ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2010年11月17日

電飾

全国から、
 横浜は みなとみらい に
  お集り頂いた各地の県警さんは、
   今はすっかり引き払って
    また、いつもの横浜中央卸売市場付近の風景に戻った。

思えば、御蔭で年間最高の釣りシーン、
 指をくわえて・・・・・なにもせず
  こんな年は、初めてで

みなとみらいの各施設も
 売上は当然相当ダウンしたはず 
  パシフィコ横浜に至近の商業施設は休みにしていた所もあったとか
  そこには休業補償などなされたのだろうか?

さて、今宵は大口通り
 年末電飾の設営
   IMG_5437.JPG
  20:00〜開始で、なんと終了は23:40

ロープにライトコードをくくりつけ
 それに電球をつけていく
   ライトコードをつけたロープが〆て100本程

その一つ一つを
 380メートルの商店街の道路上に等間隔で張る

まあ、総勢30名位 皆さんで力を合わせて
 結構大変だったが、終わればさりげなく気持ちがいい、

そして、
 なんとなく、どことなく 
  クリスマス、暮れの雰囲気もただよってきた、
     IMG_5447.JPG
まあ、とにかく、ここに出店しなければ
 そして自ら事業委員などに手をあげなければ、
  こうした事もせず
   あるいは、まったくわからず、

オイラにしてみれば、何も関わらずなら
  少しは体を休める時間もあろうというものだが

でもまあ、これも得難い経験
 まずは汗をかかなければ
  そして今やっていることの検証をし
    皆さんと仲間にならなければ

オイラが改革の、のろし を独りあげようとも
 果たして、なんら協力も得られないし
  当然、町の活性化もおぼつかない、

流した汗に、ムダはない!

最後は歩道の照明を消して
 電飾だけの雰囲気を確かめ、愉しむ。
       IMG_5453.JPG
        皆さん、お疲れ様!
posted by 朝市・夕市 at 01:19 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月15日

目指すは、濱のアメ横

まあ、無事に?
 なんとか一日が終わった、様だ。
 
壱の市への集客が、今一だったのが、すこし心残り。

土曜日、日曜日と、商店街全体にお客さんが少ない
 すこし気がかりではある、
   今日は、どうかな?

所で、出店をしてくださった方、
 すこしばかり陳列が大胆になって来た人もいて、嬉しいが

オイラは、もっと大胆に
 に少しばかり強制的指導っていうか
  他の店の陳列をいじくる、そんなシーンもあった。

まあ、ボチボチやりましょ!ってとこかな、

でも、まあ、総じて皆さんおとなしい、せっかくの道路
 フル活用して、もっと大胆に、もっと不法占拠を
  そんな所は、すこしばかり全体調整、指導が必要かな?とも思う。

目指すは、濱のアメ横

応援団で賑わいを作っている間に
 各店がそれぞれ、あれこれ考える
  できれば、店の特徴を際立たせる。

そして普段、各店が店を開いた状態で、
 千客万来となる町に
  それが、オイラの最終目的!

道程は遠く長い、まだまだ始まったばかりだ、
 やっと歩き始めたところ
  でも 遠くに光が見える道、

とにかく、歩き続ける!やり続けるしかない。

            看板娘?
   IMG_5281.JPG   IMG_5313.JPG 

応援団の面々

IMG_5301.JPG IMG_5318.JPG IMG_5334.JPG 
IMG_5344.JPG IMG_5345.JPG IMG_5407.JPG
    横浜商大でスカウト 近藤君
      IMG_5329.JPG長淵の手ハモニカ? いい味出してました。


だいぶ出店らしく!
IMG_5288.JPG IMG_5296.JPG IMG_5305.JPG
             IMG_5307.JPG 
さて、お次は
 IMG_5418.JPG
posted by 朝市・夕市 at 07:52 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月14日

試験日

今日は
 葬儀、
  事務雑事、
   濱の市には団体のお客様
    そして 壱の市 
     火曜日には新規開店の得意先、その段取り

あれやこれやと、ともすれば
 目の前の事をしているときに
  次に、次の次に
   混沌や もやもやが、頭を心をふさぐ かもしれない

が、そこはおもっきり深呼吸
 息を深〜くすって、はい!おもっきりはいて〜

まず、目の前を気持ちよく
 心、ささくれないように、
  相手、周辺にも そうさせないように
 
無事に、気持ちよく、晴れやかに
 今日の一日が、笑顔満開で終了しますように。

こんな日こそが、人間の大きさ の証明
 普段偉そうに!って言っている人間の
  真価が試される日。
posted by 朝市・夕市 at 09:09 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月13日

恋愛のすすめ

『 LOVE 』  と  『 LIKE 』 はどう違う?
  11月10日の朝日新聞の天声人語に、こんな言葉があった。

 前者は 異質なものを求め

   後者は、同質なものを求める 、心の作用

 「愛」には、不安定な揺らぎ があり

    「好き」には、どこか 安定 がある。

この筆者も誰かの受け売りで感心をしたようであるが
 オイラも、この表現には、少なからず心が動かされた。

異質なものには、人はともすれば心乱され
 不快や怒りを感じることもあるが、
   当然その逆も厳然と存在をする、が

人は己れも、相手も、
 いつもそこにとどまっているわけではない
  刻々と変化をしていく、それが常だと思っている、

それこそが、生きる、生き続けるの 
 本当に面白いところだとも、オイラは思う。

だから
 「愛」が「好き」
   「揺らぎ」が「安定」に変わっても、それは実に不確定、不安定、

いつも目の前の異質に、
 どう対峙して、そこでお互いをどう昇華させるか

もちろん、相性というもの存在をするが
 不快、わかりあえない、を できれば克服して
  克服するように努力して

互いの昇華を長く維持出来る
 そんな人間に、そんな関係に務める、できれば
  それがね、いいよね、やっぱ。

最近は、どうした風の吹きまわしか
 大体、そう思うようにして、
  そして実行できるようになって来た。

不安定な揺らぎを、愉しむ  ことかな?
 
恋愛をする! 

まさに 男と女の異質、そして個人の異質 
 その二つの異質をどう受け止めるか、だから
   多分、人間の修業には、 まさに もって恋、だとは思っているが

ともかくも
 揺らぎの中、合間、波間にこそ
  「今を生きる!」の醍醐味、エッセンスがぎっしり詰まっている、
   そう確信をしている、今日この頃ではある。
posted by 朝市・夕市 at 09:31 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月11日

販売体験

都合 4日(回)程
 小学生が大口通りの当店
   濱の市で販売体験をしてくれた。

4800円、4850円、7850円、7220円と
 10:00〜12:00まで2時間 
  当店の売り上げに、おおいに貢献をしてくれた、
   いや〜、なかなか見事!天晴れな数字である。

元気な声で、
  おはようございます、道行く人に声をかける。

 『 粗茶でございますが 』 
  これまた、道行く人、誰かれ構わず、熱い麦茶を差し上げ、
   飲んで頂く。

もちろん、買ってくだされば、
 明るい声で   ありがとうございました、
  また来てください!

商店街の 「あきんど」 のまさにあるべき姿を
 小さな子達が具現してくれて、
  まあ、当店も大いに反省、勉強をさせていただいた、
   そんな小学3年生の、社会体験、販売体験ではあった。

今度はお返しに、こちらから、学校に行って
   何かをして差し上げなくちゃ、罰があたる。

さて、何をすんべかな?
posted by 朝市・夕市 at 02:08 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月08日

真骨頂!

ソーシャルビジネスという観点、視点から
   今月19日に、2時間程取材を受ける。

取材先は濱の市の活動を、オイラを
 どうもその手と、部類と感じてくれた様である。

かつてオイラの知人で
 日本愛妻倶楽部を立ち上げた、山名氏が 
   ソ・シ・モ という言葉を
    流行らせようとしていた事があったっけ

 ーシャル・モチベ―ション

社会的な活動は、
 人の行動モチベーションをなぜに、こんなに押し上げる?

然り、と思う。    

ただ、自分では、
 その範疇を視野に入れて、目的にしたわけでなく

自分の職場を、住んでいるところを、
 商店街を、農業、漁業を、田舎を なんて考えていて
  行動をしていたら、たまさか
   いつの間にやら、他人様から見ればそうなって来たって話。

自分で汗流して、経験して、体験を通じ
 身についた、あるいは気付いたものは、
  確信になって、次の運動に結びついて行く、
   改めて、そう振り返る、思う。

そこから会得したものは、だいいち、ぶれないし、
 自信を持って堂々と推し進める事が出来る、
  誰に遠慮もいれゃせんし、他人様の批判なんて関係なし!
 
ソーシャルビジネス の真骨頂は
 まさに、ここにあると思う。  

昨日、星槎学園の学祭に顔を出したら
 こんなポスターが目にとまった
   IMG_5042.JPG
これからも、誰かのまね でなく
 ORE スタイル で いきていきたい! しみじみ。

こんな俺のどこが悪い!
 おもっきり開き直れる人生を、益々目指すべ!っと、
   いいポスターであった。

posted by 朝市・夕市 at 09:54 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月07日

可能性の追求

もうすぐ、高校の同窓会

以前、招待をした先生に対し、会場の入口で
  『 お前誰だったっけ! 』
    なんてお馬鹿な質問をした同級生がいた、

歳をとると、随分と違いのあった年齢差からくる様々な距離が
 一挙に縮まる!
  しみじみと、そう思う。

自分では気がつかない
 あるいは、敢てそう思わない様にしている、かもしれないが
  傍から見れば
   容姿もこれに准じて一挙に接近をしているのだろう。

学生時代の先輩、特に倶楽部活動ともなれば
 ひとつ違いでも、おいそれとは口を聞けなかった、

オイラ、この業界に入りたて
 当時はもうほんと、恐れ多い尊敬すべき大先輩方達にも然りで
  でも今は、何時しか ため口 を聞く そんな関係に

まあ面白いよな、実にね、その時代時代の年齢差ってさ!

極短な例だ、
 たとえば、一回り違いの、
  もちろん若い女性とオイラ付き合う、恋に落ちるとしよう、

こちらが16歳、高校一年生なら
 相手は 「よんちゃい」 だ!
  まずまあ、4歳に恋をすること、落ちる事はまず、なかろう 

が、今なら 
 59-12=47
  もしかすると、恋にはまる可能性はあるわな、
    まあ、問題は、
     相手があることだ、けれども。

posted by 朝市・夕市 at 09:29 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月06日

横浜スキーム

横浜市の商店街空き店舗対策助成事業
 その合格者達、
そして彼等に資金支援をする立場にある金融機関のひとつである
 横浜銀行の融資担当者と
  オイラしばし懇談をする機会があった。

オイラはこれでも一応、前年度の合格者である、
 まあ、いろいろとあって助成金は一円ももらわなかったが、

合格した者に対しては
 1年間家賃半分と、
  什器備品を除く設備投資資金の一部が助成をされる。

前年の合格者、そして今年と
 全員をつぶさに考察したわけではないが、

果たして
  空き店舗を活用して、商店街の活性化を図る
   この主旨に沿った、あるいは実践を試みた、している
    合格者って果たして何人?って疑問がわいてきたところだった、

審査基準、そして助成のあり方
 あるいは合格者に対する資金提供を含めたサポートの仕方
  そしてただでさえ排他的な、肝心要の商店街との懇談など
   まあ、オイラにしてみれば、不備な点が相当目立つ!  

昨日も、今年の合格者
 11月1日開業の店にお邪魔をし
  飲食店であるそこで食事をした。

まずは、人の事は言えた義理ではないが
 個店としても、そしてここが町活性化の起点?
  少なからず、ガッカリをした。

たまさか
 その店のスタッフにお願いをされたアンケート用紙
その最後の欄
 「多分、もう二度と来ません!」 にチェックを入れてきた、

名刺交換をしていた
 オ―ナーからオイラの酷評アンケートに対し
  しばらくして電話をいただく   
  そこで、 正直に思ったままを述べさせていただいた。

決していやがらせ、怒ったわけではない、
 不快を感じさせ失った客は二度と戻らない、やっては来ない
  実は当店も、もったいない事をしてきた、
   そんなまわり路
    彼には、そうした無駄な時間を金を費やしてほしくなかった。

でもね、
 すこしばかり、間をおいて再訪はしてみようと思う。

とにかく
 商店街活性化の為の空き店舗対策  
  一筋縄でいかない、このやり方
    オイラなりには、
     改善傾向にはあるが今だ赤字を垂れ流している分
      随分検証を済ませている。
  
またしても、お節介病が発症してきたが
 ひとつここは 横浜スキーム なるものを 作ってみよう
   密かにおもう。

その仕組みで
 ほんとうに、活性化が出来るようになるように、
   志高い創業希望者が現われるように。
posted by 朝市・夕市 at 01:39 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月05日

生きている事

大口の店により、そこから鎌倉にいき、
 野毛に舞い戻り
  そして最後は県のサポートセンターに、
   で昨日は予定終了、お疲れさんの一段落! 
    いつしか時は21:40

昨日は、これにお通夜も発生 だったが
 流石に、この予定では、それには行けなかった。

行く場所には、いくつもの出会いがあり、待っていて
 その出会いから、もしかすると何かが始まる、
  すぐであったり、忘れた頃に・・・・・でもあるかもしれない。

予定がぎっしり
 あるいは体調すぐれず・・・・で、パスしようかな?
  なんて思っている日の集まりに限って、
   素晴らしい、とんでもない出会いが
    実は待っている事が多い。

人と出会う、
 そこから何かが始まる、それまでの自分がかわる、

己れを持たず、変幻自在
 片時もそこにとどまらず、どんどんあたりを吸収して
   絶えず変化をしていく自分。

生きていく!
 は、いかに数多くの人間と出会うか って事だとしみじみ思う。

出来れば
 己れが、いかに多くの人間に影響を及ぼし、
  また幸せに出来るか!

うぬぼれ屋、自意識過剰、ナルシストと言われようが
 それこそがオイラの
   生きること 生きていること の最終究極目的。

posted by 朝市・夕市 at 08:31 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月04日

いつかの釣行

まわりを変えよう、
 人も、世間も って思ったら
  まずは、自分のあり方、様を変えないと

人や世間の変わらない のを非難し
 それを、あげつらう人間に限って、自分はまるっきり出来てない!
  そうしみじみ思う、
    そう、お前は、何様だ!って、己の姿をしっちょるかって。

まあ、オイラも人の事は言えた義理ではないが、
 すこしはまともに生きてるつもり、

まだまだまだの人間が
 まだまだまだの他人様、世間を嘲笑い、説教、解説は
  笑っちゃうね!を通り越して、哀れでもある。

自分の、あるいは、その立ち位置、
 いつもそれを肯定しないで、それに満足しないで
  絶えず今を否定しながら、未来、将来を紡ぐ 
   そんな己であってほしい。

行く方の流れは絶えずして
    しかも もとの水にあらず、

いつも、このブログで書いているが
 人生は、きっとこんな風に、が いいのかな、
 
渓流釣り 
 魚を求めて、
  これぞと思う所に一心にキャストを繰り返し 
   足元に気をつけ、
    少し先のコースどりをしながら、釣り上がる。

ややあって、すこし休憩にする、
 ひんやりした川の水を、頭からかぶり、それで顔も洗い、
  木陰で腰をおろし一休み、

今日、それまでに釣り上げたシーン、
 そして魚のそれぞれを思い浮かべ
  あるいは、いまだ釣果無し!のこれからの作戦をしばし、

さて、ボチボチ、また行くか!  
 腰を上げ、立ちあがって 今きた所を何気なく振り返る
  はるか眼下に、出発地点を見出す、

いつの間に、ここまで、来た! の感慨がよぎる、
  
昇るに従い川筋は益々急峻になって行くが
 空気はどんどん澄んで、ひんやりが頬をなでる
  マイナスイオンのしぶきは、たっぷり体に降り注ぐ、

行けるとこまで、行ってみるか、
 日没までには、まだまだたっぷり時間がある、
  
美しい山の美女との出会いが、
 この先に、果たして沢山あるかな、
   そんな願いを込めて、また一心にキャストを繰り出し
     釣り上がる。
posted by 朝市・夕市 at 08:57 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。