ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2011年08月17日

空き巣

御近所が空き巣にやられた!

家人の夫妻は、14日からの盆休みを利用して旅行中で
たまさか、その間、植木の水やりを頼まれた倅が
この災難を発見をした。

オイラ、やじ馬ぶりを発揮して
現場を見させていただいたが

まあ、その〜
部屋の散乱の様子は、ただただ、すさまじかった。

とても、オイラが想像していたその手のプロの仕業とは
大いに隔たりがあった。

そこから潜入したであろう、家の脇の強化窓ガラスは
かつてこの手の手口をテレビで見たものとはまるで別物、

まあ、どの世界にも
プロ、巧、が減ってきているのだろう。

警官に聞いてみると
盆休みは、空き巣の犯罪が、かなり多いらしい

これから、旅に出て、しばし不在になる方は
充分に注意を払う必要があると思いまっせ。

しかし、窓ガラスを割る
金庫をバールでこじ開ける、それと諸々

下町だけに超近接の隣人たち
この辺の音も含む、異変に、気がつかなったのか?

隣人達の様子、そこらの下見に関しては、
きっと犯人は、ぬかりがないのだろう。

posted by 朝市・夕市 at 11:09 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月16日

たまにくいいれば

葬儀の手伝いから、
事務所にまわり、雑務を片付け、そして大口の店に出向き
そこから、野毛の萬里に朝飯兼昼飯兼夕飯を喰いに行く。

いつものカウンターに陣どる、
1階のここで喰うと、どういうわけか一味違って
グンと旨いと感じる、とても不思議である。

テレビがついていて、高校野球が流れている
あらっ、横浜高校が出ている、そして8回表を終わった所、
おお4-1で勝っているジャンカ、相手の攻撃は、もう9回だけ

8回裏の横浜の攻撃は、1アウト1塁2塁までチャンスを広げたが
後続を断たれ、無得点に終わる
チャンスの後にピンチ、相手は、逆のシーンだ

ベイスターズの時もそうだが、
どうもオイラたまに真剣に野球に見入ると
結果は、こちらにとっては、落胆に終わることが多い!

たちまち出された料理を横目にぱくつきながら
ざわざわとした不安を抱えて9回表の攻撃を見る

案の上の不安が的中し始める
途中、Eテレに放送が変わり、しばしの空白が

厨房からいつものコックさんが出てきて、チャンネルを変えると
相手方の選手が泣いているシーンが

てっきりゲームセットと思いきや
2死をとって2ストライクノ―ボールまで追い込んだバッターは
しぶとかった様で・・・・・・

その後は、出てくる投手があれよあれよ、
2死からのそれは長かったこと、

結果は9回だけでなんと8失点
4-1のリードで2番目に出てきて同点にされた投手に思いを馳せ
なぜか、その後、すっかりとテンションの下がったオイラがいた。

勝負の世界は、何ともまあ・・・・・

これをばねに、グンとたくましくなってくれることを期待する
特にかの投手には、

PS
庭でしきりに鳴いていて、そばに寄っても逃げようともせず
    生きる、鳴くを、懸命に
       DSC00366.JPG
posted by 朝市・夕市 at 10:37 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月15日

マザコン

オイラのスタッフのマザコン男を毛嫌いしていた奴が
自分の母親の死に直面をして
相当にまいっている、と心情を打ち明けた。

所詮全ての男は、マザコンさと、
オイラが珍しく初対面でビビったゴッドマザーをもつ
厚木の小さいのも、そんな風にのたもうていた。

オイラ、父親は既に無く
大正15年生まれの母親とは同居中の身

お袋は、4世代居住の中で、ひ孫に囲まれ
いたって元気であるが、いずれは・・・・・・

その時になれば、男は所詮が
身につまされる事になるかな?

オイラ、存外薄情に出来ている、
そう自覚をしておるのだけれども、
その時の姿、想像しても、イメージが湧いてこない。

まっ、自分の方がお先にってこともあるから
そんときゃ、そんとき。

posted by 朝市・夕市 at 08:52 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月14日

あの夏の日

なぜ日本は戦争に突入して行ったのか

深夜のNHK特集、第1回〜4回を録画をしておいて
昨日、今日の夜中に一人で見てみた。 

思えば、開戦からまだ70年しかたってもいないし、
オイラにしても、
戦後からたったの6年後に、この日本に誕生をしたわけだが
なぜか、遠い昔の様で不思議に思った。

番組で見る、日本人、あるいはこの社会の特質も
そして国際社会における、日本の位置も
あれから、一体どう変わったというのか?

おそらく、ベースはなんら変わっていない!
そうしみじみ思ったものだった。

日本はボチボチ
経済という視点で国や、世界の中の日本を考えるより

その精神性、一国としての行き方、生き様として
これからのあるべき独自と姿を、
世界に披歴して行ったらどうだろうと、そんな風に思ったりもした。

それが3・11以降、
この国のあまねく全ての人間が考えるべきことで
オイラは、あの日がまさに、空の上の誰かさんの啓示だと思う。

しかし、戦後の焼け野原からたった6年
オイラはそこで日本という国の横浜で生まれたわけだが
幼いまでも、戦後からまだたったそれほどとは、
思いもよらなかった。

それほど、あの時代は復興のスピードもはやく
あるいは、明るい未来に対する期待、躍動感といったものが、
あの時代の日本には確かにあったと思う。

それと、家族、町内をベースにした、人の絆も確実に

それに比べると、東日本の復興の道筋は、
すこしばかり、遅すぎやしまいか。

昨日から、オイラの町は夏祭り、
その昔は、町内神輿が家の軒を壊さんばかりに練り歩き、
人々は、その担ぎ手に水をかけて、やんやの喝采を送った

それが、甲子園とともに、夏の風物詩だった、
そうした光景は、果たして、もう目にする事はないのか。
posted by 朝市・夕市 at 12:28 | 神奈川 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月13日

爆睡!

物流基地から、自宅に緊急連絡
仕訳の用紙が1枚無いと言う事だ。

これがないと、商品の店別割り振りに支障をきたす。

夢を見ていた所だったが、事務所に直行!
問題を片づける。

おかげでお目目はパッチリ、
日も更新しているから、ついでだ、ブログも書いちまえ!

こうした、不定期、緊急にも
どうした事か、体がついてくる、そして苦にも、不快にもならない。

多分、睡眠をじゃまされた!
そこには怒りが、イライラが湧いてこないのだろう、

思えば、比較的若い20代頃から、
オイラ睡眠欲といったものがほとんどなかった、

おまけに、この頃、そう加齢によるものか
睡眠時間は短くても、そう3〜4時間位あれば、全然問題なし、

今や、睡眠における願望は、爆睡!

いずれは永眠も待ち受けている身ではあるが、
それと、爆睡はまるで意味合いが違う、
『死んだように』 ・ 『 ぼろきれの様に 』 

たまには、眠ってみたいものである、
どうすれば、そうなるかな?

posted by 朝市・夕市 at 00:37 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月12日

秋冬もの

昨日は、秋冬物のプレゼンだった。

暑さ今夏最高!を記録をした日には、何とも皮肉だが
こうした機から、いっきに暮れにつきすすむ
毎年の事だが、
ここからの時のすぎゆくスピードは半端じゃない。

14:30〜開始予定が、少しばかり遅れ気味で始まる。

メーカーさんが一軒づつ、
若きバイヤー、でも目利の達人達を前にさっそくプレゼン開始だ。
     DSC00312.JPG 
皆さんの中には、調理をしたものを用意して
食べてもらいながら、話を勧める売り込む、熱心な営業マンも

ともかく、いい加減なオイラと違い、皆さん必至。

まあ、それだけ世間の環境は厳しいということか、
そして何より、ここでの商談成立は
扱いが大きいだけに、皆さん大いに張りきっていた。

オイラも達人たちとともに席を同じくして
吟味、試食に励む まあ似非達人なのだが、

進めていくと、物がものだけに、結構のどが乾く

麦茶、緑茶、ウーロン茶、そしてミネラルと
1品食するたびに、小さなカップでチビリチビリ、
次に次にそれらのペットボトルが空になる。

合格したものは、オイラの座っているテーブルの背後に
ジャンル別に並べられていく

そして、最後に、もう一度整理をする
そう、秋冬の基本定番パターンと、候補生に
         DSC00333.JPG
テーブル上のそれをデジカメに落し、無事に終了!
終りは、なんと21:00をまわっていた。

量販では練製品等の秋冬だけでも、これだけの時間を使う
全体なら果たして・・・・・・
これだけの熱心さが、市中の小売店、市場関係者にあれば
もすこし、ましな町が出来ようと思うけれども。

posted by 朝市・夕市 at 07:54 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月11日

初診察

昨日は総合病院 探訪?。

両足骨折での5年前の入院を除き、いわゆる総合病院で
診てもらうのは、人生初めての体験だった。

かなり前から右目の件が気になっていて
延ばしのばしにしていた眼科と、

ほんとに、うるさい奴っちゃが、しつこく診てもらえということで
自覚症状の無い、もう一つの科(はて?なに科かな〜)、

その二つの科を院内で朝一から渡り歩いた。

8:30〜に院内に入り受付をし、
診療を終えて、会計を済ませ、そこを出たのが13:30

眼科でさされた目薬?が折からの強い日差しに反応して
非常に眩しい、そして運転をするに際し、見ずらい、
さっそく濃い目のサングラスを着用して対処をした。

検査はそれぞれの科で後一回づつを残すが
あくまで、念の為の診察で
診察概ね好結果に、暗雲も晴れ、爽快気分ではあった。

流石に待ち時間対策では、
山本一力 が大いに役だったが、

システマティックに運営されている
昨日の大学総合病院のあれこれには、ひたすら感心もした。

ただ、スタッフの皆さん、声が小さく
特に先生はマスク越しにしゃべるので、
難聴のオイラには甚だその声が聞き取りにくい、

眼科の若き女医さんなど
ほとんど、怒鳴り気味、喧嘩腰の雰囲気(笑)

まあ、それを除けば、
何処か楽しくも、いろいろと為になる日ではあった、
何より、なんでもなかった(今のところ)には安堵をした。

でも次回24日の眼科の診察を経て
眼鏡が新調になるは、間違いなく、またもや散財になるが、
でも、そんときゃ、両眼視力1.5で復活である。

これで次回の免許更新、
視力検査では堂々と胸を張って大音声でのたもえる、
右、上、下、斜め右、・・・・・・

また、毛ばりのアイ(針穴)にラインを通すのも、
これで難なくこなせるかな?と。

人生残り半分の為に、
60年間でいろいろガタの来ている、
錆ついてきている場所のメンテナンス、グリスアップ
それにかける時間と金、惜しんではいけないのかも。
posted by 朝市・夕市 at 11:27 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月10日

きゃすてぃんぐ

誰でも、いらっしゃ〜い! がオイラのスタンスだ。

もちろん、こちとらもマダマダまだの人間だからして
皆さんがいらしても、相性の合わん、
時には、こちらがささくれる人間もそれゃそれゃ沢山いる。

あんたは、合わないよ!は
そんとき、諸々に、ハシハシに、バンバン放出しているはずだが、

これがね以外にも、当の方々には悟られていないようでもある、
でもこの判断は、かなり甘いかな?(笑)

でも、まあ、誰でもどうぞは、時に収集がつかなくなる。

オイラの難聴も、これに拍車をかける
そんな話は聞かされてなかった
時に大渋滞、大混乱の元凶に。

そんときゃ辺りがぎくしゃく、不協和音も大きく渦巻くが、
でもね、たとえて言うなら
信号機が故障した時の手信号の妙手に登場願い
交通整理をすればいいって話だ。

オイラは、あいも変わらず、ごくごくいい加減で、
 へぇ〜い! 誰でも、彼でも、いらっしゃ〜い!

それと、提案のある、どんなことでも、
 オイラがおもろいと思えば、じゃ、それっ、やってみようぜ!

これが、多分、オイラの性、そして役どころなんだろう。 

今は手信号の妙手、メタボの警官を筆頭に
いろんな役者が、それぞれの役柄にいい味を出して

今やっと、シナリオが出来つつある物語、
出来れば感動もののそれを、完成をさせればいいって話。

オイラはその役割分担で、
体も、心も、いっときは随分と楽になるが

でも余裕の出来た分で、また余計をするから、
あるいは、余計が降って湧いて来るから
いっこうに、ゆったり、まったりの平安の時は、長続きをしない、が

でもね、
これがオイラの嬉しい運命!なんだろうと、
もうなかば、諦めながら、おもっちょる。

posted by 朝市・夕市 at 06:51 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月09日

違法、対火建築

六角橋商店街で昨日の日中、火事があった

今朝、やじ馬的に、現場を見に行ってみたら、
残り火で、また出火をしたらしく、消防車がわんさかと、つめかけていた。

5年程前に、白楽寄り、
地形的には坂になっている上の方を放火で焼失、
今回は一番底部を焼失してしまった。

通路が2メートルほどの仲見世商店街が六角橋の象徴で
プロレス、闇市でも、つとに有名、映画のロケにもよくつかわれる。

が、ここは戦後の闇市がそのまま残った所で、
消防法的には違法建築、磯子の浜マーケットもここと同じで
消失となると、再建が出来ない!のが頭痛の種、大問題なのだ。

前回放火消失部分は浜マーケット、六角橋とも結局は再生不能で
今日までに至るが、

今回は、昭和の保全、街並み保全、街魅力を残す!も
ひとつ選択肢に入れてもらいながら
なんとか、再建が出来ればと他人事ながら思っている。

ゆびをくわえてないで、憂うだけでなく
あそこの役員連中と、その際はすこしばかり、
行動をおこして行こうと思ったりもしている。

posted by 朝市・夕市 at 15:22 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2011年08月08日

その先に

今年のかながわ朝市サミットは
11月27日(日)小田原開催で調整中である。

開催1年経過後の平塚、
横断禁止のさく撤去、そして肝心の横断歩道はまだだが、
通りを、そして町を変えようという機運が
なんとなく盛り上がってきていると、昨今、嬉しくおもったりもする。

何せ、アゲチン会の例会で、横断歩道を作って!の巨漢の主は、
とうとう通りの会長にも就任してしまい、

今や堂々の風格に内容(笑)もついてきてと、
オイラにしても、先を越されない様にと、そんな心配をする位
何とも嬉しい限りにグンと成長を遂げたものである。

昨年の朝市には、ともかくもやる体義があった、
そう錦の御旗的なものが
そして壮大な歴史物語もついていた。

だから、それほどの告知をしなくとも、辺りを巻き込む力があったし
故に結果は、予想外、想定外になったと思う。

小田原は、肝心のそこのところを、
どう町の人間が考えてくれるか、まとめ揚げてくれるか
そして物語を語ってくれるか?

こちとらは多少のアドバイスはできても、
やはり作り上げる、汗をかくは当事者の仕事!

やった先に、そこから動き出す、何かが起きる様な仕掛けをしないと
ただの人寄せ、イベントに終始をしてしまうから。

あらかたの諸々が、
その先のうねり、胎動を見据えていなかったり、
あるいは形だけ、かっこしいだけで、
本気を感じないもの、がっかりなものが実に多いだけに、

小田原も是非、昨年の平塚に続き
その道筋、道標を見据えて、まとめあげてほしいものである。

清閑亭の2階から、真鶴半島、相模湾をのぞむ!
   DSC00271.JPG DSC00265.JPG
何とも気持ちのいい海からの風が、吹きぬけていた。
   DSC00272.JPG  DSC00282.JPG      
              体義(大樹)がほしい!    
        DSC00277.JPG      DSC00279.JPG

posted by 朝市・夕市 at 05:48 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。