ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2009年10月19日

来期に向けて

神奈川県下の朝市

オイラいろんなところに顔を出し、見聞きすると
立ち上げた人達は、例外なく、町の「あきんど」で
目的は個店の売上向上、各店アピール、そして自分の町アピール。

昨日の葉山の柳さんや、
アゲチン会の梅さんの仕切る津久井は
いわば地域にある商店が、集積をしていなく点在をする、
そう商店街といったものがない地域である。

その個店の繁盛や再生を期すために、
あるいは地域おこし、まちおこしのために
朝市や、逸品市を開催している。

葉山朝市の出店者は、そのすべてが葉山町の商人で
その市を通じ、自分の店のいわば宣伝をしている、
利益は、まあその〜度外視である。

聞けば、今や大繁盛の、20年の歴史のある朝市になっているが
開始から7年間は出店者のほうが来場者より多い、
そんな大変な不偶の時代があったようである。

今、津久井では定期開催の逸品市を通じ、
16ページからなる、周辺地区別の店舗マップが
完成間近になっているようだ。

ここに至る道も、きっと平坦ではなかったはずで、
葉山、津久井とも、まだまだこれから、
やるべきことは山積していると思うが、是非頑張ってほしい。

また、こうした点在をする商店のつなぎとめ方は、
その個のお店の商品力アップ、その一言に尽きる様で
各店に自慢のものがあって初めて、
朝市にも、逸品市にも出店でき、マップにもその名が載る。

翻って、商業集積をしている、いわゆる、商店街は
オイラに言わせれば、
その怠慢さ、芸のなさ、そして個店の魅力づくりにかける、
そんな姿が目につくばかりである。

葉山、津久井に、少しは見習うべきである。

閑話休題

濱の市は、町の商人でない、そんなオイラが立ち上げた市で、
ここで目指すものは、
当初から、
  バラ売り、量り売り、
  楽しい、魅力ある、いわば都市空間づくりを目指してきた。

町に出て定期開催、
今や15店舗ほどで毎週末開催の濱の市ではあるが、
葉山に負けず、相当さびしい時代があった、

今、会場から流れ出る「風」は、オイラが自分で言うのもなんだが
日本で一番いい風、空気が流れる、
そんな市であることはオイラの大層な自慢である。

11月29日に神奈川県朝市サミットを
現在の開催場所から至近のポートサイド地区でやり、
来年度より、そこを濱の市の根城にしようと考える、

次年度に関しては、今の空気・風をそのままに、
葉山、津久井に負けぬ個店の商品力アップ
それと、より一層のビジュアルアップで、

いろんなことを日本全国に発送できる、
そんな濱の市にしたい、そう考えている。

posted by 朝市・夕市 at 12:16 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月18日

葉山へ

今日は、これから葉山の朝市に行ってくる、
神奈川県朝市ネットワークの第二回、
現場での、打ち合わせである。

肝心の濱の市の方は、
今日はちょいとばっかり、顔を出せそうにない。

久しぶりの葉山の朝市、
腹も減っていることだし、
現場で朝日屋のコロッケパンにかぶりつくとするか。

所で、
尺八マン(右端)、昨日は横浜中央卸売市場の岸から、
             IMG_4923.JPG
  昨日はオイラの別事務所で、来客はナポリタンを楽しむ
   IMG_4925.JPG  IMG_4917.JPG
    
彼は獲物がゲットできたのであろうか?

それと、昨夜の小泉さん主催のライブ、なかなかよかった。
IMG_4930.JPG IMG_4931.JPG IMG_4932.JPG
  
絵は、本日午後、追加書き込みにて。

posted by 朝市・夕市 at 07:21 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月17日

変身

オイラもかつてはそうだったが、
 無論、今でもそういうシーンは心の中に湧いてくる
  そんな時があるが、

多くの人間は、
過去(今のも)においての、他人の印象、評価を捨てきれないでいる。

オイラの人生は、20代の成り上がりから、
30代は一転して急降下、奈落の10年をすごし、

40代はその暗く深い谷底から這い上がり、そして今、50代で、
展望の開ける、2000メートル級の稜線?を歩く、
まあ、稜線であるが故にオイラへの風あたりは相変わらずだが、

他人の評価や批判は、そう誰でもできるし、
悪口は、みんなが大好きな部分でもある、
自分の至らない、そんなことも、すっかり、まったく忘れてね!

そもそも、オイラから言わせれば、
他人の批判!それを言える資格のある御立派な人間様は、
世の中には皆無、そう思う。

オイラの奈落は、自らが招いたものであるが、
その30代の生き方は、今にしてみると、
『なんであんなこと、やってしまっていたのだろう?』である、

そこに、自分でも不可解な、そんな当時を
           ばっかじゃないの!  を、見つけ出す。

そう、人間は自分でもわからないうちに、
自分を迷路に向かわせる、そんなことがある、こともある、
それは、オイラ自らの貴重な経験。

だから、オイラはそんな他人を見るとき、
仮に今が、現在がオイラから見てひどかろうと、
もちろん、注意や小言のおせっかいは言うが、

最低10年間は相手の変化、変身に期待を寄せ、待っている、
そこで、変わらない相手が仮りに、そこにいたとしても、
まあ、人間すぐには変われない、そんなもんだよ、と。

今月のオイラの事務所の標語は、

 人をあてにするから、裏切られるのです。

他人をあてにしない、
自分一人でもやるんだ!の確固たる己を持ち、

かたや、どんな他人には寛要でずっと信じて待てる、待つ、
それは、オイラが人生の道を歩く、ひとつの矜持である。

 人は必ず変われる!

それをオイラは、ずっとずっと、心の隅のどこかで、
               その可能性を信じ続けていたい。 

閑話休題

今日は、横浜中央卸売市場の地域交流会、
オイラの店の売り場、事務所から、
ヨコハマ放送局のネットライブ映像を流す、

昼は、その関係者がナポリタンを作ってくれるそうで、
50円?でも販売をするそうだ。

明日は、葉山の朝市に出かける
 神奈川県の朝市ネットワークの交流会、第二段である。

そうだ、今日は、濱の市のメンバーである、
 小泉さんの企画の、ライブも、横浜駅西口で19:00〜ある。
posted by 朝市・夕市 at 07:37 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月16日

変な爺

昨日は、いわばオフ日であったが、
事務所仕事が一段落したそんな午後
ポートサイド自治会長より呼び出しがあり、

神奈川県朝市サミット
その会場の最終認可のために、
横浜市住宅供給公社と三井不動産に出向く、

そのあとは、今シーズン不発が続いている、
横浜中央卸売市場の釣り場に行くことに、

たまさか、フライロッドをとりに家に戻ると、
孫と遭遇、たまには奴を連れて市場の岸へ、

相変わらず静かな水面に、
綺麗に伸びたフライラインがむなしくひかれる、

何キャストかしていると、
オイラの専属?スタイリストから着信アリ、

オイラのフォーマル姿の撮影をしたい、の旨、

まだ、その場にいたく、オイラのロッドをもってやらせてくれと
ぐずる孫をひっ連れていったん帰還
自宅で撮影後、孫様の
スピニングリール&ルアーの道具一式を整え再び水辺へ、

孫は何せ5歳児で、その上未経験、キャストは無理、
オイラがキャストをし、
リールを使って巻き留める、それを覚えさせる、
習得は以外に早そうだ!

オイラの友人も合流し、
日没までの20〜30分程をみんなでその場で過ごすも、
アタリはなし、またしても坊主!全員。

ちょうどその場に現れた今度の商店街のお店のチーフ修ちゃんと
孫を連れて、大口通りのお店の実況見分に出かける。

すぐに飽きて、早く戻ろうと言い出すそんな孫に、
帰りにジュースを買ってやり、オイラの買い物も持たせ帰宅、

倅からプレゼントされた52インチの大画面をつけ、
お気に入りのソファーに座ると、奴が、膝に乗ってくる。

普通の爺なら、お似合いのそんなシーン、
決してオイラも、嬉しくないわけでもないが、
なんか、めっちゃ、違和感を感じる、

照れているのかもしれない、気恥しいのかもしれない、
御願いだから、早く俺から降りてくれ!
そう、心の底では叫んでいる、
へんてこりんな爺さん、濱の海坊主であった。

やはりこんなシーン、
オイラには、まだまだ、まだまだ、似つかわしくない。

posted by 朝市・夕市 at 06:49 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月15日

投石人間

「 面白いことやろうって奴は
    とんでもないリスクをその時に背負う
     その覚悟がなければ、はじめから何もするな!」

これは、オイラの人生の師匠でもある、
         ケンタの大将の名言である。

オイラ、いつもこのフレーズを心に刻み、
  いわば、世の中に向かって投石運動をしている。

多分、この性格、性分は、死ぬまで治らん、そう自分でも思う。

25%削減を標榜し、環境やエコをうたいながら
  高速道路を無料にする施策を施そうとしている。

補正予算を大幅に切り詰めながら、
           子供支援等でばらまく。

もすこし、整合性のある、そんなことを新政権には望むが、

今は確かに世の中が変わる、そんな空気、期待感が
日本国中に流れているが、

たまさか、前政権がひどすぎたってことで、
今は、むしろ、少しばかり当たり前になった、そのレベルだと思う、

所詮、彼等をあてにしてはならない。

子供支援は、独立独歩の
 日本国民づくり 、
        面白いこと野郎づくり 
それをオイラは期待する、

「コンクリートから人間へ」   いいフレーズじゃないかい、

まさにその人種、夢追い人、投石人間 を、あまた搬出できる、
 そんな土壌づくりが、
  今の日本に急務、そう思ったりする。

おりしも、
過日、朝日新聞が親分の、神奈川県の某地方紙が、
そんな投石人間造りのプラットフォームの企画をする様で、

こんなオイラにも、実は相談があった、
彼等が、本気なら、及ばずながら、
大いに力を貸そう、そう思っている。

横浜中央卸売市場をはじめ、
商店街、魚屋、そして何とか屋、・・・・・・

このままやっていれば
ただ、漫然と過ごしていれば、100%明日はない、
組織、企業、エリア、商店、

この際、おもっきり本気で、面白いこと、やってみたら、
オイラは提言をしたい。

多分、それしか、今後生き残る道はない!はずだから。

閑話休題

昨日は、不動産屋さんを交えて、大家さんと最後の詰め
今までまるっきり縁のなかった、
なんとも気持のいい大家さん夫妻に出会い、
オイラ無事に最終打ち合わせを終える。

えもいわれぬ出会い、ふれあい、に、オイラ大感謝!

これから、もちろん、
いろいろあるだろうが、まずは、順調な滑り出し。

開店は、これで予定通り
    12月12日(土)を目指せそうだ。

 ● 店舗デザインは商店街学会狩野さんに

 ● 店の施工は、古澤親分率いる
     建築家の若手集団(40企業) 横浜倶楽部 が。

〇 肝心の開店場所は

   横浜市神奈川区大口通2-7
      
外山ビル1階

         セブンイレブンだったところ。

   「町の元気は魚屋から」 の看板を付けます。

  ★ 魚はもちろん、野菜売り場もあり、
           *嬉しい事に隣の店は肉屋さん 

  ★ おばちゃんの総菜コーナー

  ★ そして、中に*食堂(居酒屋?)も併設

   *売り場の素材(お隣の肉屋さんも)で食べていただきます。    
   *ご飯は、その日、精米したものを提供します。
   
  ★ また、その場所では るんるんアコースティックライブ も企画、

詳細は、また追って、
       何せ、まだ、何も詰めきってない、もんで。 
posted by 朝市・夕市 at 07:55 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月14日

村八分

これから、否が応でも、
  商店街という 「村」と付き合わなければならない。

横浜中央卸売市場という、この「村」でも、
自業自得、確信犯的なオイラの言動で、ここでは当然、完全村八分。

そんなことも、当人にとっては、至って平気のへいっちゃら、
大体、他人様の評価、蔭口何ぞ、
オイラ両耳の難聴もあいまって、まったく当方には届かないのだから。

開店予定の商店街では、すでにかなりの情報や、
オイラの素行からくる、蔭口も飛び交っているようである、
いやはや、なんとも。

まあ、このシマ、村に、これだけ早く情報が伝わるなら、
さぞや、お客様への伝達も早いだろう(笑)
できれば、そうなってほしいところである。

しかし、この「村」というもの、
オイラの如き、能天気な自由人にとっては
なんとも厄介な、面倒臭い、そんな集落であるのも事実だ。

まあ、しかし、これをうまいこと、たらしこまないと、
丸ごと、気もちよっく、だまし切らないと(笑)
オイラの運動は広がらない、し、オイラの成長を見せられない。

だから、なおさら、人間、大きく、大きく、おおらかに、
しばし、ストレスがたまるか? な。

閑話休題

昨日は、大田区糀谷にお住いになる、料理家の先生を頼み
開店予定地の商店街と今度の店を見ていただく、

街の雰囲気を観察してもらい、
そして、店舗の中身、設備の予定にも、有りがたい助言を頂く。

いろんな、オイラのつながりを、大事にし、
沢山の意見や、それぞれの夢をこの店にのっけて
まあ、無事に帆を揚げららればいい、

後に、外洋の荒波に、当然もまれることはあっても、

でもまた、その時化(しけ)が、これまた、面白いんだな。

    「夢は挫折と失敗の中に」 こそ、
                 眠っているのだから。
posted by 朝市・夕市 at 09:02 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月13日

視察、いつもの町

おもろい店の視察 in 下北沢、
 過日読んだ本、「夢のつかみ方」の著者の
    開店してまだ間もない店に、昨夜は入ってみることに、

とにかく、この町は、まあ、その〜、いろんなことを検証するには
まずはもってこいの、そんなオイラの街、場所である。

店内に入り、目につくのは、夢の文字である、
そして、オイラには少しばかり耳障りな(笑)
元気印の店員の挨拶である。

下北沢では、
この店の兄貴分とも呼べる、経堂の「楽」グループ「汁べる」
それとついつい対比をしてしまう、

東京の町とオイラの住む横浜の町の比喩、

やはり年数、歴史がはぐくむ、そんな趣、おちつき、
同じ、喧噪(笑)でも、耳に届く、自然、不自然、不快、愉快、
この辺がとても難しいところである、

オイラが、これから商店街に出向き、そしてやること、

この飲食、接客という部分、パーツも実に重要なだけに、
このあたりの難しさ、これから試行錯誤の日々が続くことは、
どうも、間違いのないところだ。

「夢のつかみ方」
とにかく、行動、アクションを起こし、
己に問いかけて、『動機善』なら、敢然とやってみる、

そして挫折や失敗からこそ、大きな夢が生まれ
みんなを元気にする、できる、その事が叶うのを、

心底、実証をしてみたい、
そう、考える、今日この頃のオイラである。

posted by 朝市・夕市 at 11:26 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月12日

祭の後

横浜中央卸売市場での朝の釣りに賭けてみる、
 何せ、今シーズンまったくのノーバイト(あたりがない)。

水辺では、もうすでに何人かの先行した釣り人の姿が見える。
IMG_4873.JPG IMG_4868.JPG IMG_4869.JPG
オイラの店から、歩いて100歩のこのフィールドを見渡すと、
    どうも、潮が動いていない、
        多分、だめだこりゃ!
     IMG_4867.JPG IMG_4861.JPG
ボイル(スズキが小魚を喰いあげる水しぶき)もあるが散発で、
喰いあげられた、シコイワシを上空からかすめ取る
そんなカモメ君達も、
鉄橋の上に仲良く並んで、手持無沙汰の様子、
      IMG_4863.JPG
釣り場にしげるまだ元気な雑草を見るにつけ
(例年ならば、立ち枯れているはずで)
今年は、ハイシーズンがずれ込んでいるのかもしれない、

早朝の澄んだ空気を吸いながら、
ボイルに目を凝らし、キャスティングをしてみる、
まあ、それだけでも、
このシーズンを堪能している、そんなことにはなるのだが、

朝時間が不発に終わり、
  IMG_4876.JPG
     今日は、夕方も、挑戦をしてみよう!

posted by 朝市・夕市 at 07:50 | ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月08日

不憫

面白い事、
 目立つ事と思うと、すぐ行動に移る!
    そして、すぐ飽きる!
これが自分で言うのもなんだが、オイラの、いわば特性である。

飽きない!例外はいくつかはある、
 釣り濱の市、そして もう一つは、ヒ・ミ・ツ

昨日は、親父が御隠居をしていた千葉の家、
 その最後の片づけに出かけた、

オイラのかつてのテニス仲間が、
奇特な事に、千葉で御隠居をしたい!って言う話を聞きつけて
その家を使ってもらうことにした、

何やら、彼はおもろい改築をするようで、
来年のリニューアルオープンが楽しみである。

話変わるが、
言い出したらオイラ聞く耳もたない、猪突猛進の典型。

その行動が自分の中で、「動機が善」なら、
「一分の世の中改革の確信」があれば、なおさらノーブレーキ

今回の商店街進出の件も、
オイラを取り巻く、ほとんどの人間が実は反対で、

行きの道中は、仕事も含め、あれこれと電話のやりとり、
その中の一人、降臨も然り、
  そして最強の反対者は決行すれば、
     絶交を言い渡されているそんな人物、

そこでもまあ、聞く耳もたず、
且説教をするそんなオイラを相手に降臨が、
オイラの最後の式典を決めた、

その、いわばオイラの行動への最強のブレーキが
 葬儀委員長で
   ぐだぐだブレーキの降臨が、葬儀準備委員長
     仕切りは、これまた仲間のその道のプロ、大久保君

何やら、筏にオイラを乗せて、帷子川を下る、
 横浜中央卸売市場前を通過する際には、
  みんなで、石を投げる!

そんな葬式を企画するようだ。

そんな車でのやりとりは、ブルーストウースになっていて
同乗車のオイラの御袋にもつつ抜け、

こんな切ない話を聞いていて
少しは自分の息子を不憫に思ってくれたのであろうか?

<おまけ>

先週の濱の市の動画です。
http://www.youtube.com/user/hdcitv#p/u/0/u0DjdvEtfXs
posted by 朝市・夕市 at 07:35 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2009年10月07日

嬉しい夜

商店街の執行部と気持ちいい話ができ、
その後大家さんに結果報告に、
そして、同胞、同志に充分になりうる可能性のある、
路地を挟んだ肉屋さんにも、挨拶をした。

これでいよいよ本格的に滑り出す。

個店対策、生鮮3品店対策、そして商店街賑わい復活計画
それも相まってゴー

みんながあきらめている、あきらめかけている、
そんな事に、少しでも可能性のある所が示せれば、
そんな風に思う。

帰宅をし、たまさか気づいた、亀田の試合
12Rしか見ることができなかったが

彼の人間の成長をたった3分間だけでも十分に感じられた

一人の人間が、崖から這い上がり、
よじ登っていく姿は、見ていて気持ちがいい、

なんか、嬉しい、そんな夜だった。

posted by 朝市・夕市 at 09:10 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。