ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2010年12月03日

人が大好き!

どうにもくだらない集まり(笑)
 そうした会にこそ、実はいい出会いが待っていることが多い、
  面白いものだ。

だから、どんな所にも、時間の許す限り、
 オイラは極力足しげく、通うようにしている、

会場に、そうした人間を
 一人見つければ、その日はそれでオ―ライ、上出来!
 
昨日も、『 出会いの大切さ 』
 そのための、名刺交換のハウトゥ―の講義を聞いた
  初対面の印象は大体7秒で決まるそうだ、が 

まあ、7秒をいわれるまでもなく
 3秒で、おお!同志!同類!
  そうした関係、人間をこそ求めて、オイラは出没する、が
   これがね、なかなか、そうは問屋が

自分の中で、どうしてもこれを成し遂げたい!
 そのめちゃクチャ強い願望があり
  そしてその遂行目的が、いわゆる世の中的で
   しかも我一人でも敢然と推し進めるならば、  

それを達成するための出会いは
 必然と目の前に現われる、天から降ってくる、
  これは、ほんと、摩訶不思議であるが
   実際に、オイラはこれを経験しているから、
    どうにもそうした事は間違いはない!そう思っている。

『 出会いの大切さ 』
  それを言う人は沢山いる、が
   うわべではなく、それを心の底から、どれほどの人間がわかり  
    実践できているかは、甚だ疑問

袖すりあう人々の中に、出会いを求め、発見をし
 どう、おもろし関係を築き上げるかは、

まあ、自分が充分人生を謳歌している!
 自分を自分を愛している、好き!
  そしてなにより 『人が大好き!』ってことだろうと思う、

作法、ハウトゥ―など関係なく
 相手が思わずとろける
  そんな気持ちのいい挨拶をいつも、を心掛け
   あるいは自然に出来

さてさて、今日も
  どんな出会いが待っているだろう。

posted by 朝市・夕市 at 08:46 | 神奈川 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年12月02日

ボチボチ、遺言

横浜中央卸売市場の中で
 多いに暴れていた頃からお付き合いを願っていた、
  横浜ポートサイド地区にお住みのご夫妻
   その旦那さんの通夜に昨夜は行ってきた。

かつては横浜中央卸売市場の衛生検査所に勤めていた
 役人の経緯もあり、の
  まあ、酒好きの、競馬好きの
   それはそれは、おもろい、おっさんだった、
     亨年は64才、ちいとばかり早い!

式場に着き、席に座る
 なんと亡骸が、棺の蓋をとって、安置をされている
  見れば祭壇が、なんと競馬場になっていて
   ゴールに迫る数頭の馬も、そこに配置をされている、
     どうも、すこしばかり変わった葬儀の様である。

刻限が来ると、喪主である奥様の挨拶があり、
 その後、数人が目の前の故人へ言葉をかける
  それが済むと、参列者は、折り紙の鶴を棺の中に順次沈めていく、
   そして、喪主と一言、二言、挨拶を交わし・・・・・

坊主もいなけりゃ、読経も、焼香もなし、
 しめやかに、とは程遠い儀式だったが
  しかし、『 葬儀は誰の為に 』 を
    改めて考えさせてもらった昨夜ではあった。

オイラ 天台の大僧正のいる寺の、
 檀家総代の立場だから、葬儀の仕方は、残された者の為にも

そろそろ、是非こうやってほしいを
 早急に、したためておかないといけない、と
  
故人の思いだったのか、
 あるいは奥様、長男の考えだったか?

不謹慎ないい方かもしれないが
 いい、事例をみさせていただいた、
  そして、何より、いい葬儀だった。

posted by 朝市・夕市 at 08:47 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年12月01日

範を示す

12月25日
 大口の濱の市は 早いもので、もう1周年を迎える、
   まず、まあ、いろんな事があった、な
    そして、そのいろんな事は、継続審議中(笑)でもある。

小売を通年やる!
 オイラにしても、これは初めての経験、
  そして大口の店では、飲食という事も始めた、当然これも初めて、

毎日ずっと店にいるわけではないが
 御蔭で様々を、よく勉強をさせていただいている。

幸い、気がついた所を修正して、修正して
 あるいは、不思議にも偶然に修正が出来て
  11月は売上、飲食の来場者数 ともに月間最高を記録した。

が、基本の、あるいは合格点のマダマダ少し手前
 そこにやっと店が到達したって段階、オイラは、そう思っている。

大口の店は、こちらの方が出店の主目的で
 かなり難しいと個人的にも思っていたが
  かかわって1年足らずで、
   町が、周回遅れの賑わいに向けて動き出す!感がひしひしと
    
店、町 とも
 来年はどう化けるか、毎日わくわくするくらい、とても楽しみだ。

いろんな事に挑戦を
 それも、できるだけ難しい事にあたる は
   やればやっただけ、当然のごとく問題が発生をする、

うまくいかない事はざらで
 とっかかりもさえも出来ない事もある、

やりだせばやりだすで、
 時に、関係者に不愉快な思いをさせ、
  また、こちらも傷つき ボロボロも多々あるが

動機が善ならば、
 あるいは、なんとか今よりよくしよう!がそこにあれば
  また、明日の日本を少しでも変えよう! なんて思いがのれば、
    
必ずや、相互理解が生まれ、
 事は、人間関係も、うまくまわりだす! そう思っている。

先の一学生のリポート
 この一連の授業で、一番感動した言葉、
  坪倉さんが言った これに尽きる、

   やろうと思えば、なんでもできる!

空の上の誰かさんから、お呼びが来るまで

  いつも、自らが、範を示せる、オイラでいたい。
posted by 朝市・夕市 at 08:50 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月30日

ひらひら

見るのを我慢していた
 事務所にあるカレンダーの最後のページ
  そこにある、12月の言葉は、

 『人はみんな、明日のことは分からないから
    生きていられるのです。』 でした、が

  なんか、せっかく最後なのに、
   オイラには余りピントこない!
    ち〜と、残念である。

来年はまた、オイラの寺から、
 このシリーズのカレンダーが届く、
  果たして、心打つ、文字が並んでいてくれてるかな。

ひらひらになったカレンダーをみて
 しかし、今年も、まあいろんな事があったとしみじみ

でもまあ、
 めちゃくちゃおもろい、そして充実した年でもあった、と 
  来年も、またかくありたい。

あっ! 残りの一ヶ月も、おもろい事が満載だった。

posted by 朝市・夕市 at 02:00 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月27日

伝播

昨夜は商学連携の打ち合わせで  
 横浜商大・横浜市大・商店街執行部の面々が 
  19:30〜大口通り商店街事務所に参集する。

オイラ本来なら、ここに出席の立場ではないが
 たまさか、商大との授業も含めての絡み、のあることで
  お店開業以来
   呼ばれてもいない(笑)のに、いつもこの会に顔をだしている。

確か、はじめて出席の会議の後、
 その後皆さんと一杯やってから、
   くだんの商大の御髭の教授を送るときに、

 『 坪倉さん、
    今まで連携をして
      何をやっても動かなかったのですが
                何か、動きだす予感がしますね!』 と。
                  
昨日の内容も、
 まさに、動き出すっていうか、もう動いている!を   
   実感した会議、打ち合わせ内容であった。

   「壱の市」の影響は、実に大きいことも、昨夜はっきりをした。

手前味噌
  自画自賛で言うわけだが(笑)、

再生の青写真を引っ提げて、 
 実際に町におもろい店をだし、
  計画の一部でもいいから、面白おかしくやって見せる。  

そしてオイラ的には、
 たとえ陳腐だと思われる商店街の前例、恒例、慣例にも批判せず、
  まずは検証を深める為に
   積極的に参加をし、そこで汗も流す、

こうするうちに
 あいつは本気で、町を変えたい!の熱は、
   必ず皆さんの心に届く! と昨夜は思ったものだった。

会議前、御髭の先生から
 過日の商大での、計13回の授業に対する
  学生達の個々のレポートを頂戴をした、
   その全部に帰宅をしてから目を通してみた、

ここでも、本気の思いは 確実に人の心に届き
 その後を変える!を泪目で読ませていただいた。

何も届いていない?と思えた、思われた、
 その時の現場は
  本気の、熱い心で、波立ち、動き始める!
   をしみじみと・・・・・・

まっ、夜更けた家のリビング 
 そこのリクライニングでレポートを読ませてもらっていたが
  横たえた体が
   益々つけ上がる! 起き上がる
    そんな自分もそこに発見をしたのだったが。
posted by 朝市・夕市 at 11:53 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月26日

おしゃべり

28日は
 某大学教授、某前大学学長、などとともに
  平塚は八幡宮で
   シンポのパネラーを務める。

さて、どんな話にもって行くか と
     すこしばかり思案のしどころだ。

何せ、横浜ポートサイド地区での朝市
 かつては毎日曜日に開催していたが、
  前回の朝市サミット 去年の11月29日を最後に
   以降、ずっと停止をしたままだから、

そんなわけで、
   シンポでは、余り大層にはいえないかな?とも思う。

この町とのかかわりは
 いろんな人間的な、ごたごたが片付き
  やろうと思えば出来る状態であるが
   どうも、そこまでして、とは今は思わない。

何せオイラ、商店街活性化、再生の方が
 俄然やる気が、モチベーションが上がっている、
  とにかく わくわく感、達成感、これからが、まるっきり違う。

ポートサイドの朝市でもそうだったが
 商店街の再生の肝も
  
やはり、
 『 気持ちのいい空間創造 』 だと思っている、
                まあ、これこそがすべて。

この辺を、題材に、切り口に
 ほんのすこしおしゃべりをしようかな、

シンポ時間がタイトで
 あまりくっちゃべっている時間はないはずだから 
  まず、おしゃべりな私には、まっ事 残念!ではある。
posted by 朝市・夕市 at 02:46 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月25日

知らぬ間に

穏やかな物腰、
 スマートな身なり、対応、それとは裏腹な心中。

仕事上、あるいは諸々で 
 大企業あるいは、その系列会社の人物と会っていると
  ふと、心に忍び寄る陰がそこにある。

もちろん、全部が全部、
 この類の人物ではないのだろうが
  どうも、初対面から、違和感が残る事が多い。

困ったことに、この直感は
 大概において裏切らない、から始末が悪い。

だから、どうしても一緒にの時は
 そこらを覚悟してってことになる、が
  それって実に寂しいよね!   

役人も、政治家も、そして大企業人も
 そこが、その居場所が、果たして人間を変えてしまうのか?

過日の同窓会、 蟻さんの話、
 自分を犠牲にして誰かの、何かの為には、
  
いつしか自己犠牲と思っているうちに
 永らく籍を置いたその場所で 
  いつの間にやら、
   自分でも気付かぬうちに、知らぬ間に
    自己を変質させてしまってやしないか?

なぜか、ふと、
  そんな事を思った昨日ではあった。

閑話休題

 〇 27日(土)は 恒例 
       
 濱の市 古典ライブ(林・上田)
               17:00〜19:00
    
           木戸銭 1000円 ですが
            19:00〜 演者を囲んで楽しい食事タイムに
             1 ドリンクがサービスになります。

 〇 28日(日)
      第二回 かながわ朝市サミット

      平塚八幡宮 参道 大門通り 
                    11:00〜15:00

      目標の100店舗に、あと3店足りなかったですが
         なんと県内朝市メンバーから
           97店舗が出てくれます。

      これを機に
        この開催場所の大門通りを
          参道という切り口から
           も一度再生!を目指します。

      この場所、通りで、5代続く 刃物屋さん
        桝屋当主 高橋ツネキ の願いが届くか!    

posted by 朝市・夕市 at 06:46 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月24日

黒幕の醍醐味

昨夜も、大口の濱の市で
 20:00〜 『 壱の市 』 の作戦会議!

次回を 
 12月12日(日)

 来年は
  115日(土)、予備日を16日(日)に決める。

また、12月26日(まだ未定)には、町会に依頼をして
   もちつき を 15:00〜 ストリートでやることにもした。

会議には、
 商店街から壱の市委員長、正副理事長他が参加
  支援隊軍団も、そこで活発に意見を開陳する
   何とも、いい雰囲気になって来た。

来るべき商店街の時代、
 オイラも、そう確信をしているが、
  まだ、ここ大口で、そこに向けスタートを切ったばかり

オイラは『 思い 』を行動に移して、時にもめごと起こして
 そして、まわりを引きずりこんで、形にしていく
  それは今や、オイラの真骨頂!

大口通りは、
 「いい気」 の流れる町に、確実に変身をしていく、
  そんな嬉しい予感をひしひしと感じている。

全国に、
 おおくちたたいて
  大口モデルが発信をされる!
   意外にも早い出来事になるかもしれない。

先人がつくってくれた
 まちづくり協定 には、改めて感謝をしつつ

これから
 どう金のかかない、作戦、ソフトを盛り込んでいくか
  それにかかっている。

とにかくも、
 反対を押し切ってここに出てきた決断が、
  たまさかではあるが、
   間違いではなかったと、改めて気付かされた
    しみじみ己自身が感じ入った、夜ではあった。

また、大口の店の、
 そして本業の店の、改革、革新も

ここに、こうした出店をしなければ
 気がつかなかった事が多々あるし
  また変革行動をおこせなかった、と、しみじみ思う。

さて今日は
 横浜水辺ナイトマラソンの打ち合わせ

100年後の横浜を描いて夢見ての
  壮大なビジョン実現の為のイベントにする予定、
   まずは、初めの一歩になってくれれば と思う。

今日、横浜市役所に集まる仲間が
 黒幕の醍醐味 をおもっきり味わえる、 
  そんなイベントに立ち上がる様に、今日の初会合に臨む!

posted by 朝市・夕市 at 11:35 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月23日

ライフワーク

横浜中央卸売市場の某水産大卸会社の社長は
 たまさかオイラの高校の3年先輩である。

市場で顔を突き合わすたびに、
  坪倉は、あの学校の面汚しだ!
   と、あしざまに言われている。

先週20日、実は中華街の同じ店で
 この先輩達4期生も同時刻に同窓会を開いていた。

が、4期の会場を覗くも、件の主が発見できず、
 その卸会社の事務所に立ち寄ったついでに
   社長室にその姿を発見、来なかったの?と聞きに行ってみた。

 「 たまには寄って行けよ!」と社長室でしばし懇談、

 「 所でさ、会社はいつまで(社長を)やるつもり? 」
    の質問を受ける、
     が、さて、自分でも、返事に困る。

今思うに、
 ここ横浜中央卸売市場に軸足を置いておく、は必要だが
  かつての様に、
   この場で小売のデモンストレーションをする気は、
    もう微塵もない!
 
さりとて、現在、そして近い将来も、
 ここで来場客を待っての
  売上増大は、もはや100%望むべくもない!

そんなこともあって
 今現在、市場内に所有している3店舗
  まずは一軒、年内に処分を決定した、
   そしてこの際、実はもう一軒も、
    処分してしまおうと考えてはいる。

必要なのは一軒のみ、
 いわば市場に籍を置くだけ
  本業の拡大は、概ねアウトソーシングで

そして、目下、
 同時進行で目指すべきは 小売店の再生 と 大口商店街の再生、

町の個店の繁盛の時代があり
 次にスーパー・コンビニの時代へとつづき
  ボチボチ、それも終焉に差し掛かっている、
   さて、次に来るのは・・・・・・・

それこそ、
 商店街の時代だと、オイラは思っているが
  全国各地をふらついていて
   いい味出してる所は、再生の形を成しているところは、
    ほとんど存在しない。

だから多分あと5年もすれば、
 日本から相当数の町、商店街は消滅する、
  せっかくめぐって来るチャンスだというのに・・・・・

幸い、大口通りは
 横浜市内では元町に次いで、『まちづくり協定』が締結されていて
  道路にお面した1階部分は必ず店舗に!
   強制力のある協定が存在をする。

そして15:00〜18:00は、毎日ホコ天
 長さも380メートル、一番街も合わせれば500メートル
  ほんと、やりがいのある、そして可能性のある場所ではある。

さて、話が戻るが
 社長は何時まで?

今の本業は、できれば とっとと任せて、退いて   
 次に来る波に、
  その波乗りを、多いに楽しみたい!って思っている。

多分、これこそが、
  オイラのライフワークだと思っている。

posted by 朝市・夕市 at 03:22 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2010年11月18日

あにば〜さり

政治家が
 役人の権化の様な答弁になっては世も末

しかし、まあ、柳田君、
 あれでよくぞ政治家、しかも大臣
  いい加減にしてほしい。

それとオバマ・官ちゃん、
 近頃、お二人すっかり背中が丸まって来てるね
  胸張って、堂々と、凛として国を背負って歩いてほしいって。

さてさて
 人にはいろんな出会いの記念日がある、
  オイラは、とある記念日のひとつを、明日迎える、が

その記念日も、
 実は、以前からの出会い、付き合い、人の縁がなければ
  何年か前の明日は生まれてこなかった、

これはね、確実にいえることだ。

人間を永くやっていると、   
 まっ事、摩訶不思議な出会い・縁がそこここに生まれてくる、
  縁が縁を呼ぶ!ってところかな、

絶えず夢を追うオイラ
 それも歳を重ねて、
  壮大になって行くそれの実現は
   こうしたあらゆる縁なくしては、
    縁が縁を、人が人を呼ぶ、そうしないと、

まずは、達成不可能、
 後継者発掘、無理って事になる。

あなたに会えてほんとによかった!
  心よりそう思える、思ってもらえる
   お互い様の人間関係

いつも、いつでも、もう一人の自分が
 おてんとう様 をしっかり見つめる、
  そんな人の道行きを、オイラは
   くたばるまで、ずっとずっと、したいと、心から・・・

あの時、あそこで会いさえしなければ
 そう後から忌み嫌われる人間にはね・・・・・・・

それと、
 ひ・と・か・ど から
  はなから相手にされない、

あるいは、
 志を持って何かに立ち向かおうとしている
   そんな人間に影響を及ぼせない、

そんな己れには、今も
 そして、これからも、永遠になりたくないものである。

posted by 朝市・夕市 at 10:55 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。