ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2009年07月12日

自立

安保沖縄返還
これに際して、密約があったかどうか、
そんなことがこのところ新聞紙上をにぎわす、

だいたい無条件降伏をした日本が、
領土返還、それにとやかく言える、そんな立場にはないはずだ、

沖縄の変換、本土復帰、
あれは、アメリカの人の好さ を象徴することであって、
密約、裏取引があって当然と、オイラは思う、

かつて、オイラ、ロシアの役人と北方領土問題に話が及んだ時、
彼、いわく
 「あまり価値のない、いわばどうでもいい地域だが、
  そんなにほしければ、もう一度戦争をして、ぶんどったらどうだ。」
この話の良し悪しは別として、単純明快である。

  『 外交 』
握手をしながら、たがいに足は蹴飛ばしあっている、
そんなことがたとえ話によく聞かれる。

安保にしても、戦後の世界情勢、特に対ソ連(共産主義)が
アメリカの当初の思惑とは、筋書きとは違ってしまったとはいえ、

ただ同然でアメリカに守ってもらって
その大きな日傘のおかげで、今日の日本の経済発展がある、
それは忘れてならない事実である。

ここにも、裏取引、密約があったとしても
それは至極当然である、オイラそう思う。

オイラが嫌いな、事であるが
裏取引は、まあ、その〜 駆け引き と半ば同義語
これは商いの世の常。

日本のメディアも、もう少し成熟してほしいものである。

それと、この件に関してだけでも、
   そう、日本という国は、
     まったくもって、いまだ自立をしていない。

いっそ、これを契機に、マスコミは、
  この国の 自立 について、問題提起をしたらどうだろうか。
しみじみ、オイラそう思う。

閑話休題

〇 濱の市 予定変更

9月から、コットンハーバーは休止の予定だったが
        IMG_0021.JPG
7月一杯で休止に

今週の18日(土)が、最後になる、
また、いろんな調整をして、ある程度自由な場所に生まれ変わって、
そんな地ならしができればいいと思う、
残念ながら、しばしおやすみ。

     18日(土)は、さよならセールである

★25日(土)のベイも、イベントで会場が使用のため、休止。

posted by 朝市・夕市 at 09:46 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年07月08日

噴火口を探して

団塊の世代の末期に属するオイラ
今、朝日の夕刊、その一面の特集を懐かしく、感慨深く読む、
学生運動華やかなりし時代のことがよく書かれている。

そう、思えば、あの頃の、あの年代には結構熱い人間がいた。

世の矛盾、不純、不正に対する、
そんな憤りが、マグマが噴出していた、そんな時代でもあった。

そんな世代が今を生きる、
還暦を過ぎたあたりか、もう、間もなくか、

サンデー毎日、
はたまた、おおかたは定年を間近に控えた一群として、
人生の最終章のとば口に今入ろうとしている。

あの熱気の時代、
もはや、それ以降は何処にも
どの年代にも、残念ながら見当たらないが、

オイラも含め、
何か、どうしようもないくだらないもの、
法律や規制だったり、国家権力だったり、偽善であったり、
似非であったり、

それに、まっこう抗う、けんかを売る、楯を突く、
そんな核が因子が、まだ心の奥底でくすぶり続けている、

そして、その矛先、噴火口を探して、毎日を送っている
きっとそんな人間達もいるはずだ。

何かを仕掛けて、しでかして、
世の中を、少しばかり、動かして見せる、

そんなことが、オイラも含め、できればいい、いや、できるはず。

 『 人生の晩年なればこそ、
           熱き思いは成就する。』

そんなことに、縮図になればいい、
     後に続く、そんな者たちのためにも、
      IMG_1078.JPG
そして、さわやかにして、風通しのいい
   これからの日本のためにも。

posted by 朝市・夕市 at 09:37 | ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年07月06日

さて〜

天気予報を見るかぎり、今週もパッとしない。
いったい何時になったら、梅雨が明けるのやら、

もっとも、オイラがあまり好きでない、そんな夏が来ないで、
一挙に秋に突入って方がいいのだが。

       毎朝、池のメダカに餌をやる、
        IMG_0748.JPG 
それがオイラの出社前の日課である、
    みると、水草に白い可憐な花が咲いている、
         IMG_0744.JPG
この草何という、水草か、忘れてしまったが、

オーバーに言えば、こんな光景、オイラの人生では初!
いや〜、とにかく初ものは、そう何に対しても感動する。

オイラの行動、運動基準、モチベーションもそうだ、日本初!
世間が言う、そんなことできっこない!
これに果敢に挑戦していくのも、オイラの生きざま、生き甲斐。

そう、みんな何時か見てやがれ!やってやるからな!
この心境も、また、オイラの最大の特徴。

さて、またまた楽しい一週間が始まる、
竹ちゃんには、スタッフには、すまないが
今日は、黒船物見遊山の打ち合わせを見合わせて、

毎度濱の市に来てもらって、
いい音色、いい風を会場に流してもらっている、上田さんのライブ
        IMG_0001 (2).jpg  
産経ビルの
  マンハッタンブルーに行く。
     
        また、どんな出会いが待っているか?

posted by 朝市・夕市 at 07:59 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年07月04日

横浜市歌

中村、森、福山各氏、
オイラにゆかりのある3人が登場、出演するとあって、
開港記念会館19:00開演のライブに出かける。
       IMG_0743.JPG
横浜市歌にちなんだ、そんなステージのはずだ。

中村、森、両名はかねてから、横浜市歌を
ブルースバージョンで歌っている、
それを正式に?、ここでお披露目する運びなのだろう。

少し前に会場に着き、楽屋から出て
たまさか会場をうろつきにきた、中村、福山両名と挨拶をする、
福ちゃんは久しぶりの再会である。

まだ照明が落ちてない会場に、
これまた見知った顔が、横浜スローフード協会の江川さんである、
こじゃれた帽子をかぶっている、

この御仁も久方ぶりの再会、
ちなみに今度会の事務局長になった由、
オイラ彼から復縁、復帰を要請された、さて〜・・・・・・

それから子供未来ファンドの米さんとも久し振りに、これまた再会。

さて、横浜市の女子職員のコーラスから始まった第一部が終わると、
        IMG_0737.JPG    
10分の休憩、その時間に、森さんと、これまた久しぶりの再開、

第二部は、金田さんの朗読、そして森さん、福ちゃん、
                IMG_0741.JPG
これ以降、撮影禁止の勧告を受けて・・・・・・

トリは、中村&川勝のペアで締めくくられた。

森鴎外作詞南能衛作曲横浜市歌、
その誕生のエピソードが金田氏の朗読で語られる。

そのエピソード、初めてオイラ聞いたが、
森鴎外作詞 その字句、作詞 の2文字の中には、
それこそ、鴎外の人生が詰まっているかと思うと、
この詩、この歌、なかなかに味わい深い。

ところで、トリの中村さん、いつものことながら
中身がとても大きな人物、最近体もかなり太り気味だが、

歌に人柄が、愛がにじんで、溶けて流れて、会場を埋め尽くす、
いつ聴いても、流石!横浜の御大である。

posted by 朝市・夕市 at 03:26 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 濱の海坊主の独り言

2009年07月03日

落選プロジェクト

土・日は雨模様のようである、
5日、日曜日は出会いの広場 があるので、
開催時間中の10:00〜12:00は何とかもってもらいたい。

所で、梅雨、少し長いんじゃない!

さて、昨日もまた、ヒルサイドの帰りに、みんなを連れて
空き店舗プロジェクトの大口通り の巡回視察をする。

また、いろんなアイデア、あるいは助言をもらう、
そして、新たな切り口もみ〜つけた。

まあ、これはこれで進めるが、
楽しみなもう一つは、なんたって
例の 農林省の 落選プロジェクト である。

膨大な提出書類を作成してくれた
商店街学会の後久さんには大変申し訳なく思っているが、
『濱の市』が手を挙げた、その実績こそ、
これから大きな武器になる、そう思うし、
実はこれが肝心だとオイラ思っている。

なぜなら、
対象事業者に選ばれた、その企業名を見るにつけ、

果たして、そこが 「楽しい都市空間の創造」 をできるとは、
はたまた、持続可能な一次産業、特に農業 の一翼を担えるとは
とても、オイラ思えないからだ。

駅中や、ビルの中が、都市の楽しい空間????

それは、今回かかわった、肝心の農林省の方々も
わかっていることだと思う、
だからこそ、そこに、オイラ達が活を求める所がある、

農林省に、落札企業へ出向いて行って、
今回の諸々のことを非難をするのではなく、
そこにまた新しい活路を見出す、

活路、それは人間のネットワークであり、
濱の海坊主の友達づくりでもある。

だいたい本来オイラがやりたかったことに協力してもらえれば、
それでいいだけの話なのである。

これが、ここが、きっと、また実に面白いんだな〜、
なんか、今からわくわくする、
なんたって、相手は、オイラの監督官庁であり、
日本における超巨大会社であるから、

昨日もヒルズで、あの長谷川 創さんに出会った。

あれほど喧嘩をし、ののしりあった役人と、
ああして気持ち良く再会ができ、話ができる、
また、これから彼とは、いろんなつながりができる、多分、
昨日一日、それが何よりオイラには嬉しかった。

昨日の敵は・・・・・・
敵はじゃなくて、はなから 『あちらも致しかたなし同志』 と思えば

それはそれで、付き合いようがある、
かつてのオイラだったら、
これを ひよる・妥協 と呼んだかもしれないが・・・・・・

今や、すっかり、人間生善説に立ち位置のオイラ、
ずいぶんと違ったもの考え、人との接し様になってきた。

ますます、人間やってて、人として生まれてきて
つくづく、良かった、実に楽しい毎日、
心より、そう思える、今日この頃である。

posted by 朝市・夕市 at 08:53 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年07月01日

こちらこそ

市内を一巡して、事務所に戻り、
本日基盤をそっくり変えて、全くの新品同様になった
絶好調のPCを開く、

そしてメールの受信欄を閲覧する、
おおっ、やっとこさ、農林省からメールが来ているぞ、
本来なら29日の発表が、ずいぶんとずれ込んだが・・・・・・

期待と不安の入り混じった複雑な心境で
補助金対象者欄のURLをクリック、

目を皿にするまでもなく、『濱の市』の名前はそこにはない、
あるのは、何これ!って当選者の名ばかり。

全国業者が7件
マルシェ応募者が58件、
選定された対象事業者は全国が1件、マルシェが10件。

でも、全国での1/58に応募できた、
そのことに、それだけでオイラは誇りを持とうと思っている。

チーム濱の市の全国規模活動は、
まだ始まったばかりだ、
ありがとう、いろいろ応援してくれた人、捲土重来である。

ここまでの努力、汗は決して無駄にはならない、オイラそう思う。

閑話休題

今日の日中、
平塚の大門八幡宮通り の高橋ツネキ君から連絡があった。
「坪倉さん一昨日は、どうもありがとうございました。」

何よりの便りだ、
正直、アゲチン会では末席(笑)に位置するであろう彼が
今、その体のように大きく羽ばたこうとしている、

自分のことより地域のこと、その行く末を考える
そんな変身、変遷、
いい奴になりやがった、熱いものが、暖かいものがこみ上げる、
つくづく、この会、そうアゲチン会は作ってよかった、
オイラそう思う。

何より、
少しばかり農林省の件で落胆、不快にざわめく心が、
ツネキの、あの笑いながら、扇子を揺らす、そんな姿に
きれいさっぱり打ち洗われた。

ツネキ、ありがと、こちらこそ、どうもである。

posted by 朝市・夕市 at 21:56 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

全県訪問

歳を重ねる、それは人生にとって、一人の人間にとって
実にすばらしいことにつながっていく、間違いなく。

かくいうオイラも、遅ればせながら、
少しばかり世の中的な事に目覚めて、
また、国家権力にまっこう抗うようになってからというもの、

なんとも腹立たしい事だがオイラの倅に、
その知名度たるものは今や遠く足もとにも及ばないが、
随分と広く世間に、オイラブランド、濱の海坊主も浸透してきた。

と同時に、人間関係、いわゆる人脈も、普通の人様よりは
かなり、はるかに大きな山のようにはなってきている。

また、さまざまな活動を通じ、勉強会を通じ、
自分なりの軌道修正がいとも簡単に、そして頻繁にできるし、

はたまた周りの人達からの刺激、影響を受けて、
新しい運動発見、方向発見と、これも枚挙にいとまがない。

ここ最近の1〜2年でも、そのめまぐるしさったら、
今までに類を見ないそんな時間の使いかた、
おかげ様の毎日の過ごし方をしている。

活動は、まあ、すでに着手している世直し的なものもあるが、
年内中に実行、実現可能なそんな計画も2つ3つを数えるに至る。

その隙間に、狭間に、またまたいろんな頼まれごとや、
新アイデア計画が入ってくる、間違いなく。

昨日の平塚ではないが、
何を好き好んでっていう、そんな行為の中に、
実は、自分の、己の進むべき道の指針が隠れているから
人生は、なんとも摩訶不思議だ。

なかなか難しい事だが、
自分の商売、自分の領域の保身にかまけていると、
きっと大事な何かを受け損なう、見失う。

確かに、己の領域や商いはとても大切ではあるが、
たまには、それも脇に置いて、半日、あるいは一日位
それって儲かるの?ってことに首突っ込んでみることも必要かと・・・
オイラそう思うのだが。

でも、しかしである、たまに魔がさす、
齢58歳のオイラが、ふと考えてみる時がある、
いやでもそんな想念が降って湧いてくるときがある、そう

  『 後何年、こんなに元気でいられるか? 
                     生きていられるか?』

でも、そんな時はいつでも自分に言い聞かす、
ペース配分何ぞ考えないで、走るだけ、走れ!
走れる時に、見て回れる時に、体の、頭の動く時に、目一杯!

今日から7月、
オイラの嫌いな、しんみりする、
前述の想念が降ってきやすい、そんな月になる。

嬉しいことに、わくわくすることに、
 7月は全国徘徊ツアーの予定が2本ある。

  そうだ、くたばるまでに、動けなくなるまでに、
    さしずめ、日本あまねく訪問、
           全県訪問を達成せねば。

閑話休題

事務仕事の合間に、濱の市も開催している、コットンハーバー
オイラの知人と連れだって、この場所へ、

新設なったクルーザーの修理&中古販売所である。
IMG_0616.JPG IMG_0618.JPG IMG_0623.JPG
目の前は何と、米軍基地(日本の戦後は終っていない。)
              IMG_0621.JPG 
知人がここの社長とツーカーの仲、
またしてもこれでご近所の釣り場ができた、
しかも、ここはサンクチュアリ、オイラ達2名しか入れない。

  80トンの船まで持ち上げられる、
      こうして施設では東京湾随一のクレーン
           IMG_0622.JPG
でも、この不景気に、よくぞ、こんな施設を開業するもんだ。
posted by 朝市・夕市 at 02:29 | ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年06月29日

偏屈

今日は平塚八幡宮に出かける。

参道を復活する、その目的のためにはゴールになる、
この場所の、ここの考え、思いを聞かねばならない、
今日は、先ずはアゲチン会幹部が面談である。

ここの事情は、過日も述べてあるが
参道にあたる、大門通リ、が八幡宮すんでのところで
国道1号線に邪魔されて、ブッツリ切られて、
それゆえにか、かつてのここの賑わいが・・・・・出血止まらず。

だから先ずは、この通りのバイパス手術をしようってそんなわけだ。

そして、お次は通りの方の深層心理治療、精神療法
それがすんで順調に行けば
最後は町の整形、顔面手術てな運びになることだろう。

話変るが、
国道1号線、横浜駅からJR保土ヶ谷駅に至る道、
京急の戸部駅を通過すると、道幅が急に広くなる、

何年来かの拡幅工事がやっと進んで、
戸部駅から1kmくらい先の浜松町交差点までは99%完成した。

お蔭で、くだんの竹やんを藤棚に迎えに行く、
今日もそうだが
それに、随分と時間がかからなくなった。

ところで99%?
戸部駅を通過して300mくらいに、拡幅の出臍(へそ)がある、
                                          IMG_0523.JPG
古くからある、惣菜屋、通りから天ぷらが覗ける、
                                IMG_0524.JPG
随分前から、実は気になっていた店だ。

6月27日、親父の命日の墓参りの帰りに、とうとうここに、
この店によって買ってみた、
実は、買った品々、これが結構いけた。

ここの主と思しき人間に、買い物の時
エールを送りたい、そんな衝動に俄然駆られたが
何せ違法のしかもバス停駐車、その日はそれで退散したが、

助手席のお袋に、ああいう偏屈、へそ曲がりは大好きだね!
   って言ったところ、
      “ご近所の、あの場所にもそんな人いるわよ”

てな事で、帰途、そこによる、

ほお〜、
その民家の為に、地上げが進まず、
本来なら立方形の、そのマンションの一角が欠けている、
                           IMG_0531.JPG
どうにも、まだこの世の中に、オイラのような人間がいる、
そんな光景を見ると、なぜか、嬉しくなる、
そう、心の中で呼びかけたい、握手をしたい、そんな気になる。

      同志、頑張ろうぜ!

閑話休題

昨日は降臨と、濱の市終了後の、くだんの街徘徊&ディナー

帰宅をし、少し余裕の時間があったので、
録画しておいた
   「プロフェッショナル」  を見る。

築地の 「鮪のカリスマ」 の物語。

たとえ国営放送といえでも、
メディアをトンと信用してない、疑り深いオイラは
見終わって、早速 築地ヤマニの 宮ちゃん に事情聴取、

彼は築地の鮪屋、そしてこれまた高級生鮪しか扱わない、
そんな人物だ。

その価値ある鮪で、彼は北品川の町おこし
彼の同志のこれまた少しおかしい金子君と
 「炙りや」 を今や3件営みながら、品川宿の再興を目指す。

なんと、登場人物は、彼の同級生だとか、
 そして内容に間違いはないとか、
   そうか、それはよかった。

 『 次回、築地に来たときには、あわせますよ。』

次回の築地の楽しみは、彼と会うこと
  そして、禄明軒オムライス意外の物を食べること。

さあて、何より今日は
   農林省からの返事が楽しみだ!

昨日から、心がそわそわ、胸がざわざわ。

そう、彼、鮪のカリスマ藤田氏、
 プロとは?の問いに

 
『どうでもいいところに、こだわり
              意地を張る!』 
posted by 朝市・夕市 at 06:45 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年06月28日

最低ライン

オイラが事を起こす、運動をやる最低ライン、目的は
   『 日本で初めて!』
     『 日本を変える!』 である。

先日、某商店街の後継・空き店舗対策に、
横浜市職員+アルファー+降臨と出かけた、

対象となる店舗は1店舗、
でもその場所はいわゆる、商店街の中の、
そのまたひとつのマーケットの中の空家にこれからなるところ
昔で言う、〇〇〇日用品市場と呼ばれた場所だ、

その日用品市場
大家こそ違え、ここも空き店舗のオンパレード、お化け屋敷、

そこをみて、降臨と顔を見合わせる、にっ
二人の胸中をよぎるものが錯綜する。

“そうだ、全部借りちまえ!”きっと奴もそう思ったはず、

一店舗だけなら、運動、活動の影響範囲はしれているが、
この規模、そう、8〜10店舗位になれば、
いろんなことが出来るし、仲間も呼べる。

ここで、これを、あそこでこうやって、それから、こうして・・・・・
いくらでもアイデアが思い浮かんで来る。

とにかく、物事は大きく考える、捉える、
人は、これを大法螺と呼ぶかもしれないが、
実は、それが大切ではないか、
どうイメージできるか、どう、膨らませるかが、そこが肝心、要。
オイラそう思う。

オイラのシマの横浜中央市場何ぞも、
オイラに任せれば、いくらで発信基地になりえるのだが、
まあ、実に勿体ない話ではある、
この場所も、今色んな計画をオイラ水面下でやっている、

明日は横浜中央市場 その監督官庁から、
オイラ達が出した、プレゼンの合格発表がある、
果たして〜

合格すれば、この日本で認定される、
12団体の一つに、濱の市の名が浮上する。

閑話休題
 
濱の市、今日はあいにく途中から雨、
いい感じで、素敵な場所作りであったが、
残念ながらの雨で、客足が遠のく、

しかし、ながら誰も退出しないで、最後まで、その場に、
最近、つとに一体感が出てきた、嬉しいことである、
今や、みんなはオイラの誇リである。
IMG_0560.JPG
posted by 朝市・夕市 at 16:43 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年06月27日

職縁

昨日は 横浜市の青少年課が主催する
yokohama ユースフォーラム に出席してきた、
若者の就労支援に関する集まりである。

現状報告の中で、
いくつかの問題点が指摘されたが
オイラがかかわれること、できそうなことは、
               『職縁』 の復活である。

いわゆる、商店街の活性化を通じ
はたまた、新たな商業集積を模索、構築して、
とにかく、若者に限らず、いろん人の働く場を街中に増やしていく、
これが、『職縁』につながっていく、オイラそう信じる。

オイラができることは、このブログでも散々述べてあるように
  『町の元気は魚屋から』 これが突破口である。

昨日は、この会に、なぜオイラが、なんて思ったりもしたが、
会場に行って、またまた、はたまた多くのいろんな人に出会い、

各人それぞれの思いや、活動を聞いたり、
オイラのそれも理解してもらったりと、
以外にも貴重な4時間ばかりになった。

第一回目のこの会が、
引き続けて頻繁に開催され、いろんな方向、見地から
ひとつの目的達成のもと、参集できればいい、

最近は、
そう、あまり期待をしないで、いや、丸っきり・・・・・・
って集まりのほうが、得てくるものが、収穫が多い、

これを、この集いをオイラに振ってくれた、自治体職員有志の会
(代表三重県の山路栄一
氏)の横浜メンバー
S氏には実に感謝しなくてはならない。

やはり目的を持って行動する、できれば世の中的な、
そんな人間の神様からの素晴らしい、最高のプレゼントは
実に 『人の縁』 。

そう、しみじみと感じた。

閑話休題

その会が終わると、お次は アゲチン会分会小田原

    有名な外郎屋、小田原城じゃないぞ! この通り国道1号線その前の
         IMG_0518.JPG
                小峯氏の 梅干し屋 さんへ参集
IMG_0507.JPG IMG_0512.JPG IMG_0514.JPG
さすがに1時間ほどの前日睡眠ぽけ頭で、
帰途、横浜インター出口と、
海老名サービスエリアを間違える、御愛嬌もあったが、
無事にシンデレラタイムに横浜の事務所に帰還をした。

29日は、またアゲチン分会で平塚の八幡宮に向かう。

そう、明日は恒例の朝市
有機ネットの方が久々登場である、
その会のメンバーである安田節子さんが著した
  「自殺する種子」 も書店で絶賛販売中である。
posted by 朝市・夕市 at 12:47 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。