置する米軍の桟橋、
    日本の戦後はまだ終わっていない。

    IMG_0030.JPG    IMG_0031.JPG
  市場から京急「かながわ」に向かう道、宮前町商店街(旧東海道)
    すっかり、お店がなくなってしまった。
      ここは、洲崎神社の祭礼で先日賑わったところ。
       IMG_0032.JPG
低温セリ場、配送ブース、狭隘なこの横浜中央卸売市場、
序々にその機能を充実させているが、
ここに限らず、全国の中央卸売市場が、もう少し早い取り組みを
していたなら・・・・・・色々と心中複雑である。

でもそう、また今からでも遅くない、世直し的なこと
やりようは確実にある、勿論、オイラの頭や心にはある。

9月からの取り組みも、
(第一、第三土曜日、9:00〜11:00 市民開放)
この周辺に果たして、何をアピールできるか。
 
新型デジカメの威力、夜20:00近くでこの画像が取り込める
               コットンハーバー          ポートサイド
IMG_0040.JPGIMG_0041.JPGIMG_0043.JPG
市場に向かう道JRガード 場外問屋街         朝の風景とはまた別の顔
IMG_0044.JPG   IMG_0045.JPG    IMG_0048.JPG
生活臭のない町でも、この部屋の灯りが示すように、確実に人は住んでいる。
posted by 朝市・夕市 at 06:33 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月30日

オイラ自然体

昨日は、杉田からのお試し歩行も、雨の為に中止、
完全にオフの日曜になった。
事務処理を終え、このブログを書いていて
写真の取り込みをしていたら、何枚かがアップロードできない、

おや〜、どうしたんかいな〜、原因はデジカメ本体の老衰。
ねじが2本ばかり飛んで、蓋がパクパク、取り込み画像bェ
でたらめになってきてしまった。

実によく使ったもんね、このカメラは、海外旅行もしたし
そろそろお疲れさんでした、引退をさせよう、ってことで
早速、みなとみらい の デオデオに出かける、

機種選定、ややこしいから店員さんに一押しを推奨してもらい
canon の ixy を購入した、液晶画面が前機種の倍はある
前のは暗いところに非常に弱かったので
早速、暗がりを試写、流石に新機種たいしたもんである。

  海坊主の寝床(臭そう〜) ベットサイドの蛍光灯1本の光量でこの画像 
        IMG_0004.JPG
バッテリーを家に持ち帰り充電(補助も含めて)、
充電中に説明書をまったりソファーに寝そべりながら、

かなりの機能が付いている、果たして・・・・・
まあ、ぼちぼち覚えればいいさ、

珍しく、今日は我が家で夕飯、
我が家 の倅、次男にも久々に会い駅まで送る、
7月2日はその 我が家 の親父としてお台場のフジテレビで収録
が待っている、どんな中身になるか、行ってびっくり・・・

夕食中、お袋、奥さんに、囲まれ、くどくど

 『由幸の立場も考えなさいよ
   何時も、お世話になってます、そう謙虚にね、
        本当に、 全く常識がないんだから。』

でもさ収録する側だって、そんなまともなキャラじゃ
              つまらないよね〜キット。

皆さんお楽しみに〜  でもさ、
もしかして、 ってことも・・・・・・、とにかく後でまた報告します。

それとせっかくだから新品のデジカメで色々と撮影もしてくるね、
まあ、その〜 オイラ自然体? でやってくるわ。
posted by 朝市・夕市 at 07:20 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年06月27日

死して

6月27日、今日は親父の命日である、
早いもので死んでから丸7年がたった。

前立腺癌が全身に転移し、前年の12月いよいよ千葉の家で
動けなくなり、横浜の病院で後1年位の命と
医師に告げられたが、あっけなく半年でこの世を去った。

精神的に少しまいっていたようで、千葉の病院を自分で抜け出し
隠居していた外房白浜近くの家で
たまたま前日の火曜日からそこに居そろった、
    前日は意識がはっきりしていた、深夜に昏睡、下血。
オイラの家族、弟家族、勿論お袋に看取られながら、
穏やかな6月27日の朝10:00静かに逝った。

その年は、オイラは18年間いた川崎北部市場からの撤退が6月30日
なんと通夜とダブル、実に大変な年になった。
今日墓参りして、そんなことを懐かしく思い出す。

  当家のお寺、ここの住職は今、なんと天台の大僧正
    CIMG0007.JPG      CIMG0013.JPG
               墓史オイラの番になったら、はみ出しそう。

撤退、縮小はオイラのような攻撃的な人種にはとても難しい、
『死』をもってオイラに撤退の決断を下した、今はそんな風に思う。
子を思う親の気持ち、
死してその存在がはじめて大きなものとして、暖かいものとして
オイラの中に大きく生き続けている。

横浜中央卸売市場の今後に、大病をおして、
この市場の存続を自分の最後の使命として立ち向かう理事長の姿、
癌と戦いながら、歌姫として最後の勝負に賭ける人、

今そんな人がオイラの回りに居る、
多分、鬼気迫るものがその人たちから感じられるはずだ。

死ぬこと 
それを意識した人間の毎日は、それこそ甘えのないもの、
妥協のないもの、そして人には肝要になる、
そんなことになるのだろう、穏やかに、でも激しく。

      
戻りの道、花屋で可愛い花、エド???って書いてあった
           CIMG0015.JPG CIMG0008.JPG

posted by 朝市・夕市 at 12:37 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

願いは叶う、思い強ければ

またまた、またしても日曜の天気があやしい、
今回は、せっかく、沢山の出店、企画があるのによ〜

先週は慈雨で休ませてもらった、続けて情けはいらない
体がなまる、心もよどむ、
空の上の誰かさん、ひとつお願いをしますよ、お・ね・が・い。

それと29日この日は、例の今年10月26日黒船物見遊山の下見、
杉田のプララから歩かなくてはならない
全行程25km を 鶴見銀座商店街まで

オイラ、今まで傘をさしたことがないし、
濡れ鼠のどぶ鼠にゃ、出来ればなりたくない。

さあ、オイラの念力パワーの試しどころ、禿頭の後光力。

一昨日10月から朝市会場も転々として今の場所にたどり着いた、
移るたびに、その都度いい場所になって行く、
お次は全天候型の、でもドームの様な閉塞感がない、
そんな場所が確保できれば、そう思っている、
候補地はある、今も、近い将来も。

願いは叶う、思い強ければ

閑話休題

7月2日、お台場のフジテレビに行く、
そう、我が家 のお父さんってことで OA
オモッキリ、濱の市 の宣伝をしてきますかね。

詳しくは、後日、これもまた楽しみな出来事である。
posted by 朝市・夕市 at 06:46 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。