ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2010年04月19日

ドンキ

昨日も、大口通りでは、15:00〜ストリートライブ。

『 尺八マン 』 こと諏訪さん

    昨日は、通りで、臨時、三味線教室?
      IMG_9258.JPG       
  &名古屋からのお越しの仲間〇〇さん、
   IMG_9249.JPG IMG_9260.JPG
大口をこよなく愛する*『大口Z会』 の親分、
              初谷(はつがい)さん等は、

*今や、すっかりさびしくなった通りを残念にと思うから、
  その頭文字をとって Z会と命名、『大口Z会』名前入りのTシャツまである。
    ボチボチ集まったそんな飲み仲間メンバーが今やなんと30人にもなるそうだ。
        IMG_9242.JPG       IMG_9246.JPG  
  土曜日に引き続き、
     連日の濱の市支援隊!ありがたい事である。

実に天気のいい日曜日の15:30、ホコ天中!
    でも、でも、でんも、ご覧のような、寒い風景、
         IMG_9233.JPG 
多分これが全国津々浦々の
   日曜日の商店街で見かけられるシーンだと思う。

でも、ここでこうして、馬鹿をやっていると、
 一人二人と、人が集まってくるから、不思議だ、
IMG_9236.JPG IMG_9250.JPG IMG_9253.JPG
支援隊が、ばかやって、
 オイラはBBQ、
  当店スタッフのヒロが、そこにお茶を出し、

こんなことが日常になれば、
 とても、とってもいいたまり場になる、そう確信をする。

しばしの目標は
  IMG_9233.JPG IMG_9232.JPG
  この国道1号線脇の停止線から、当店前までの私物化(笑)
    完全、土日、通行禁止、ホコ天か。

たまたま、お馬鹿共演中に通りかかった商店街の糸川副理事長、
またしても、そんなことを口にすると、

 「坪さん 警察がね〜、なかなか許可をしなくてね〜」

 『 関係ないですよ、両脇を封鎖すればいい話ですから!』

 「またまた〜」

でも、オイラは本気で、実行をするのを、
 彼は知らない(笑)、ふっふっふっ。

4月24日(土)は、14:00〜
 土日、完全ホコ天を目指す会、横田氏グループと
  Z会が、ここに集まり、BBQでの初会合
   さてさて、にわかに面白くなってめえりました。

閑話休題

昨日は、初谷氏としばし話をする時間があった。

ご覧の様な外見とは裏腹に、かなりのお馬鹿である!
 ああしてオリジナルをギターでかき鳴らすこともあれば、
  なんと劇団の主宰もしているとか、
   かなり、いっちゃっている!そんな雰囲気もある。

なんでも相談、日本一企画 045-434-7896
      資源リサイクル促進企業
        なんて、怪しい会社の社長でもある。

諏訪さん、磯ちゃん、そしてオイラの
 共通の友人に「さとし君」がいるが、
  彼のギターライブに来ていて
   どうやら、諏訪、初谷ラインができた様である。

オイラと初谷ラインは、先の4月8日の商店街事務所、

こうして、不思議な、おもろい人間関係は、
  幾層になって重なりあい、
   重低音になって響き合うことになる、
    これだから、やはり 『 生きている!』 は楽しい!

でも、自らが、ドンキホーテになりきり、
 そして、馬鹿になりきる、
  自分を忘れて、地で馬鹿になって愉しまなければ

こうした姿勢、生き様はオイラ諏訪、初谷氏の足元には、
 まだまだ及ばん、修行が足りない!

そんな自らの反省の日曜日ではあった。 
posted by 朝市・夕市 at 06:49 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月18日

思い、通ず!

韓国滞在中は、
 アチラの人間でさえもびっくりの異常低温気象で
  最終日の16日に、やっと例年に戻って、
    シャツ1枚姿で気持ちよく日本に戻ってきたと思ったら

羽田ランディングの飛行機の窓には、かなりの雨が降り注ぎ、
 しかも座席の前のディスプレイに
   現在外気温4℃の表示、あっちゃ〜!

しかも、 深夜から土曜午前中にかけて、みぞれも混じり、
 津久井の梅さんのところでは
  なんと41年ぶりの降雪(5p)に見舞われたそうだ。

そんな天気にはお別れをして気温こそまだ低めであったが、
 午後からはオテントウ様が顔を出し
  大口の店外17:00〜、内で18:00〜ライブが挙行された。
    IMG_9156.JPG
今回3回目を迎えた店内ライブは
  IMG_9205.JPG
 当店のお客さんに浸透、支持をされてきた様で
    上田      林   両氏には、
    IMG_9196.JPG   
   前回以上に気持ちよく、演奏をしてもらえてようだ、

スタッフも、その都度の反省から、
 宴席のレイアウト、照明にも少しばかり気を使って
  会場を気持ちよくする、のに貢献をしていた。

オイラと言えば、
  もっぱらお外で、長七輪の火の見廻りとBBQ係
                IMG_9159.JPG
前半の部を終えて、
 所要の為に家に戻るとあるお客さんが

『 せっかく、この町にでてきて頂いたたんだから
   繁盛をして、ずっと末永く、ここでお店をやってもらいたい。
  私らは、お貴方の店を
   皆さんに知ってもらい、そして来てもらうようにしますから、』

そんな嬉しい言葉が、
 難聴のオイラの耳に
  それはそれは素敵な音色で
    耳の奥の奥まで、届いてきた。
 
こうした、考え、思い、を抱いてくれる方は
 実は、『 町のおとしより 』 に断然多いようだ、

『町のおとしより』 に共感者、共鳴者を見出すことは、
 こう言ってはなんだけれども、
  大口の店の、基本戦略かもしれない
   (でも、それはこの町特有ではないかもしれないが、)

思いが通じれば、おのずと、支援者は現われるもので
 『 初心忘るべからず! 』
 『 動機、善なりしか! 』   は、いつもオイラの
     そして、全スタッフの共通する
       心の、胸のうちにしっかり刻んでおかねばならない。

初心を忘れず、そして明るく、また、愉しく
  今日も15:00〜 店外ライブ、
    オイラは今日もまた、BBQ係!

posted by 朝市・夕市 at 13:12 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月17日

燃え尽きる前に

自分と違う何かを、
 はたまた同じ何かを、他人のなかに発見をする、

この相手が自分にとっていとしい人なら、
 かけがえのない人間と己が思うなら、尚更の事、
  その違いの部分を理解しようとして、また好きになる。

これが、人を好きになる、そしてもっともっと好きになる、
 その最たる理由であろうと、
  オイラはこの歳になって、恥ずかしながら、しみじみ思う、

まあ、もちろん時にプッツン(笑)、サヨナラは、
 これもあるだろうけど。

今回、訪ねた韓国、
 旅の中でオイラをピョンちゃんと呼ばせていた人達に、
  その周辺の習慣、慣習、文化かな?に

オイラは幾分、興味をそそられ、次回は少しばかり
  いろいろと予習をしてから、出かけてみようと思う。

日本の町が、特に、市場が、商店街が
 今や忘れてしまった、喪失してしまった
  『食の五感』に関係する様々なシーンや、

義理人情に厚かった、人に迷惑をかけない
 人の絆、ご縁、を大切にする、 
  そんなかつての日本の国民性に、

その失われた部分が、今も色濃く残る相手を、国を、
 どうもオイラは、好きになりはじめた様である。   

まあ、もちろん簡単にはわからない、わかりえない
 だからこそ、興味は尽きないのであって、

これは同じ日本人同志の、
 いい歳こいた男と、まだ若き女の恋の物語にも通じる のかな?
  なんちゃってね!

傷つけあいながらも、もっともっと好きになって
  心身ともに一体になる、

そんな恋も、くたばるまでには、灰になる前に
  そう、燃え尽きる前に、
   そこはとうに燃え尽きてみたいもんである。

posted by 朝市・夕市 at 14:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月13日

天誅

さてさて、今日は実に楽しみな訪韓である。

事前準備で
携帯(au)が簡単な設定で、アチラでそのまま使えることを発見する。

またホテルのコンセントは、
 日本仕様のも設置されているらしいが、
  一応念の為、韓国用コンセントの変換機も買ってきた。

後は、一番近い、
  国内の様な外国へ、出発するだけだ。

そんなワケで
 オイラのブログの書き込み
  14日、15日、と、お休みをさせていただく。

閑話休題

御役人は今、移動の時期で、
 この横浜中央卸売市場でも、
   御多聞にもれず移動があった(ようだ)、

でも、そんな話がオイラの所に舞い込んできた時点には
 今までここにいた人間は、
   どうやら霧となって露となって、とうに霧散、飛散。

まあ、オイラなどは、
 彼等からすれば鼻つまみもんで
  当然いけすかない奴って思われているから、しょうがないが

仮にも、少しは交流のあった人間位は
 挨拶があってしかるべきだと思うし、
  横浜中央卸売市場の関係者全体に、
    挨拶状の回覧があってしかるべきだと思う。

いつも、さっと、音も立てずに、次の任地へ飛翔する、
 そして、1〜3年 少しばかり羽根を休めたところには
   二度と立ち寄らない。

それが、役人の慣例なのか、なんなのか知らないが
  実に、さびしい職種、人種である、

これじゃ、すべてに、あまねく、
  まず血など通ったお仕事はできんわな!と確信をする。

かねてから
 天誅を加えようと思った某課長には、
  残念ながら、すばやく逃げられた、
    転出先の探索をせねばなるまい。

posted by 朝市・夕市 at 01:30 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月12日

書き込み、おやすみ

たまさか大口のお店に、お客さんとして来られた
 韓国の方3名を 宿泊先のホテルに、
  横浜の夜景を満喫してもらう、そんなコースを選んで、
   寄り道して、送ってあげたのがきっかけで
    明日から3泊4日の、久方ぶりの訪韓となった。

いつものことながら、自由気ままな一人旅を好むオイラとしては、
 アチラでの接待は本当は迷惑なのだが、
  どうも、気にいった人(オイラがそうかは?)には、
   かつての日本人以上に義理がたい、そんな国民性のようで
    さてさて、どうなることやら、

当然、オイラの訪韓の興味は
 町並み、商店街、各々の商店、市場、そして食べ物
  後は、ソウル市内を流れる、清流といったところで
   またしてもデジカメとりまくりになることは間違いがない。

このブログの書き込みもそんなワケで
 久しぶりに、数日、お休みになるので
  読者の方も、
   「ああ〜あ、とうとうくたばったか!」と心配なきように。

心配は、食べ過ぎ、そして体重大幅増、
 まあ、でも、いつものごとく、沢山歩き、徘徊しで
  せっかくだから、怪しいもの沢山喰って、
    大いにエネルギー消費をして帰って来ようと思っている。

明日からの天気 曇りのち雨、晴れ、曇り時々晴れ、曇り
 少し気温が低くなり2℃〜10℃といったところで
   日中半袖姿では、ちぃとサブいかもしれない。

閑話休題

卒業、入学式、での挨拶に
 『の夢や希望、生き甲斐の見つけ方』 についての話をした。

オイラの経験からも、
 それは、おいそれとは簡単にはみつからなく
  あまたの挫折、失敗、涙と汗の中にこそ実在をし、
   そこで発見でき、される、ものであることを、

故に、それを実践して、夢をつかみ
 毎日を、それはそれは楽しく生きている人は
   実はかなり少ない、いないのが現実の姿だと思う。

要は限られた人でしか、
  真の夢は持ちえない、当然の話である。

しかし、何人かの真の夢をもった人が
 辺りを巻き込んで、
  それを沢山の人と共有するようにすれば
    夢をもつ人を増やすことができるはずで、

そうなれば、今よりも、少しはまともな、
 ちょっとは希望ある社会になるはず、はひとつの道理で

それが、真の夢をもった、行く道、歩む道が定まった
  その人の義務、責務でもあると思う。

『夢』といえるものは、本来、それはそれは大それたことで
 ひとたび口にすれば、

  『馬鹿じゃん、そんなのできっこないよ!』

  『お前(あんた)、頭おかしいんじゃない!』

そうした、類のものであって、
 積み重ねれば、なんとかできそうなことは
  それは『夢』というものに値をしない、言えない と思う。

敢然とそれに突き進み、『 夢をつかむ 』 は本当に限られた、
 変人、変態、そして大嫌われ者 
   まさにアゲチン会のメンバーの資質のごとき、
     そうそうは実在をしない。

故にアゲチン会のメンバ―は
 『夢の共有』 も、
  目指すひとつの目標、座標であらねばならない。 

座間(相武台)の大変態
 じゅんろう君などは、若きにして、もうすでにこの領域にある
   実に感心な奴、愛すべき人間である。
posted by 朝市・夕市 at 06:12 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月11日

3秒ルール

会場でビデオ撮影をしていた、磯ちゃんが
 オイラが話を終わり、彼の隣の席に戻ると
  「14分何秒だったよ!」と教えてくれた、

演壇から覗く、計68個の入校生の瞳の中に
 幾つかのキラキラを見つけることはできたが、
  その話の中身が、他の彼等にもどう伝わったか、
   そして、34名の聞き手の今後にどう影響を及ぼすかは
    まあ、神のみぞ知ることで、

オイラが元気で、しかも、この演壇に毎度の御招待が有れば
 彼等の今後の瞳がどう変わったか、つぶさに検証できるのだが・・・・
  計4回のこうして与えられたありがたき機会に、
   オイラの心境も随分と、変われば変わったものである。

閑話休題

一期一会、そのきっかけ作り、糸口に、『挨拶』 がある、
 アゲチン会の上級幹部(笑)ともなると、
  *「3秒ルール」 が適用できるが、
     それは、特別、格別のルールで
       めったに、その出会いはない!のが現実である。

  *出会いの瞬間で、同種の人種と瞬時判別ができ、
     即、わかりあえ、尊敬しあえる、出会いのルール、


もっとも、その手の人種がこの世にあふれていたら、
 それはもう収集のつかない日本になっているだろうが、

さて、一言『挨拶』と言っても、スピーチもあれば
 こんちは、おはよう、いらっしゃい、そして握手、などがあり、
  そしてオイラが切実に求めてやまない、
   間近な瞳を見つめて、目だけでするものもある。

『人は人によってでしか幸せになれない!』が
 オイラの持論であるが、
  その、この人との連鎖、繋ぎ 
    そこに挨拶は、欠かせないし、一番大切な因子だと
      オイラは確信をしている。

かつて、オイラを訪ねた人間が
 最高の経営者は、どんな人にも
  いつも絶やさぬ笑顔で、
   いついかなる時も、変わらぬ気持ちのいい挨拶、応対ができる
それが極上、至上の経営者で、
 実はめったにその手の人物はいないそうである。

『挨拶』が大切、大事 という人は少なからずいる、
 オイラの仲間にも、特に
  (自称)経営コンサルタントとか中小企業診断士とか
でも、おもろい事に、
 その必要性を語る、そうした職種、肩書きの人物に限って
  実は相手を選び、自分のその日の機嫌を選んで、
  お前さ、普段から何いってんの、何ほざいているのっていう、 
   実に不愉快な奴を沢山見ることができるのだが、

っまそんなことも、オイラは、それを他山の石にして、
 そう、お前もだ!と、かげ口を叩かれないように
   自らも、そして、オイラのまわりを囲むスタッフ、
    またあまたの縁ある人々にも

そうした挨拶ができるように、
   自覚、反省、そして変革を促したいものである。

昨日も、そんな『挨拶』を機に
 大口の店には、店内、店外に沢山の人が集ってくれた、

嬉しい事に、昨日だけで、
 4グループ程の大口通りの賑わい復活の勝手連
   そんな彼等との連携が生まれた。

出会いきっかけ、
  そしてそこから続く、人との物語に
   『挨拶』は、ことほど大切で

実は、そこに、 今現在の、その人の持っているもの、
  すべてがそこに凝縮されている
    そういっても過言でない様に思うのだが。

posted by 朝市・夕市 at 10:21 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月10日

一匹

さて、今日は13:00〜入学式
 来賓代表の挨拶を頼まれている、
  今回で卒・入式の挨拶は、はや4回目になる。

過日の卒業式では、
 3年間で立派に成長をした!そう実感できる何かが、
  卒業生のそれぞれの体から漂っていて、

オイラ何気に、晴れがましくも、嬉しかったが、
 今日は、演壇の前には、どんな瞳が並んでいるか、
   いつものことながら楽しみである。

4月27日と、6月15日、御髭の先生に
 大学授業の講師も任されている、が
  仮に、がっちり、受け止めてくれない、
   あるいはキラキラしていない瞳の整列を前にしても、

「いつかわかってくれる」
  「必ず頭の片隅に生きていますから」

 の、そんな御髭の教授の言葉を、励ましを、気休めを信じ、
  今日も、いろいろとくっちゃべってくるか。

閑話休題 

昨日は、アゲチン会のメンバーで、
 主に『食』に関係する人間が
  冠婚葬祭用の 「かながわ商人の会」 のパンフ作り に  
   濱の市 大口店に夜7:30に集まった。

昨夜は、嬉しい事に、珍しい事に
 あまり、本会には来ない、
  三浦の連中がなんと3名も参加をしてくれた、
   彼等は、「三浦活性会」という、組織の面々である。

いつも、くるときは仲良く、連れだってやってくる、
 たった一人で本会、別会に来ることはまずない。

それは決して悪い事ではないのだが、
 いずれは、アゲチン会の本旨でもある、
   『 たった一人きりでもやる!』  そこに行きつき、

さも三浦を代表している、仕切っているかのように、
 でかい面を引っ提げて、一人で、本会に乗りこんでくる
  そんな、人種になってもらいたいと、思う。

いつの日にか、そんなシーンを見られるのを
 オイラ楽しみに待っている。

自身は益々老いぼれながら、
 周りの成長を待つ!は、少し寂しげであるが、
  重要な仕事である、

なんて、オイラ自分に言い聞かせながら、どこかで『老い』 と戦い、
 心も、体も、〇〇〇ンも、生涯青春の旗をなびかせ・・・・・

さてさて、ボチボチ、おっとり
 軽く40は若いつぶらな瞳の見学に、

いつものように、原稿などなく、今日もアドリブでいくべ!   

posted by 朝市・夕市 at 12:08 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月09日

バトン

   ウナギの完全養殖に成功 したそうだ、
その過程においてホルモン投与もあるので、
これから安全性を確認する、検証する、そんな段階にはいる様である。

海外はともかく、
国内における、水産資源、その枯渇問題は、
先の、鮪の問題の時にも、このブログに書いたが、

次世代にその資源をどう残していけるか
 今ある人間が、関係者がそこを切実に考える、
  その心の、大いなる欠落にあると思う。

『それはそれは綺麗な魚でさ、川の宝石と呼ばれていた
   ヤマメ って魚がね、昔は、この毛ばりで釣れてね〜 』 

 とか、

『 昔はさ〜、あんな魚がいてね、 それゃ〜旨かった!』 

 なんて話は、したくもないし、聞きたくもない。

ともかく、オイラの趣味の世界、
 何回でもこの話はするが、
  キャッチ&リリース区間に、入り込んで
   餌釣りで、日に100匹単位で、平気で持ち帰ってしまう

そんな日本の釣り事情が、国民性?が
 この国の、漁業(遊魚)の姿を顕著に現している、

てめえさえよければ、
 そして、今の代、自分の生きている代さえよければ、

どうも、これは、釣り、漁業に限ったことではなさそうだが、
 実に貧しい考えで、実にゆゆしき問題である。

閑話休題
   
昨日は、14:00〜
大口通りの組合事務所で正副理事長と打ち合せ、
残念ながら御髭の先生は欠席、

で、その場に、若者が2名、突然やってきた。

何を言っているのか、何をしたいのか
まあ、オイラ、難聴も手伝って、意味不明、
その場で、もう一度、聞き直し、少しは皆さんも理解をする、

後から、頂いた名刺で、オイラ再度、本人に確認、

どうやら、この町、大口が好きで、愛していて
 元気だったころを懐かしみ、
  仲間と、愚痴を言って集まり
    賑わい復活の、飲み会勝手連を
     今30名ばかりで作っているそうで、

ライブも含め、いろいろと企画あり だそうだ。

まあ、商店街は、この手には以外にも、冷たい(笑)ので
 オイラの、責任のもと、さっそく当店周辺で
  大いに暴れてもらうと思っているし、是非、そうなってほしい!

この町を愛し、そして現状に憂いている、
 そんな愉しい人達との出会いが昨日はあった。
posted by 朝市・夕市 at 08:54 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月08日

スイッチ

「金のゆりかご」 という長編の小説を今朝読み終えた。  

オイラが読み進めるペース、
 石田衣良・重松 清・山本一力・井坂幸太郎などは、おおむね
   最初からいいピッチで、後半は少し速度を増してってところ

異常なペースだったのは、 かつてオイラ両足骨折入院中に、
 高校同窓の宮道君が見舞にと持ってきてくれたダビンチ・コード 
  
これはもう例外中の例外で、初めからそれはそれは凄い速度で、
    しかも上下巻をアッという間、
入院中ということもあって、確か1日半で読破したのを憶えている。

まあ、そんなものに出くわすことは、今後はめったいと思えるが・・・・

今回の本は、まず前半はやたら重かった、遅かった
 なかなか、進まないし、しばし放棄の時間もあったほどで
   このまま、車の中に捨て置きか〜

で、しかしながら、どこかでスイッチが入った、
 こうなると、加速度的に「しおり」の位置が、左サイドに移っていく。

何処で、どうしたタイミングで点火、発火するのかしれないが
 この辺が小説、本を読む の醍醐味なのだろう。

まあ、人生の面白さ それもかくありたい、
 そして、手を付けている、様々も、できれが終末、終結に向けて
  そうあってほしい。

閑話休題

今日は、大口通り商店街に
 川崎 銀柳会の役員がやってくる。

大口商店街の正副理事長と
 第2回目の商店街コラボの打ち合わせである、

たまさか、オイラは初会合に出席し、今日も図々しく出席である、
 また本日はアゲチン会のメンバーでもある御髭の教授も一緒である。

大口通り商店街、出店をしてよくわかったことは
 とても、のんびり、まったり、
  そして、人間関係が濃密であること、これに尽きる。

でも、それを今後、維持継続するには、
 ここで商売をするだけの集客を、その数のボトムアップを
   少しばかり考える必要がある、オイラそう思う。

いかにして、この町に来てもらうか
  川崎との連携の中で、オイラはその道探し
    ヒント作りをしてみようと思っている。

4月から役員改選で、
 オイラはこの商店街の事業部委員の一員なのだから。

集積としての、そして個としての魅力作り
 オイラの今しばらくの、大口での課題である。
posted by 朝市・夕市 at 09:17 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年04月06日

鍬入れ式

感動、感激、
 それはオイラが日常に求める、最たるものである。

時に漫画、小説 落語に、
 小耳にはさんだ、友人、知人のあれこれに
   涙することもしばしばである。

毎日をキラキラ生きるは、
 そんな涙する、水気たっぷりの、目の輝きが
   それを如実に現す。

自分で言うのもなんだけれども
 オイラが他人から評価をされる点は、この一点のみ
   目の輝き。 

唐ゼミの主催者の中野君からは
 10年眠らない目 そう形容されたことがあった。

感激や感動、ウルウルを求める、
 そんな毎日がこれからもずっと続くような
   自分であってほしいと願う。

今日は、平塚、大門通り、ツネキの所に夜、御邪魔をする。
 行く場所はそこでも、いつものアゲチン会でなく
   『かながわ朝市交流会』の用向きである。

いよいよ、今年11月のここでの
 『かながわ朝市サミット』 第2回
   開催はまだまだ先だが、今日は 『鍬入れ式』 といったところか。

参道復活大門通り賑わい復活
 そして大神様の通る道ならし、いよいよ、本格始動!
posted by 朝市・夕市 at 09:07 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。