ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2008年07月27日

秘書募集中!

オイラのお願い事、他人からの頼まれ事、相談事、
自分のしたいこと、いろんな人からのお誘い、
所属の会やサークルの定例会、理事会、打ち合せ・・・・・

日々新たな忙しい人との交流の毎日がある、実に嬉しいことである、
そう、オイラはこうした毎日でないと、まったくもってキラキラしない。

でも、最近、歳のせいにはしたくないが、ダブルブッキングや
ころっと忘れてた、何てのがポツン、ポツリ、ちら〜と

車で移動中、歓談中の携帯での、書き留められない約束事、
軽い乗りの返事なんかが、その最右翼。

すまん、で済めばいいが、確実に気分を害する相手が出る、
それ以降、彼等の中で100%全幅の信頼を得られない、
そんなオイラがそこに現出する。

そんな事態に、ひどくがっかり、がっくり自己嫌悪。

また、次から次の依頼に、頼まれ事に、
その都度100%して差し上げられない、そんなことも嫌なことだ。

いい加減なつもりではないが、突き詰めれば、やはりいい加減
そんなことも、少しばかり嫌になる、

昨日もこんな事があった、

ポートサイドのお祭りで虹鱒のつかみ取りを理事会に頼まれた、
簡単と思いきや、当日は日曜日でもあるので、
元気に生かしておくのが難しい、そんな答えをオイラの依頼先から貰い
その旨自治会の担当役員に報告、

 『 代わりに、環境に強い、沢蟹 でどうですか
        虹鱒はその場で焼くだけで、どうでしょうかね。』

  こう報告したら、昨日 県の水産試験場 に頼んで
        何とかしてもらったから、って連絡を受ける。

頼まれたことをいろんな角度で攻めきって、
先方の願い事を何とか叶える、それがオイラの真骨頂
そんな風にしないと、いけない、だ〜め。

相手は、オイラに頼めば何とかしてくれる
そう思って頼ってくれる、頼って来る、忘れちゃならない、この事を、
再認識、再確認、頼りになる男!

出来ない無理、それは不可能 そんな言葉が無縁の男にならんと。

それと、出欠の返事を出さなくていい、さりげない御案内に
少しばかり疲れていて、翌日のスケジュールを考え
体力を温存するためになんとなく、そこに行かない、顔出さない、
そんな自分も、オイラはとても嫌だ。

そんなこといったって、それゃー無理っしょ!坪さん。
そう普通の人にはね、そうかもしれないけれども、

でもさ
   “坪さんはそこが他人と違うよね、
     あんたのマメには、心底かなわない!”   
      そう、言われ続けられる、そんな自分でいたい。

さしあたって、スケジュール管理は公募して
ボランティアの秘書にでも、お願いをするとしますか。

降り積もる、予定もしばらくは仕方のないことだから、
肝心なのは、もっとシェイプして、タフな心身を造る、事かな。
posted by 朝市・夕市 at 07:39 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月26日

日々新た!

景気後退局面の諸物価高騰は、多分人々の財布の紐を締め、
行動をアクションを鈍らせるそんな働きを確実にする。

オイラはしかし、天邪鬼、停滞すること、だいっ嫌い、
動かざること、耐えられない。

昨日は本業?とっとと片付けて、

@ 先ずは金沢工業団地のオイラの弟の所へ、
    会社のBQのお魚を届けに

本業が本業だけに、簡単?にこんな装置?を造る、そのセンスも
兄貴が言うのもなんだが、なかなか、どうして
オイラ達二人は不名誉であるがイカレタ兄弟で少しばかり、有名である。

    IMG_1055.JPG    IMG_1054.JPG

お次は、A シンボルタワー(夏祭り)に、顔見世興業

 会場に着くと、びっくり、盆踊りの舞台に、スタッフが気持ちよさそうに
IMG_1057.JPG IMG_1058.JPG IMG_1059.JPG
  
前支店長の渡辺さん、オイラの影響?こんないでたちで
    IMG_1060.JPG  IMG_1068.JPG
  サングリーンのマレット会場に足を運び、ひとしきり、岩佐氏と勝負
 IMG_1071.JPG IMG_1063.JPG IMG_1062.JPG
  ここシンボルタワーでは右側に展開する、東京湾をいろんな船が行きかう
 IMG_1074.JPG IMG_1075.JPG IMG_1077.JPG
      写真一番右、引かれている茶色の船(はしけ)これを改造したのが、ふね劇場

市場に戻る前に、
  本牧漁港            漁港前の通リ風景
 
IMG_1078.JPG IMG_1083.JPG 
エネルギー充填、久しぶりに立ち寄る、少し食いすぎた、実に安くて、本当に旨い
 IMG_1085.JPG IMG_1084.JPG
帰り道、新山下の運河風景
IMG_1088.JPG 
IMG_1089.JPG IMG_1092.JPG
お次は市場に戻る、事務整理を少しして帰宅、シャワーを浴び
袴に着替えて

B 元町にくりだす昨日の睡眠タイム2:30でよくまあ、もつね。
 
●フォレスト・アベニュー
   オーナー サミー    シャイな英国人手前と?の  後光がしてる、誰かさん  
IMG_1105.JPG IMG_1107.JPG IMG_1104.JPG
 同期の岡澤、竹内、後藤、野々山の各氏とミニ同窓会 浜銀の青年達も合流
 IMG_1096.JPG IMG_1097.JPG IMG_1103.JPG
 本日ライブのお二人  mcは日本語&英語のバイリン
  IMG_1098.JPG  IMG_1101.JPG 
2ステージ無事に終了、さて同期企画の今宵のイベント
反省会の結果は果たして、次回は8月8日、また同タイムライブ

この店の内装担当竹内曰く、多分改装後の客入りとしては本日最高。

市場の事務所に一旦立ち寄り、
そして帰宅、しんでれらタイムぎりぎりセーフ。 
 
まだ、心身とも しんでれら?にはならない、いたって元気である。

しかし、反動は明日か明後日、なんだかんだ言っても、
そうオイラ結構御歳だからね。

さてさて、明日はどんな日になる、何がまっている。
そして、どんな奴と、出会えるだろう。

そうだ、初谷氏からメールが届いていた、

“市場という業界?に、あなたのように私の考えをわかって、
  共感、感動してくれる人がいて、大変心強く
    嬉しく思ってますって”ってさ
彼とは少し落ち着いた9月に会って、四方山話をすることにした。
posted by 朝市・夕市 at 08:08 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月25日

期待をしない

        IMG_1004.JPG
こんな勉強会が昨日、市場内で10:30〜あった。

農林水産省と聞いただけで、虫唾が走るおいらであるが
まっ、たまさか、予定もぎっしりでない、
事務仕事一段落、冷やかし半分暇つぶし、席は当然定席につく。

向かって左に座る講師も、なんか魅力のなさそうな親父、
くだらなければ、中途でもとっとと席をたってしまおう、

大体において、市場に、これっぱかりの情熱も、
使命感も見出せないでいる、そんな監督官庁には
とっととこの世話の焼けると今や彼等が思っている
市場という所から、退場してもらいたい、常、日頃から、
そうオイラは思っている。

講師の話が始まる、期せずして
監督官庁の昨今の姿勢は、行政が関与しない、
そんな所へ向かっているようだ、きっと、お荷物と化したこの場に、
もはや興味がなくなったよう、実にいいことである。

そんな流れがあるから、福岡(7月から)、京都、
そして横浜(9月から)と市場開放のうなりを暗黙のうちに容認したのか。

そうこうしながら話が進む、以外にも、興味をそそる中身だ、

おお、いいこというじゃん、このジジイ、
そうそう、そうよ、その通リ、
オイラがうっとりうなずくシーンも出てくるじゃないか、へぇ〜。

でもさ、農林水産省もよ、30年前に気付いてくれよ、全く、
そしてオイラ達市場関係者もよ、

あの時気がつけば、もしかして、
これほど市場外流通が進まなかったかも、しれなかったのに。

 『品質管理の為に、商品の保管、仕分けを
  低温度の場所ですれば人体に悪い、人の働く環境が
   心地よければ、優先させれば商品に好ましくない、

 『この両立、人、品にとって、ともにベストの道を探すこと
   しかも、お金をなるだけかけないで、
 働く人の、知識と意識を高めながら、誇りある、そんな職場に
        実はこれこそが、高度化そのもの。』

最後に講師、初谷誠一 さんがこうのたもうた。

全くもって期待しない会(笑)からは、不思議と何かを得る
そんなことが多いが、今日はまさにそれの象徴のような時間だった。
posted by 朝市・夕市 at 06:21 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月24日

御歳or感性

まだ8月にならないが、すでに日本の朝の目覚めが遅くなってきた、
今年の夏至6月22日をとうに過ぎているのだから、それも当然の事。

いわゆるタイガーダイエットを敢行して、ほぼ3ヶ月、
     (18:00以降の飲食を控える。)
劇的な減量はもはや望めそうにないが、
(5kg減量に成功してから、後2kgがなかなか落ちない。)
生活のパターンは確実に変った、早寝、早起き、腹8分いや7分目。

勿論、大分ジジイになってきたせいもあるだろう、

先日も同志竹村が、今秋の新組織について
“坪倉さん以上の歳の人は入会させませんから。”
嬉しくもあり、淋しくもあり、心中複雑。

日の出とともに起き、いや、
日の出少し前にもう起き出し、活動態勢に入り、
日没の時間には、すでに夕食もとって、寛ぎタイム。

そんな東海道五十三次の時代にタイムスリップしたような生活
もうはや、かなりパターンになりつつある。

しかし、盛夏を迎える前に、夏のはかなさを感じてしまう
こんな朝の目覚め、日の出タイムの遅れ、

そう勢いが急速になくなっていく、そんな、はかなさ を
つい垣間見てしまう、感じてしまう、この夏という季節。

だから、オイラ、どうも、好きになれない、
これも、歳のせいか、はたまた、感性の豊さか(笑)。
それとも、女々しい、ロマンチストがなせる業か。

閑話休題

日本捕鯨協会のパンフですから(昨日のフェア会場のブースから)
全面的に支持、100%この内容が正しいとは思いませんが
読者の方は参考にしてください。

 IMG_0981.JPG IMG_0982.JPG IMG_0992.JPG
これって本当かな?真実だとしたら、特にこの下の内容。
     IMG_0996.JPG  IMG_0994.JPG

個人的には、このデータが事実であって、捕鯨が再開され、
また屋台のとまで行かなくても、美味しい鯨カツが食いたい
なんたって、オイラの食の原点ですから。

   いまだに、小学生の頃食べた、屋台の鯨カツの味が忘れられない。
   放浪の旅を突き動かす、あの味に会いたい!がきっと心のどこかにある。 
     
  2007・12・9の神奈川新聞のオイラの記事
       IMG_0986.JPG    IMG_0984.JPG
 鯨カツの部分の記事内容。         ついでにおまけ
  IMG_0999.JPG        IMG_1003.JPG
       『国家に逆らうのが仕事』 このフレーズ、オイラとても気に入っている。 
posted by 朝市・夕市 at 05:42 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月23日

大原則

20日にまたまた歩いてみた、お供はハナノアナの山内君。
流石に他のメンバーは来ない(笑)。

13:00、JR石川町駅で待ち合わせ、
横浜スタジアム市庁舎伊勢佐木町吉田町を通過、
そこから、大岡川沿いを歩きIMG_0860.JPGIMG_0865.JPG 
IMG_0869.JPG北仲橋をわたり、
              IMG_0871.JPG
汽車道を通り、ワールドポーターズの前を通過→万葉の湯で休憩
IMG_0874.JPG IMG_0877.JPG IMG_0887.JPG
そこからパシフィコ横浜前を通過し、レッドブル会場
  IMG_0905.JPG
実は汽車道って始めて歩いてみた、
このお試し歩きコース、今まで嫌だね〜 みなとみらい
           IMG_0907.JPG IMG_0907.JPG
そんな風に思っていた場所が、
あれ〜、以外にいいところもあるじゃん に変ってくる。
 IMG_0904.JPG IMG_0881.JPG IMG_0880.JPG
歩くって凄いよね、気持ちいいよねー
30度を軽く越えた世界を、海風、浜風を受けながら、まったりと歩く、

汗を大量にかき、新陳代謝がすっかりよくなった体が
そこに存在する、勿論、体も心もシェイプアップ。

流石に  “うんじゃ〜杉田から歩いてみようぜ!”
の時は言いだしっぺとして引けないでいて、どうなることやら、

多分きついね〜、少し嫌かも と思いながらの半日だったが、
もう、何も苦になるものが、今やなくなってしまうから不思議。

こんなにも、歩くことが気持ちのいい、思っても見なかった
そうそう、まさに不思議発見!

やはり、汗流して、行動してみて、自分の目で、五感で感じて
靴の底を減らしてみて、初めてわかることがある、

多分、それこそ大切、大事、 汗 ・ 靴底減らし
これは実は全ての運動、或いはビジネスの大原則かもしれない。
posted by 朝市・夕市 at 07:26 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月22日

ルーツ

オイラ坪倉家の墓は西区、円満寺にある、
昨日はここの立派な本堂で祖父、祖母の合同33回忌の法要。

二人とも、自宅の自室で、朝起きたら、死んでいた って言う、
今や理想に近い、そんな死に方だった。

祖父の死の時など、同業の仲間達と、
何処のゴルフ場とも告げず出かけていて
プレー中、確か16番ホールあたりで係りの方が告げに来てくれ、

オイラだけ、そこで中断をし、知人の車を借りて、
親戚がすでに沢山集まっている、自宅にバック抱えて
沼津から、冷や汗もんの帰宅をしたのを思い出す。

もうあの日、あれから33年が経過か〜
親父の死からも、はや7年、
そろそろ、オイラも、カウントダウンにはいったかな〜

閑話休題

○円満寺(横浜市西区久保町)
 ここの住職は今、天台宗の大僧正である。
 開闢依頼、関西以東ではno2でさえも、搬出されなかったが
 西邱氏はこの記録を見事破った、いわば隠れた偉人である。

  本堂の水墨画

    中国浙江省の天台県の天台山
       ここが聖地 ここから 中国、韓国、日本へ
        現在でもここの佇まいは、この絵と、殆ど変りがないそうだ。
         IMG_0921.JPG
             日本のルーツ、比叡山  俯瞰図
             IMG_0922.JPG

posted by 朝市・夕市 at 05:13 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月21日

とんがりッ子

ケンタの大将がまたまた、まだまだ元気だ!

昨日のレッドブル
超低空のアクロバット飛行、その興業を日本で
そのデモンレーションを昨年から始めて、昨日で2回目。

昨日は中田市長も会場に足を運び、特別席で楽しんだ、

横浜でって言うか、日本でもっと有名になっていい
横浜市歌をブルースで歌っている、中村裕介 ・ 森美紀子
ケンタの大将夫人にエスコートされ、市長とご面談。

照れるそんな二人を見やりながら、大将はオイラとニッ
アイ(愛)コンタクト、シャイで豪胆、悪で正義の、
勿論、オイラ同様とびっきりのロマンチスト。

そんなケンタの大将、オイラ、とっても好きだ。

かつて率いていた、今でもだが、ケンタウロス
暴走族も恐れた、バイク集団、そこから育っていった
旅立って行った連中の絆や遺志が、このイベントに繋がっていった
そうに違いない。

思い切った運動の先にあるものは、やはりこうしたことである。
面白がって、とてつもないことやって、
また、それが、何時しか、自分の本当にしたいことにつながる、

政治に、行政におもねることはない、
自分のめちゃくちゃ、とんがった言動が、政治であり、行政になる。

オイラにもそんな時が来るよう
また、リキ入れて、頑張ります、大将、昨日は本当に有難う。

そして、このイベントが昨日の市長のスピーチにあったように
横浜で実現すると、いいね、大将。

閑話休題

今日はオイラの祖父の33回忌、
夫婦養子で坪倉家に入った、オイラの両親、
だから血のつながりはない、そんな祖父。

オイラが思う、偉大な祖先、
ドケチで、しかも商いにはことのほか厳しかった、

でも、稼いだお金で、おくびににも出さず慈善事業、
死んで初めて、周りから教えてもらった、そんな事実。

ケンタの大将に負けず劣らずの格好いい、男の象徴、生き様。

今日は墓前に手を合わせ、祖父、坪倉要治の遺志も
しっかりと受け継いで来よう。

posted by 朝市・夕市 at 05:59 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月20日

まだまだスケールに問題

またまたスケジュール満載の週末だった、
昨日は友人のダンスのエキジビションに招かれ、
         IMG_0795.JPG 
その後は六角橋の闇市に出かける、
 IMG_0821.JPG IMG_0811.JPG IMG_0820.JPG
今日は今日で恒例の朝市を終えてから、

懐かしい、スイカ割りシーン               禿ちゃん何処さいくの?
IMG_0832.JPG IMG_0827.JPG IMG_0834.JPG
ワォークラリーの遣り残しを石川町からパシフィコまで歩き、
                桜木町、大岡川
 IMG_0846.JPG IMG_0854.JPG IMG_0860.JPG
                   汽車道を歩く
 IMG_0872.JPG IMG_0877.JPG IMG_0880.JPG
  急遽中継地点に参入した万葉の湯  からインターコンチ  パシフィコ
IMG_0891.JPG IMG_0899.JPG IMG_0907.JPG
その後はケンタの大将が招待してくれた レッドブル、
 IMG_0910.JPG IMG_0911.JPG
超低空の飛行機ショーを臨港パークで
友人&孫と連れ立って見て、
 
今事務所に戻る、流石にあのレッドブル会場にとどまり
花火を見る元気はない、って言うか、そう花火には興味が余り・・・

忙しい、スケジュール満載の日々に、自分が生きている事を感じる、
沢山のひとの出会いに、自分のかかわりが確認される、
そう、オイラの足跡、即席には出来ない、人脈、絆。

まだまだ、もっと、他人とのつながり、構築していこう、
もっと大きな歌舞伎もんを演じて、まだまだスケールが小さい。
posted by 朝市・夕市 at 18:22 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月16日

立場逆転

昨夜は商店街学会の例会、またとない、いい出会いが会った、
出会いは横浜市共創事業本部の
シニア・プロジェクト・マネージャー 橋本 徹 さん
              (読みは一緒、一字違いにどこかの誰か)

世界銀行にいたが、そこで自分の夢を追えない世銀の姿に落胆
今は、3年契約の横浜市の外人さん?職員となった人。

民間と行政が手を組み、
民間からの夢プロジェクトの提案に、このセクションがビビットすれば、

横浜市の行政サイドで横断的に対処しよう、そんな組織の長
今年7月からその任にあたっている。

彼も交えていつものアフター例会、
彼から今の役人状況、気質を聞いて、少しびっくりすることがあった、

こうした横断的な事業本部(他には開港150周年事業)が
設置されること自体も不思議?なんだけれど、

そこの部署、彼の部下達が、プロジェクトを通じて
横浜でかかわった事を成功させ、他県にも伝播させ、
今の日本を変えよう、そんな燃え滾る思いを感じる、

そんなことが実に嬉しい、そういっていた。

とりあえず3年間の事業本部、今、やる気で満ちみちているそうだ。

それと横浜市の役人の年齢構造分布、
圧倒的に団塊世代の頭でっかち、
彼等が数年を経て、退職して行くと、
まさにこんな思いを滾らせている、そんな世代の登場になる。

生まれてから、日本の組織の仕事の歯車に
自動的に組み込まれてきた団塊の世代、
それが自分の生き様を大切にする、
そんな新世代へと移行して行くかもしれない。

明日を変えられるカードを思う存分使える、横浜市職員
横浜市役所は、まさにこれから、
夢追い人のたまり場になってくるかもしれない。

そうしないと、もう世の中が回っていかない、
どうやら、行政サイドが気がついてきたのかもしれない、
神奈川県、横浜市、多分、オイラのご当所だけではなく、
多分、日本全国でこうした変化へと向かって行く、
そんなことなのだろう、いい時代になってきた、心からそう思う。

オイラが役人どもに囲まれ、すごまれ、おどされた、ここ何年
帰り際の彼等の後ろ姿に
『君達の魂も、できれば救ってあげたい』
そんな風に、しみじみ、毒づいた(笑),
今度は、逆に言われる立場になるやもしれない。

posted by 朝市・夕市 at 06:44 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2008年07月15日

移転への道

今秋みなとみらい、ワールドポーターズ、そう赤レンガの方から
一部地下を通り、横浜中央卸売市場(本場) の どまん前 に来る、
そんな道が開通する、その先は コットンハーバー へと続く。

オイラが みなとみらい方面 にふらふらお出かけして、
市場(本場)に戻る、は とても便利になる、
果たして、どれほどの交通量がここに発生するのかは未知数。

青果、水産の出入り口は今迄ばらばらで、この開通に伴い
出入り口が合致するようにして、整備をしてきている
多分、信号もつくことになるだろう。

バスの停留所の簡易売店も立ち退きを命じられ、
15号線に出る道の、両サイドの、今まで見逃されていた駐車も、
カルガモ隊の頻繁の出動で、大分地ならしを進めている、

また、いわゆる場外の 横乾(ヨコカン) さん前は
ここの社長さんがまじめな方だけに、自ら、ガムテープで線引き
開通までに買出し客になれてもらおうと、
誘導員までつけて、整備、整理にあたりはじめた。

   15号線方面から、横浜中央卸売市場を臨む、
               この先がみなとみらいへと続くようになる。

   IMG_0668.JPG      IMG_0667.JPG
袋小路になっていた横浜中央卸売市場(本場)に道がつき
いわゆる、風通しがよくなる、
そして9月からの市場開放にとっては、好都合、グットタイミング。

10年後に多分、確実に追い出しを迫られる、この場所
今からどう存在意義を示し、市民権を得るか、

行政の横暴に屈することなく、心一つにして
どうしたら連綿と続けてきた商いをリニューアルして
ここに世の中的に居座るか、待ったなしの問題である。

移転は10年後でも、答申を受けて移転先が決定するのは
来年の3月迄だから、時間は殆どない。
この道にしても、10年後を見据えた計画、年計画の一環にある
多分、間違いのないことだろうから。
posted by 朝市・夕市 at 07:17 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。