ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2009年05月15日

干物トリオ

明日の市場交流会に
移動福祉サービスの面々が遊びに来る、
売り場2階の事務所も福田さんのおかげで出来たし、
ゆっくり、まったりしていただこう、

売り場も、2週間ばかり、少し手を抜いていたので、
明日は、オイラの手製の、干物で、常連さん達をお迎えしよう、
ということで、今日は朝から、干物作り、

たまさか、パソコンが不調で、それの修理に要する時間を
そこにまるまるつぎ込むことができた、

オイラのお店のご近所の鮮魚仲卸店でおすすめを3品ばかり、
金目 に 穴子 に 鯵 を調達、
IMG_9746.JPG IMG_9747.JPG IMG_9750.JPG
出歯を砥石できれいに切れ味よくして、早速作業に取り掛かる、

お勧めだけはあって、捌いているそばから、
もう、早く食いたい〜!、よだれの、垂涎の魚達、

オイラの釣り場の桟橋に、できた順に、乾しに行く、
          IMG_9745.JPG
そして、今日は鯵のお腹の中の、卵に白子もきれいに取り出し
       これも、塩して、干すことに(金目の肝も)
   IMG_9751.JPG   IMG_9752.JPG
きょうは我慢をして、あす、皆さんと一緒に食することにしよう、

あっそうだ、6匹4段に網に並べて干した鯵、
   IMG_9748.JPG   IMG_9749.JPG
乾き具合を見に行くと、尻尾が地面に落ちている、
下段が5匹しかいない、しまった、猫よけが利かないで、
手を伸ばした先の獲物、奴の朝飯のおかずになったようだ、

腹がえらくすいていたのか、はたまた、絶品だったのか
そこには、見事に尻尾しか落ちていなかった、
ますます、明日が楽しみになってきた。
posted by 朝市・夕市 at 15:35 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月14日

チェンジ

昨日、この目に映った
  伊豆の村の駅
    IMG_9552.JPG  IMG_9548.JPG 
     沼津の市場
      IMG_9703.JPG IMG_9717.JPG
       足柄SA     どれを、どこをとっても、
         IMG_9726.JPG
1年訪ねていないと、ずいぶんの変わり様である。

横浜中央卸売市場も、オイラ的には嬉しくないが、
万が一にも、観光市場小売市場を目指すなら、
あの位のことをしないとだめであろう、

それにしても、今問われている市場機能、
低温流通温度管理を踏まえ,その充実を図り、
しかもドックシェルターのついたそのセリ場の2階部分を
        IMG_9711.JPG
ちゃっかり飲食店街にして、見事に2期作を完成させたり、

はたまた、港の海辺に面した場所を、
観光客が立ち寄って、買い物、食事を楽しめる
そんな場所を作ったり、
はたまた、夜は水門をライトアップしたりと、

規模も、内容も今一と言えばそれまでだが、企画し
やることに、実行することに価値がある、オイラそう思う、

翻って、ここ、横浜中央卸売市場、
今だ、当局から、オイラ達当事者に、何の説明もない
市場の統合問題が先送りになったとはいえ、
果たして、ここで、このまま、のほほんとしていていいのだろうか、

何の思いや、信条も高邁な理念も持たない、決して持つはずがない、
横浜市のくそ役人どもの指示待ちなんかしてるなら、
オイラ達の明日は、未来は100%ない、そう言い切れる。

そう、変化を恐れずに、いつも汗を流し、
何でもいいから、思い立ったらまずはやってみる、
そこになにかが、きっと生まれる、
金のかからないところから、まずはやったらいい、

市場人のゆるぎない基本、根本精神を忘れず、
    IMG_9550.JPG IMG_9677.JPG
でも、そこに変化を望む行動、実行をしていかないと
オイラ達は、世の中に不必要のないものになっていく。  

閑話休題

幾筋かの支流を集め、とうとうと流れる狩野川本流
初めて、本流を流してみて、思ったことは、
懐の、スケールの大きさだった、

久し振りの拝むことができた オイカワ
そして、ゆったり、おおらかな、
ロングディスタンスのキャスト、

それのもたらす釣り感は、
支流のピンポイントキャストのそれとは、趣を異にする、

いろんなものを包容して、内包して、
滔々と流れるその川面は、
フライの別の魅力をオイラに誘った。
posted by 朝市・夕市 at 08:04 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月12日

開場以来の

5月でまた一軒、横浜中央卸売市場の水産仲卸が廃業をする、
これで昨年から引き続いて7件目の廃業になるか、
多分、これは市場開設以来、初めての出来事ではないだろうか、

もちろん廃業に至るは、経営資質の欠落や、企業努力の至らなさ
そんな面は当然あるのだろうが・・・・・

世界同時不況のあおりか、
今年に入り、市場は以前にもまして、実に閑散とした日が続く、

しかし、オイラのお店の主たる取引先の上場企業の食品スーパーや
市内のこだわりのスーパーはその数字を見る限り、
さほど売上を落としてない、

じゃあ、そう、町の零細のお店が、
たぶん、著しく元気がないのではなかろうか、

市場の水産仲卸は、売り場にいても、
現実はほとんど仕事らしきものはないのが実情、
何せ、買い出し客が来ないのだから、

でも、ここは過日訪ねた、石巻や、塩釜とは違う
人口360万都市、横浜、それの横浜中央卸売市場なんだよ、
そこが、この状態、

日本の各都市の町の魚屋、商業集積たる、商店街
そのいく先は、急速にその数を、
にぎわいを喪失していく気がしてならない、

このところ、そんなわけで身が入っていなかったオイラの趣味の店、
捲土重来、ねじり鉢巻きで、仕切り直し、やり直し、

最近、市場内でおとなしくして、
当局とまるっきり、もめるシーンがなかったので、
ぼちぼち、今週末の市場の地域交流会のときなど、
おもっきり、暴れてみるか、

日曜日に、そして昨日、今日と、手直しが続く、
IMG_9539.JPG IMG_9540.JPG IMG_9541.JPG
                IMG_9537.JPG
                オイラの趣味の店!

閑話休題

     6月14日、シンボルタワー祭り 決定!
            IMG_9544.JPG
posted by 朝市・夕市 at 19:50 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月09日

クジラ

昨日は、オイラの取引先の日配担当チーフが
横浜中央卸売市場、オイラのシマをわざわざ訪ねてくれた。

一人は高井戸のお店、
もう一人はオイラの大好きな下北沢のお店の
それぞれの若き日配チーフ達だ、

中でも、この高井戸青年は、オイラに石田衣良を勧めた
なかなかの文学青年である、
しかし、取引の上で彼との価格の交渉は結構、し・ん・ど・い。

市場見学を終えて、今度は横浜市内見学に向かう、
何せ横浜は二人とも、とんと不案内、

黄金町から伊勢佐木町、そして横浜橋商店街
マニアックな場所を徘徊する、
そうだ豊野(天丼屋)でブランチにしよう、

10:30に目的地についたが、11:00に開店という
それまでの時間調整に商店街をふらつく、

少しばかり、観察、視察を怠っていたら、
また、ずいぶんとお店が入れ変わっている、
時代の変化がそして、ここでも、競争が激しいのだろう、
嬉しいことに、魚屋が何件か新規オープンしていた。

横浜ではここは松原商店街と1.2を競うにぎわいの場だが、
魚屋の数では、今やここは松原をはるかに凌駕する、
横浜市内の魚屋が一同に、ここに会した感もある、
まあ、嬉しいことじゃありませんか、
こんな商店街は市内のどこにも存在しない。

二人はここのメニューで一番高い 黄金丼 980円
オイラは新メニューの 鯨丼 800円を堪能する、
若い二人は鯨を食したこともなく、おすそわけしたその物に彼等舌鼓。

オイラ小学生のころは、この肉の塊、冷凍のカチンカチン
2〜3kg位のものが確か200〜300円で買えた、

凍っているお肉を薄く切り、生姜醤油でまずは食べる、
溶けてきたそれを、今度はステーキにする、
そしてオイラの家ではしなかったが、
これのフライがこれまた絶品、
何せ、オイラの食の原点、濱の市のシンボル
クジラのフライ&屋台販売。

そうだ、オイラの屋台、7月は150周年のヒルサイドへ出張の予定、
そして、8月には、某商店街に出没するかもしれない。
これで、送り主の思いを成就することができるかも、
        屋台のおでん屋

昨日はまた、格別のシーンを拝めた、
夕刻、関内ホールの某例会に出かけようと玄関を出ると
      IMG_9331.JPG    IMG_9335.JPG
・・がかかっていた、実に、久しぶりの光景だった、
地上のどこからこいつは生えているんだろうか、なんてね。

posted by 朝市・夕市 at 07:03 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月08日

空の上からの・・・・

昨日は、オイラが街に出したい、今そう心底願っている
魚屋のアンテナショップ
それの好物件が某商店街に出たので、早速そこの大家さんと
不動産屋さんを交えて、第一回目の打ち合わせをした。

大家さんは大正15年生まれの品のあるおばあちゃんで
オイラのおふくろは大正13年、2年先輩
2歳違いだが、随分と元気のある、あばあちゃんだった、

オイラがその店を借りて何をやりたい!っことを、
何を考え、何を思い、そして内包する信条、夢を訥々と語る、

今の借主が、不動産屋さんがともにオイラの見方
いい風が、風向きだと、オイラは思う、
多分、おばあちゃんにも、オイラの思いは伝わっている、
そう確信をする。

まさに、商売だけれども、でもそれだけではない、

魚屋のあり方を、
商店街の中の店のあるべき姿を
商店街のこれからを、
そして、横浜中央卸売市場のこれからを
そんなもろもろを見据えた、計画がこれから始まる。

今ある店も、実に多目的に使える要素が満載
絶好の立地に、この絶好の今の店のあり様、
これ以上は求めるべくもないそんな様子に、

どうやら、空の上の誰かさんが、
そう、ここでやってみたまえ そう、おっしゃっているようだ
そんな声が難聴のオイラの耳にも充分聞こえている。

閑話休題

2〜3日ぐずついた天気も、
明日、明後日は好天に恵まれそうだ、

明日はベイクォーター
明後日は恒例、ポートサイドの朝市。
posted by 朝市・夕市 at 12:36 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月07日

オイラ スタイル

微熱に鼻づまり、
水っぱなであったり、時に粘度の強い青っぱなであったり、
ここ2週間ほどか、そんな状況が続く、オイラ

例年なら、30年来の付き合いになる、
花粉症もおさまっている時候なのだが・・・・・どうしたことか
悪い病でなければいいと思う、そんな弱気もふと顔を出す、

昨日、知人と電話をしていたら、「それって、きっと檜の花粉よ!」
そんな御請託であった、“なあ〜んだ そう。”
自分に都合のいいことを、こうしてあっさりと信じる。

鼻が詰まると、それに連動して、ただでも聞こえの悪いお耳が
一層いうことを効かなくなるから困ってもんだ、

最も、他人の言うことをまったく聞かないので、
今の難聴は当然!と身近な人間ほど、何の同情もなく、
オイラは突き放されているのだけれども、

何回も大きな声で、
まるでオイラに当たり散らしたような口調になってくるから
当人達も、それが随分嫌なようだ、

事務所では、そんなわけで周りがおのずと、
言葉少なになっていくから実におかしい、

オイラがここでも補聴器を付ければいいのだが、
付ければつけるで、うるさいくらいに余計な音も拾うので、
ここではずっと外しているのが、オイラの慣習になっている。

さてさて、GW中はそんな体調もあって、読書を楽しんだ、
去年はどうしていたか?
なんてことも思い浮かべようとしたが、
何せ昨日のことも、もうろくに覚えていない、今日この頃
そんな考え、思いはすぐさまひっこめた、

昨日から今日にかけては
海野碧 の 「水上のパッサカリア」 を読んだ、
第10回の新人ミステリー大賞受賞作品であるが、
今100位の感があった、まあ、こういうこともあるさ、と言い聞かせて、

鼻が利かないと、食事がまるっきり味気なく、どうしようもないが
耳が聞こえない、誤解を承知で言うなら、
無音も時にはいいもんだ、そう思う。

読書時間中もそうだが、その世界にどっぷり没入できる、
いろんな思考も、作戦も充分に練り上げられるかもしれない、

はたまた、じっと眼を見つめあって
眼と眼で会話のできる、そんな充足してあまりあるシーンも
どこかで間違って
今後のオイラの人生のどこかに存在するかもしれない、

昨日、久方ぶりにオイラの事務所を訪ねた知人が、
「そんなに本を読んで、わけわからなくなりません?」

“昨日、何を食ったかさえ、お忘になるそんなお年頃ですから、
 ストーリーは結構忘れるね、でも その本の中の、
  エッセンスやスパイス、珠玉のフレーズのだけ抽出しておけば
     そして、それを大切にしていればいいです。”

昨日のように今100の本でも、
そして、あまたのオイラの周りの人間達にも、
はたまた、これから出会うもろもろにも、
オイラ相変わらず、死ぬまできっとそんなスタイル。

posted by 朝市・夕市 at 08:14 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月06日

初めの一歩

今日、朝日の朝刊を読んでいたら山形のシェフの話が出ていた。

日本を代表するイタリアンシェフが一度は食べてみたい
そう願うほどの奥田政行オーナーシェフ
の アル・ケッチアーノ
その階下の山形県のアンテナショップ
4月30日銀座に開店の記事だった。

たまさか濱の市の朝市を、過日、山形の農家の方で
もん前の里 農産物直売所の代表の小林 栄さんが訪ねてくれて、
生粋の東北弁の彼との会話の中で、その銀座の話が出ていた、

彼は、高畠産の品を、オイラのつてで横浜で販売してくれないか?
そんな相談をわざわざ濱の市までしに来てくれた、

かつてはオイラも会員であったスローフードジャパン
たまさか縁があって、その会の食育委員長を務め、
かつスローフード杉並の代表である、佐々木さんからの便りや誘いで、
その山形のシェフの話は小耳に挟んでいた、

オイラなぜか、誘われたように、過日ふらりとそこへ行ったもんである
      IMG_9219.JPG   IMG_9187.JPG
2階が彼の店とは、今日の記事を読むまで、まるっきり・・・・
どうも、オイラという人間は思慮が浅い、
今朝、ここで初めて、像にピントがあった、そんな感じだ。
当然、その日2階にあがろうともしなかった・・・残念。

オイラの言動は直感、思いつき、衝動で・・・・てことが実に多い、
っていうか、全部なんだろうが、
ゆえに、件の竹やんが、坪さんは、無駄な・・・・・になる、

過日の小林さんの風采を見ても、
彼の住む、高畠町、その直売所、
あまり商品に期待をかけていなかったが・・・・
この店にある、高畠産だけでも、見直しましたの世界、

安酒も含めて、高畠産に絞り6000円弱の買い物をしてきた
              この酒は買わなかった!
IMG_9188.JPG IMG_9189.JPG 
IMG_9186.JPG IMG_9181.JPG IMG_9192.JPG
その店から件の小林氏に電話、

    “結構、いいもんあるじやないですか!”

「そうか〜、んだば、何時来る、5月の末頃がいいぞ
                 宿はいいから、うちさ泊れや!」

東北弁もなれてくると、いい響きだ、
どうも、オイラに、いとも簡単に乗り移るそんな気配もある。

これは豆腐やマグロ、フライに少したらして食べている。
                 漬物もいい味だ。     米は購入しなかった、

IMG_9191.JPG IMG_9197.JPG IMG_9199.JPG
先日、プレゼントしていただいたバターもあった(735円)
そしてオイラにとって山形の果物と言えば○○○○○と○○○○○
      IMG_9201.JPG    IMG_9195.JPG

彼、奥田シェフはここを根城に、食のこと
そして、山形のことを、大いに全国発信していくようだ、

オイラも負けてはいられない、
明日は、オイラが商店街に出すアンテナショップの件で
そこの大家さんと第一回目の交渉だ。

どうか交渉がうまくいき、商店街のにぎわい創出の
一つのモデルになればいい、そう思う。
長い年月がかかるが、それを機に、町に元気が出て、
結果、市場ににぎわいが戻る、それの、第一歩が明日始まる。

閑話休題

同じく、朝刊の一面に、
コンビニの弁当の値引き販売の記事があった、
現在、この業界だけで、そう弁当だけで、
国内で1000憶円分の廃棄が想定されるとやら、なんとも・・・・・

昨日、たまさか、コンビニの弁当を買って事務所で朝食を済ませた、
マックにも言えるが、食べた後の味気なさ、後味の悪さ
そして変な満腹感・・・・・昨日は不快感もあったが、

昨日はオイラ微熱があって、鼻が詰まって、味がよくわからない
そんな状況下であったとはいえ、
“ああ、買うんじゃなかった!食べるんじゃなかった!”

こんなことは、
ファミレスや大手の食のチェーンでの食事にも、当てはまりはしないか

おいしいってものは、たぶん、本来の食事とは、食とは
口から入って胃の中にすっと落ち、
満腹感を伴わないで、幸福感が体を満たす、
そんな食事は
きっと食したものの栄養が体の隅々まで行きわたる、そんな気がする。

小林さんに誘われるがままに
5月の末は無理だが、6月に山形は東置賜(おきたま)郡高畠町に、
もちろん、フライロッドをもって参上仕るとする、その醍醐味と
あちらの食材で本来の食事をとる楽しみ、
今から、とても、とっても楽しみだ!

posted by 朝市・夕市 at 11:22 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月05日

昔の姿、再び。

オイラの本職は主に水産加工品・食品の卸業だ。

扱う商品は、消費期限が製造後3日〜7日の
いわゆる日配品と呼ばれる、そんなジャンル、
最近日々の現場で、納品(販売)価格の下げが目立ち始めた。

昨年の食品一斉に値上げ状況はまさに様変わり、
逆の様相を呈している。

2部上場で、日本でも名だたる某高収益食品スーパーが
オイラの会社のメイン取引先だが、

今30店舗を保有するこの企業、高収益を背景に、
利幅をほとんど無視しても号外!と称する、
特売、販促セールをこのところ敢行、断行している、

イオングループ(マックスバリュー)や、
神奈川、東京で元気なOKストア、三和らが
まあ、こぞって 生活応援?を掲げ、低価格路線をひた走る、
セブン等、業界全体が、まあ、これに右に倣えで足並みをそろえる、
デフレの、値下げのラッシュ&オンパレード。

日々の、いわゆる定番商品が
今年に入ってから、つとに売れないから、そんなことにもなるのだろう、
チラシ・号外・タイムサービス・朝市・夕市
周年記念や改装セール、
もう、使える奴は何でもつかって、販促につなげる、節操のなさである。

その、しわ寄せは、当然、メーカー、卸、の各取引先に波及する。

また棚に入る、定番商品もこの激しい競争にさらされる、
少し油断をすれば、低価格でも利幅がとれるそんな類似商品に
すぐにとって変わる、明日をも知れぬ、サバイバルゲーム。

こんな状況下で、街の商店街の疲弊が、荒廃がつとに目立っている、
そんな風に、オイラの目に映る、
なぜなら、
街の商店主が買い出しに来る、ここ横浜中央卸売市場、
今年に入り、以前にもまして閑散とした状況が続くからだ、
そして、その閑散、静寂がどんどん増しているのが事実だからである。

本業、飯の種である以上、
オイラ食品スーパーの納品業務にもちろん怠ることなく励んでいるが、

方や、濱の市をやり、黒船物見遊山や商店街ハナノアナ等
商店街の連中と付き合い、情報交換するうちに、
やはり、街の商業集積の、商店街のありようも、是非変えるような
そんな提案、企画もしたいって思っている、

全国の中央卸売市場は、こぞってこれからの日本の街の
あるべき商業集積に、力を注ぐべきだと、そうオイラは考える、

市場人として、はたしてどちらが、胸を張れる商いか、言うべくもない。

連綿と続く、自分の生業、商い、
それは、やはり、自分で、己で作るしかないのだ。

毎日が街の商店主の買い出しでにぎわう、
そんな横浜中央卸売市場を、もう一度オイラは目指したいと思う。

posted by 朝市・夕市 at 13:50 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月04日

別世界

少しばかり時間のとれる日が続く、
変なパターンがこのところ定着していまう、

仕事や濱の市を終了、夕刻帰宅して、窓を開け放ち、
ごろんとベットに横になり、気持のいい5月の風に吹かれながら、
朝・夕刊、読みかけの本(漫画本を含め)を読む、
するといつの間にやら、眠りに落ちる、

夕餉の合図で19:30頃、目を覚まさせられる、
その後は、ちょっと寝 のおかげで、お目目がパッチリ、覚醒!

入院していた時の夜、そんな苦い経験を思い出す、
昼寝をしたばかりに、夜目が冴えて寝られない
いたしかたなく明け方まで読書、ダビンチコードを含め
10日間の入院で、それはそれは沢山の本を読んだっけ
今にしてみれば懐かしい物語、

たまさか読みやすかったせいもあるが、ここ一両日は
一晩1冊ペースだ、石田衣良 「40」 と北村薫 「ひとがた流し」 
小説はいい、オイラのようなナルシストは特に、
その世界にどっぷり浸れる。

2冊とも2:00頃読み終えた。
まだその本の世界に居続けたいので、ベットスタンドを消し、
真っ暗にして余韻を楽しむ、そして本の世界の人物の続きを思う、

いつしか、うつらうつらして、朝を迎える、そんなパターンだ
その2日とも起床は5時。
分け寝?しているせいか、予想のほかに目覚めはさわやか、

とにかくもまあ、今の朝は早い、気持ちがいい、
これが冬タイムなら、もっとお寝坊さんは間違いがないだろうが、

さてさて、お次の本は?
そうだ、玄田氏の本を買ってくるか、でも小説じゃないからな。

閑話休題

これだけの町、7000人からが住む、ここポートサイド地区、
住民は何処に疎開したの?
そのくらい、ひっそりとしていた、例年のこととはいえ、
そんな人達を、うらやましくもあり。

昨日の朝市風景

        ひっそりした朝市風景
                   住民は何処へ行ったやら?
IMG_9247.JPG IMG_9249.JPG IMG_9259.JPG
お店の方が総出で、松鶴さん 西区久保町の蕎麦屋さん
  IMG_9257.JPG
 どちらが上司やら、丸昌さん   オリジナルが課題、吉田商店
      IMG_9261.JPG    IMG_9253.JPG  
           今日は、手相見も 猪子さん
    IMG_9252.JPG   IMG_9272.JPG
        いつも、超マイペース、小泉さん
              IMG_9256.JPG
   久々登場、芸術監督、チーム  田所ヨシユキ
IMG_9275.JPG IMG_9276.JPG IMG_9278.JPG
今の、濱の市のいい風 に、貢献大なり、恵子姐さん
      IMG_9260.JPG  IMG_9267.JPG
高層マンション、ビルの林立するこの地区は、
               時折、風がコンナいたずらをする。
IMG_9265.JPG IMG_9273.JPG IMG_9274.JPG
力煎パパはそんな風でもへっちゃらな工夫を施す、
     人間どこかに秀でたものがある、
            盤石なテント設営、力煎
            IMG_9251.JPG  
来週は、賑わいが戻ってくるでしょう。    

posted by 朝市・夕市 at 07:58 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年05月03日

玄田ラジオ

昨日の朝日のBe
   東大教授の玄田有史氏44才
いわゆる、ニートという言葉の生みの親、

4月から、この紙面がリニューアルされたが、オイラにとって
土曜日はこの紙面だけでも楽しみな曜日である、
この別紙には、「逆風満帆」 というコーナーもあり、これもまた面白い、
3週連続で元広島カープ監督の古場さんの人生の物語である。

オイラの毎月のなかで楽しみな他の日は
 5日、20日 のビックコミックオリジナル
  10日、25日 のビックコミック
    隔週金曜日 の ビックコミック・スぺリオール
      そして毎週木曜日 の モーニング
そう、全部マンガ本の発行日である、アナ、情けなや!

話が戻る、玄田氏の昨日の記事内容が、
不登校の高等学校の卒、入学式にオイラがしゃべった事と同じ、
そして、今や、オイラの生き様の核心部分にそっくりだった。

『 たくさんの挫折や、失敗の延長線上に希望がある。』

『 挫折をさわやかに語ってこそ、将来の夢が広がる。』

専門は労働経済学だが、「希望学」 の研究も現在行っているそうだ、
この若さで、どうしてこの心境やこの学に至ったか、
とてもオイラ彼に興味を覚えた、

趣味は「酒」だそうで、携帯ラジオをもっぱら聞く、そんなところから、
彼のブログ名は 「玄田ラジオ」
これから、必読のブログにさせていただこう。

そう、彼はこんなことも言っていた
『自分で自分の物語をかたることができたなら、人生はたのしい』

閑話休題

昨日のコットンハーバーの濱の市、
早終了の時間になり、14:00過ぎ、事務所を出て
資材の回収にオイラが向かうと
自治会の方々が、会場の後片付けを手伝ってくれている、
そんな光景が目の中に飛び込んでくる。

来場者こそ少なく、メンバーには、売り上げのプレゼントを
そう、いつものことだけれども、沢山してあげられなかったが、
こんなシーンを見るにつけ、
やはり、やってよかった!そんな風に心の片隅に、暖かい燈がともる、

オイラの行動、活動の中に、こうした人と人を結びつける、
はたまた、やわらかな風を吹かす、
そんな 接着剤  触媒 の働きが、効用が、
何時もある、そんな風にしたい、それがオイラの持分だって、
そう、自他ともに認められるように。

さあ、今日も濱の市のポートサイドの朝市だ、
果たして、触媒の働きは、
昨日はゆっくりと寝て、休養十分だから、働きは活発かも・・・・・・。
posted by 朝市・夕市 at 08:11 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。