ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2010年09月12日

ダッチロール

みなとみらいの入り口から
 首都高に乗り、そこから保土ヶ谷バイパス
  の経路をたどる予定で車を走行させていた。

横浜公園ランプを通過し、横浜横須賀道路方面に舵を右に切る、
 かけていた中島美嘉のCDの音が消える、あれ〜
  清水台の所を通過中で、この辺は電波状況が悪い、

でも、CDだから関係ないじゃん!
 そのうちに、ナビの画面が消える????

abs の黄色のランプがともる
 お次はバッテリーランプの赤表示、
  なんだかわけのわからんのが、続いて2つ点灯。

都合、黄色1つに、赤3つの表示
 ハンドルが重い、かなりやばい状況だ!

そうこうするも、何時しか車は保土ヶ谷バイパスに合流、
 このまま直進は、かなりやばい予感が、

急遽、保土ヶ谷バイパスから左に舵を切って
 横浜バイパスに入り
  ディーラ―の所へ向かう、ライトはすでにつかない、

そのころになると、文字盤が消えたり、ついたり
 三ツ沢降り口近くでは、燃料のメ―タ―が0を指している
  スピードも20kmがやっとの状態、

後ろからはクラクションの嵐、
 いつ、止まるか、立ち往生をするかわからん始末、
  かなり、焦る、アクセルを全開に踏み込む、
   プスプスプス 停車寸前

ハンドルはその重さを一段とます、
 その間、ディーラ―のフロントとやりとり、忙しい

三ツ沢のひとつ前でバイパスを右に降りる、
 かなり重くなったハンドルを力任せに右に切り、一号線へ

三ツ沢上町の信号を左折して、
   邪魔にならんとこ、に緊急停車。

いったん止まり、エンジンを切る、
 再始動!をかけるが、ウンともスンとも、いわなくなった、

その後、ディ―ラ―のレスキューが来て、まずは迷惑最小限に、
 予定していた方には、迷惑かけたが
  昨日のトラブルでは、一番の危機回避のタイミングだったと自負、

今日から、山形行き、
 出掛けに際し、この事象は不吉?あるいは吉
  まあ、人生には、いろんな事があるもんだ。

14日までの旅で、完治してることを期待する、
 あいつもそろそろ100000キロ、少し骨休み。

posted by 朝市・夕市 at 09:39 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月11日

やはり女は強い

1年3ヶ月にも及ぶ拘留にも、心折れず、くじけず耐えて
 見事無罪を勝ち取った、村木氏、天晴れ!というより他にない。

かつての部下も、検察に屈した己の恥じを、罪を素直に認め
  彼女に懺悔をした、その姿も、なかなか気持ちがよかった。

まあ、それにつけても
 つまりは、女性のもてる忍耐力、の勝利って事になろうか、

男は、こうしたシーンに直面すれば
 普段の強がり態度とは裏腹に、誠にか弱く、実に情けない動物だと、
   己が身をもってしても、それは明白な性である。

オイラなどは、多分たった一日の拘留で
 アチラのシナリオ通りに、うなずき、サインもしてしまうだろう。  

検察も、男と女の違い位わかっていよう、というものであろうが
 まあ、『女であること』 を軽く見たのか
  つくづ く、女は恐ろい!強し!
    いや、失礼!素直に、この点は尊敬をするばかりである。

彼女に、晴れがましい日が、またしても訪れたのは、 
 それは、彼女の意思のなせる技、
  『無罪』 を手繰り寄せたのは、彼女の強い思い!

オイラも、かく生き、そうありたいものである。

閑話休題

9月18日の、大口通りイベントのパンフが出来た!

  1丁目会の市だから、こんな名前にしてみた。
       IMG.bmp
このイベント責任者、
  先日の打ち合せでリーダーの任についたK氏
   実は、商店街の理事さんである、

今回、先の1丁目会の皆さんとの打ち合せで、

彼が初めて口をするのを聞いた
 あるいは、発言をするシーンを初めて見た!

そんな皆さんの驚きの声が、
  オイラの耳に届いたものである、

 「 いったいどうしたの? 彼 」 皆さんの感想である。
 
第一回目、賑わいはそれほど期待できないだろうが
 こうして、町の人間が積極的に変わって行けば

自ずと、明るい明日が訪れるのは明白で
 やれば出来る!
  それを間近に、実証出来る、

ともかくも、
 いよいよ変革!カウントダウンになってきている、
   オイラ、心をときめかす日々は続く。  
posted by 朝市・夕市 at 14:27 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月09日

実りの秋

鈴木宗男・佐藤 憂
 彼等をテーマにした漫画の連載
  確かスぺリオールで始まったばかりだったが
   奇しくも、鈴木氏が収監になってしまった。

彼等は様々なシーンで検察の批判を繰り返しているが
 果たしてその真相は?
  また厚生省の村木氏の判決は、
   そして小沢氏の行方も気になるところだ。

どうにも、オイラは、その手の国家権力には、
 ただでもむずむず、怒りをただでさえ覚える所だが、

そうした場面に自ら出くわせば、
 彼等の本質がわかろうと思うが
  今後、そんな機会が、実体験が、
   果たしてオイラに巡ってくるであろうか。

さて、昨夜は大口通りで9月18日のワゴンセールの打ち合せ
 与太話が、どんどん面白く転がり始める、
  
隣の肉屋の若と雑談程度の企画が
 祭の準備を契機に、商店街の1/3を占めるエリアの
  合同企画に変わって行く。

とにかく 『祭』 と決定的に違うのは
 今回の計画が、商店街の日常に落ちていくこと
  そう、個店の売上、宣伝に役立つこと になることだ。

もちろん、商店街全体の波及効果も絶大!って
 オイラは信じているが、

まずは、月に1回のペースで、
 そして 来年春の声を聞くころには
  毎土曜日に、開催が出来るようになれば と 思う。

自分でも、
 以外、想定外に、めちゃ早いペースで商店街の改革が進みそうだ。

そして、昨日は、
 三重、南伊勢町からまたしても小山町長の来訪
  アンテナショップの件も、予想外なスピードで事が進んでいく。

  実りの秋! の到来
posted by 朝市・夕市 at 10:18 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月08日

単なる象徴

2005年の前回調査に比べ
 過去最大、22%の就農者が減った
  そんな記事があった。

しかし、これは果たして、就農者だけの問題なのだろうか、

そう、その間5年 
 たとえば、横浜中央卸売市場も一段と厳しさを増したし

人口370万都市のこの横浜でさえも、
 商店街の衰退が相当に進んだ、
  市内で、今元気な所は、片手で数えられるほどだ。

生鮮3品店はいうに及ばす、
 相当数の小売店がこの5年間に廃業に至ってしまった。
  これも今までになかった現象のように思える。

残る、商業エリアは、量販店であり、デパ地下であり
 駅中でありと、果たしてこれからの町、個店はどうなって行くのか?

『農』の問題だけではない、
  切実な明日が、今の日本に控えている。

『農』は、そのひとつの象徴にすぎない!
 そうオイラは思うのだが、

日本は、巨額な財政赤字もさることながら
 ここにも、将来に、大きな問題を抱えている。
posted by 朝市・夕市 at 11:30 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月07日

とどめおかまし

来年の4月21日で、オイラはとうとう大台に乗る、
 その日が来るまで今年、来年の前半と、
  大いに50代最後の時を謳歌しよう!そう思っていたら、
   本当に前半だけでも、それはそれは充実した年になった。

反面、憂欝材料は本業&・・・の業績で
 昨年の9月あたりから、世間一般と同じ環境に突入し、
  御多聞にもれず、当店も最高益から一転、
   今期は1/5の収益に落ち込んでしまった。

また、こうした中で、
 昨年12月には、この状況下で大口通りに出店
  これも、まだ軌道に乗らない(予想通りなのだが)状況だから
   オイラの、この手の悩みは尽きない、が

さて、この事態をどう改善する、次にどんな手を打つ?と
 あれこれを考え、どうやってスタッフを燃え上がらせるか?
  実は、これに頭を使う!は

あるいは、こうした局面こそ燃えるオイラだから、
 案外、この状況、丁度いいのかもしれない、
  そう強がってみたりもする。

話は一転するが、
 昨晩から今日、いよいよ秋の気配が台風とともにやってきた、
  秋の夜風に体を任せ、御蔭で、ぐっすりと眠れた、
   季節が移ろう、まさに新章に突入!の感がある。

大口通りは、蒔いた種に、水をやり、肥をやりして
 そろそろ8ヶ月、ボチボチと町に店に、芽が出てくる気配が漂う。

とにかくオイラ、
 様々をトライ出来る、己が環境に目いっぱい感謝をし、
  いつも、いつでも胸を張れる何かの為に、
   力を注ぎこむ!その姿は堅持したい。

実は、それが、
 本業の業績回復局面でも大いに役立つ、
  つい最近、そこに気がついた。
 
明日の、未来のこの国の為に、何かをやる!
 本業以外の余計な事に
  それは、結果 
   坪倉良和個人、ひいては坪倉商店、濱の市の存在を際立たせる、

是非、そこに行きつくまで、
 到達するまで、徹底的に、あれこれ、余計をやってみようと思う。

吉田松陰の辞世の句 ではないが

 たとえオイラが没しても 
  とどめおかまし、濱の海坊主魂 
                  となるように。
posted by 朝市・夕市 at 12:22 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月05日

待ちこがれる日

はやく明日にな〜れ
 あるいは、はやく、その日に ならんかな〜

待ち焦がれる、
 あるいは渇望する、そんな日があるからこそ
  オイラ今を、今日を充実して生きられるってしみじみ思う。

今月は、全国放浪が2回ばかり待ちかまえている。

他にも何日か、それに類する日、待ち焦がれる日を
 オイラ抱きかかえている、御蔭で
  申し分無き、充実した日々を送らさせてもらっている。

今月のとどめは、9月30日のアゲチン会ってところか、

でも、申し分無き日の合間に、シッカリと現実を見据えて
 あれこれを、修正しなくてはいけない。

これこそが、実は肝心なところで
 申し分無き日は、
  現実から目をそらさない
   そして、困難に立ち向かい、明日の未来を切り開く

その為のエネルギーを、諸々を、
 オイラの隅々まで充満させる、浸透させる、そんな役目を担っている。

今日は、これから事務の雑務を終え、
  シンボルタワーに顔をだし
   そして大口のストリートライブに顔を出す。

心なしか、今日の風は、秋の臭いがする。

果たして、どんな一日に、またどんな出会いがあるか
  いつもの、せわしない、サンデー。
posted by 朝市・夕市 at 11:56 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月04日

手本

今日は、横浜中央卸売市場地域交流会
            9:00〜11:00
 星槎栄光学園関係者が、初めてこの日に、来場してくれる。
  
明日は
 シンボルタワー祭 10:00〜16:00

 大口通りでは、尺八マンによる ストリートパフォーマンス と
                            15:00〜18:00

9月に入り、
 より一層スケジュールに拍車がかかる、いいことだ。

明日の天気も問題はなし!
 しかし、空の雲に秋の気配を瞬時に感じることがあるが、
  こう夏日が続くと、その気配も何処かに吹き飛ぶ!
   本当に、秋が来るんかいな? なんて思ったりもする。

9月10日までの週間予報を見ても、
  オール晴れ、しかも最高気温が30度以下無し となっている。

今年の天気は、そう政治もだが、すっかり狂っちまっている、
 まあオイラは、いつもながら完全にイカレテいるけれども。

昨日は
 山口、萩より、来客あり
   狂気を身にまとえ 吉田松陰の生まれた輝かしい地である。

たった一人で日本を動かしたと言っても過言でない人、帳本人
 かの地を訪ねて、その狂気を、是非身にまといたいものである。

人間、たった一人でも
 その気にさえなれば、できる!成せる!

いい手本が、いるのにね、
 山口県出の現、日本の親分さん、シッカリしてもらいたいものである。 

posted by 朝市・夕市 at 05:59 | 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月03日

充実の年

昼は、「喰う会」の縁で、
 木曜定休が多く、かなりさびしい町、
   大口通りに安田さんが来店しれくれた
   しばし、歓談、またひとつ 縁が紡げそうだ。

夜は、
 松山(愛媛)、三条(新潟)、駒ヶ根(長野)、
                       美川(山形)、一戸(岩手)
 の面々が市場に集まって、
  横浜中央卸売市場祭での
      市町村アンテナショップの現場打ち合せ

どんな形でも、まずはやってみることで
 18:30〜21:15まで、話が盛り上がった!

いっそ、市場内、
 オイラの店のひとコマを、アンテナにしちまうか
  そんな方向の結論も出て解散!をした。

昼と、夜の部の方には、
 それぞれ9月18日(土)に、再参集!

今年は、
 全国区の役人、
   全国区の政治家の集まりにお招きいただき

そして、
 中村文昭、川原尚行という素晴らしい人物にも会え

また、大口通りでの活動は、肝心の目標の活性化に向けて
 錆ついた車輪が回り始めた!って嬉しい予感もする。

ここのところの
 本業の、落ち込み、大口店のまだ赤字 の懸念がなければ

もう、いうこと無し!なのだが
  そう人生は、うまくいかないわな、甘くないわな!

まあ、だからこそ、面白い、ともいえる。

目の前の現実を踏まえ、そこからも逃げず、解決の道を探り
 そして、輝く明日の日本の為に
  何かをしかける、なんでもいいからまずはやってみる・・・・・
 
本当に、充実した年であると、しみじみ思う。
 また、来年も、そしてその次も
  こうして沢山の素敵な人に会えて
   益々、充実の日々を送れること! ただそれを願うばかり。

いい人生をおくらさせてもらっていると、しみじみ思う! 感謝!

今日の夜は、アゲチン会のメンバーの数人に会える 
 久しぶりに、平塚の面々の顔も拝める。

posted by 朝市・夕市 at 08:26 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月02日

昨夜は大口商店街の祭の打ち上げ
 会場は  なんと 濱の市
       IMG_3323.JPG
 皆さん すっかり盛り上がって、楽しいひと時であった。

 オイラは片付けをし、スタッフと話を少しして
   車に乗りこんでびっくり!
    もう、すでに日付が変わっていた。

途中、退席をした最長老のふたり
 なんと、あのジャンボロープの考案者、言いだしっぺ   
   当初は2人で、考え、またあの準備をしていたらしい。

『 あの頃は、みんな儲かっていて、余裕があったからね。 』

 『 同じ、イベントは二度とやらない!
    そんな矜持が、私達にはあったけどな!
           今は、前例を踏襲するだけでさ。 』

そんな先輩の前に陣取った、現理事長
  しきりに、やりづらいなぁ〜! を連発していた。

そう、思えば、市場人も
 昔は余裕があった、故に、粋な人間が本当に多かった。
 
確かに市場には、今よりも数段荒くれ者もいたが
 反面、文化人、教養人もごっそりいた。

儲かって、時間があって、人生を楽しんで
 そして、誰の為でなく、人様の為に汗を流す、

そんな粋な人間の風景は、何処へ
 そして、またいつの日にか、めぐってくるのであろうか?
posted by 朝市・夕市 at 10:13 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年09月01日

創業初日

開店当初からいた若者が、また一人8月で一杯でやめた。
 
若い彼等に、ビジネスチャンスを提供をしたつもりだったが
 まあ、場所が場所だけに、
  若い彼等は、志半ばで挫折をした、そんな塩梅である。

捲土重来、研鑽、修行をしてまた舞い戻って来てくれたら
 そんな風にオイラは思う、

挫折、失敗を山ほどして、
 泣いて、汗流して、
   実はそこにこそ、
    生き甲斐、夢が転がっている。
 
これはオイラの 「人生を生きる」、
             「夢をつかむ術」 の今や持論である。

濱の市としては、これで本来の『魚屋』というスタイルに
 原点回帰ってことになる、
   まあ、ふりだしに戻る!ってことだ。
  
オイラも、この店のこれからに、正直今だ、迷い、逡巡はある。
 
8ヶ月程回り道をして、 
  でもシンプルに、そして力強く 魚を訴えればいいと思う。

先日の北鎌倉出会った御婦人の文章を借りれば

  大口通り 濱の市、魚屋カフェが
    魚をかいして
     人間讃歌の愛の磁場 になってくれる事を切に望む。

その辺は、随分と回り道をしたおかげで、店関係者の皆さんに  
 果たして、商い とは
   店が 町に関わる とは、
     の理解が格段に進んだ様に思えるのが、救いではある。

さてさて、今日から、創業である。

posted by 朝市・夕市 at 11:40 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。