ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2007年08月21日

心の命ずるまま

いやぁ〜少しは心配した人がいたかな〜
今日ブログの更新がないぞって、さては、とうとう留置場かな?
そう思った人もいらっしゃったんじゃない。

実はね朝から立て込みまして、朝の立て込みは一日中響きます、
濱の市の今後について、ここ2〜3日少し議論があり、
今日も実働部隊長2名から、軌道修正の進言を頂きました。
そんな朝ミーティングがかなり響きましたね。

みんながつくづく、この「濱の市」を大切にしてくれているんだな、
そうありがたく、思う反面、何故もっと、メディアに露出している今を
みんなはこの大切な時期をもったいないと思わない。

そして濱の市のあり方をもっと高みに持っていかない?
少しばかり譲れないところもあったりした、
なんか悶々とした一日を過しちゃいましたっけ。

濱の海坊主なんて名のって、 実は強がってはいるものの
本当は、うじうじ、めそめそ、泣き虫、弱虫野郎、
そんなところを見破られないようにの破天荒野郎てな所かな。

リーダーの資質を問われ、がっかりの自分をそこで発見するも、
所詮、オイラがやり始めた運動だし、そして最終の目指すところも
この一連の運動から「今の日本を直そう」そんな大それた考えに至る

これまでのいろんな活動のシーンから、その都度を経て蓄積された
教訓、そして思い、そして方向づけ、
現場から得たそんなシーンオイラが見間違うはずもなく。

仲間を思いやる、そんな気持ちももちろん大切だろうが
でかいことは、まずお客さんである、市民、住民に指示されて
何ぼのもん、やはり、それがオイラの思い

そう 心の命ずるまま ゴーイング マイ ウェイ
それも跳びっきり破天荒のLawbreakerで行かないと
オイラに濱の海坊主を名のる資格もありゃしない。

なんか、この時間になって、やっとのことで
少しは吹っ切れたかいな、まだまだ情けね〜奴でござんす。
posted by 朝市・夕市 at 01:11 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月19日

Lawbreaker

先日の朝日の英字新聞が郵送で届く、
070819_0822~01.JPG
‘Lawbreaker’starts  marketsの見出しがついている、
やってくれたじやありませんか、記者のKさんに感謝。

濱の市 がスタートを切ったとたんに
オイラの言動から、離れていってしまった仲間が出る、
各会場が季節要因、暑さとかね、言い訳するとね
なかなか販売に結びつかない。

出店者のモチベーションが下がっていく中、
どうこの現状を立て直すか、せっかく話題になり、メディアの露出しても、
来場者にとって、そこがわくわくランドになっていなければ
なにをいっても、はじまらない、そしてお客様に失礼である。

昨日の夕市もかねてからの課題の出店者の参加がままならない、
そんな状況下で継続中である、
記事のおかげで、こんな不便なところに、お見えになる方が
確実に増えてきている。

しかし、この状況下では、お客さんにすいません、
心から叫んでしまう、じゃ、どうするよっ。
仲間に社員にあたって愚痴るわけにもいかない。

少し沈んだこころ、この暑さに反比例するかのような
モチベーションの冷ややかさ、新大陸を目指して
漕ぎ出したばかりで、横浜のインナーハーバーを出ないうちに
なぎ状態、オイオイ、これからどうなっていくんだい。

夕市の終了間際にやっとマグロが焼けた、かぶと焼き、
070818_1550~02.JPG
スタッフでつつく、ゆず胡椒を付けて、
みんなで頂く、ホームパーテイ。

落ち込んだ心に少し光がさす、
やっぱ仲間、まだまだゆるすぎるくらい、ぴしっとしない仲間
でも、やっぱいいよね、このつながり、

今日、ポストにこの新聞が届く、そしてこの見出し
そうだよ、オイラがめげてちゃ、何もはじまらん、何もおこらん、
そうそう、オイラは一生こいつがど真ん中に生きてなくちゃ。
      "Lawbreaker"
           070819_0822~02.JPG
すげぇ お気に入りの言葉になっちまった、
いほうじん よりも断然いいね、いいね、いいね。
何故か、急に元気が沸いてきた、このまんまじゃ、おわんねえぞ!

能天気とこの言葉をビッシリ身にまとって、
さてさて朝市会場にお出ましとするか、
まずは自分に、濱の海坊主に自身に かぁっ〜つ!

posted by 朝市・夕市 at 09:01 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月18日

道連れ

サッカー少年のバーべキューの集い、
全国からマリノスタウンに集まった380人の子供たち、父兄、
そしてJリーグ各スタッフ、総勢約500名(遠くは神戸)今年は2泊3日
でプリンスホテルに泊まることになり、この企画が出来たようである。
070817_1734~01.JPG
過日の日産スタジアムの企画、そして今回の企画。
どうやら地域に根ざした、お客さんに喜んでもらえる、
やっと目線がそういうところに行きだしたようである、拍手!

多分に大企業病に侵されたそんな組織からは、
とんでもない発想は生まれてこない、
たとえ提案が誰からなされたとしても、グチャット、ポイ!

あまり期待してない(笑)そんな組織に変化がおきると
何故かうれしいし、微弱ながらもついつい応援をしたくなる。
これもマリノスのS君、Iさん達の思いが通じたのであろうか。

次回、今度は日産スタジアム、お互い、もちつもたれつ
楽しい場にしながら、しかも濱の市の生業にもなる、
そんな企画を互いにやっていこう。

子供達への振る舞いが終わり、今度はマリノスの中学生に、
そしてスタッフという段になって、雷さんの声が聞こえた
オイラたちは撤退中だったから、果たしてどうなったか、

ドラム缶を半切りした8ケの焼き台、
自動火消し(笑)にあの雷さんは役立ったのだろうか、
070817_1639~01.JPG070817_1640~01.JPG

自分の会社を、組織の心を変えたい、こんなこともしてみたい
宮使いの身でそれを変えていくのは本当に大変なはず、S君Iさん、
もちろん社長さん、ご立派!楽しいひと時でした。

おいら達は宮使い?幸いにもそんな立場にない、いわば自由人。
もっと自分のしたいこと、大胆に体張って、そして
充分に楽しんで、時として、少しばかり脱線して、これからも。

夢を追う、恋を追う、確かに人は何故こんな面倒くさいことをするの?
きっとね、そこにたどり着く道に、
いろんなことが、わずらわしいことも含めてね、
沢山のことが待ち受けている、でもきっと、いや、
それが面白いし、人生を豊かにしてくれるんだろうから、
ときめきがそこにあるから、生きてるって実感できるから、
きっとねそういうことだと、思っているんだけれども。

人はたった一度の人生しか送れない、
あの時に、ああしておけばよかった、あれもしてみたかった、
そんな自責や後悔の念がその末期におきないように、
未練はあっても、悔いのない人生、これからも送りたいよね。

それも出来れば「濱の市」のメンバーや取り巻きの皆々様を
   道連れ にしてね。

さてさて、今日は夕市、明日は朝市、
        道連れの候補者探しに行きますか。

posted by 朝市・夕市 at 09:18 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月17日

久方のご対面

12日の夜、高島屋の前で友人と待ち合わせをしていたら、
見かけた顔に遭遇、あちらさんもこちらを認識?
不思議に見つめる二人、“泉屋か?”「坪倉さん?」

泉屋君、市場で釣りして仲間になった、おいらの倅くらいの奴、
かつて京浜運河の大同特殊鋼の工場内に夜半二人で潜入、
絶好の釣りポイントに到着、数投をキャスト、一尾も手にしないうちに
沖合いからの海上保安庁のお船のサーチライトに照らされ、御用!

後日スカパーでその場所が映し出されていたのに、思わずプゥ!
オイラは単独行で市場から橋伝いにインターコンチの駐車場や、
ヘリのナイトクルージングの場での釣りに行ったり、はたまた
これまで、いろんなダム湖に浮き袋浮かべて釣りをしたり、
そう、入り込んではいけないところで、実によく釣りをしていた。

“いい年をして”なんてつかまっては、お叱りを受けていた、
でも懲りない、やはり釣りの魅力には勝てないのである。
「いい年をしてる」から面白さがわかるのであるのにね、
わかってねぇな〜。ここらあたりから、もうすでに「いほうじん」

3年前にはインターコンチ方面からの釣行の帰り道、
あまりの爆釣(めちゃめちゃ釣れたって事)にハイテンション、
アドレナリン出っ放しで、つい橋の欄干から車の屋根に、
屋根から地上に、本人はすっかり牛若丸気取りで
着地も決まって9.9。その後一歩も動けず両足かかと骨折の苦い思い出  

泉屋とはもう4〜5年は会ってなかったか、
お頭に視線を感じる、“頭どうしちゃったんですか?”
って言われたって、毛がなくなっちゃたんだからしょうがない。

「釣りしてっか?」 
“フライをやリはじめようと思ってこの間タックル買ったんですが、
全然飛ばないんですよ、キャスティング教えて下さいよ〜”

てなわけで、早速昨日午前中に市場にやってきた奴に
9:00からレクチャーをひとしきり、
そう簡単にはマスターできないのが、この釣り。
CIMG0217.JPG
ラインをいためるので、海に向かってキャスト練習、
次は実際にフライを付けて、リトリーブ(ラインを手繰り寄せ)練習
あれま、セイゴ(スズキの幼魚名)の群れ発見、キャスト。

もうすっかり、教えるどころか、オイラが釣りしちゃってる、
釣りキチは大体こんなもの、
反応があるが、食いつきはしない、敵もさるもの、甘くはない。
泉屋のあきれる視線、そう、お前やってみろ。

彼もオイラんも仕事がある、体のいいところで切り上げて、
“マスターにかなり時間はかかるけど、この釣りは嵌るぜ!”
彼もルアー釣りに飽きたらしく、この世界の住人になるかな?

夕方、同じ場所に、そして今日の朝も、その場所で
そこに行ってキャストを繰り返す、頭から汗流してる釣り人がいた、
坊主頭、海坊主、 誰だ〜・・・・・。
まだ、お魚さんとはご対面してませんが、久しぶりのいい汗です。
posted by 朝市・夕市 at 08:40 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月16日

シフトダウン

確かに熱いのだろう、充分に汗をかく、
特に今や頭とおでこの境界線のなくなったあたりから汗が噴出す。
さえぎるものがないから、鉄砲水のように汗が顔面を下る。

老齢化(実に嫌な言葉であるが)してくると、
腕や手のひら等々、汗腺が退化する部分が多くなり、
おいらのようなお年頃になると、この境目のないとこらあたりに、
どうも汗腺が集中するようだ、そんな聞きたくもない話を聞いた。

シャワーを浴びる、この部分から流れ出る汗をタオルで拭き拭き、
車に乗り込み、エアコンを22〜23度にセット、風の噴出しを
思い切りこのおでこと頭の境界線に向ける、ようやく発汗が収まる。

フロントガラスから街のうだるような暑さを感じる、人が少ない、
どこか静か、街も夏休みのようである、お盆、そうお盆ね
お!そうだ終戦、記念日、あれま、黙祷もしていなかった。

一仕事といってもほんの何時間かのコアタイムを事務所で過し、
後は相変わらずの夢追い人の日々、
あちこちお出かけ、あちこちおよばれ、ますます拍車がかかってきた。

季節も、曜日も、時間も、吹き飛んでしまうくらいの最近の毎日、
それだからなのか、汗はかくけど、暑い!ってあまり思わない?
そう今は夏なんだよね?嫌な夏を感じなくて済んでいいんだけれど、

テレビも、新聞も、最近はね、無用の物になりつつある、
スカパーの釣りビジョン、
WOWWOWのエキサイトボクシング
もう見なくなってどのくらいの時がたってしまったのか?

一日の残り時間は漫画も含めた読書にあてる、
今は萩原の「噂」を読んでいる、その前は板谷の「ワルボロ」 

かつての年間300日を越す釣行は
確かに季節の移ろいを充分に感じさせてくれた。
霞が浦の明け方の川霧、
裏磐梯のもんカゲロウの大乱舞、
数え上げればきりがない、五感がぴりぴり、目覚める。

五感に訴え なんてお題目を並べているそんな張本人が
季節の移ろいもわからなくてどうする、
オイオイ、ちょつとよ、ギヤダウン、

この大嫌いな夏が過ぎたら、ちゅっちゅ、シフトレバーに
手をやってギヤダウン、アクセルペダルの踏み込みも、
少しばかり緩めますかね。

五体に四季を感じ、隣にそっと寄り添うぬくもりを感じる
そんな秋をね迎えなくちゃね。
その前に、収穫が出来るような、そんな一仕事をね
行く夏までに片付けちゃわないと、
暑い!暑い!なんてね、いってはいられない。
posted by 朝市・夕市 at 09:05 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月14日

オイラの目指すひとつのもの

古淵にある食品スーパーに商店街学会のメンバーO氏、T氏
と訪問をする、ここは全国でも珍しい商業施設がある所、
ジャスコとイトーヨーカ堂が並んで、しかも連絡通路で繋がっている
そんな国道16号沿いの場所。

その商業集積から横浜よりに車で5分くらい、
16号線の裏道、抜け道からちょっと入ったわかりづらい所に
この店があった。
CIMG0209.JPG
社長のWさん、もと青果商だけあって果物青果売り場なかなか
CIMG0210.JPGCIMG0211.JPG
元イトーヨーカ堂店長のTさんは17:00の待ち合わせ前に、
久方ぶりに両店舗の観察、視察をひとしきりしたそうで、
食品スーパーWのWさんとの話のなかで、
両店舗分析をひとしきりしてくれた。

経営革新モデル支援事業の絡みでオイラもたまたまそこに参加
自分の会社、濱の市の経営もままならない奴が、
とてもとても、ご意見なんぞおこがましいが、自然口数少なく(笑)。

同席しているだけで、かえってこちらの方が勉強になるというか、
ためになるというか、17:00〜19:30まで懇談をする。
大手の抱えている問題、こうした60坪位のお店の諸問題、
そして今オイラがやっているゲリラ的な商業モデルの問題。
なかなか浮き彫りになってためになった。

結局はどう、購買者の共感を得られるか、
どうその気持ちを捉えることが出来るか、
どう納得して気持ちよく笑顔で財布の紐をほどいてもらえるか。

明確な数字の目標、(売上げ、利益)があろうと、
明確な意思!何をしたいの?どんな商売をしたいの?
が伝わらないと、何もはじまらない。

当店や当市も同じこと、自分ではわかっているつもりで
みんなもわかってくれてるはず?
じゃなくて、明確な意思、マインド目的を示し、まずスタッフに共感
してもらう、かかわるみんなが、俺達いいことやってんじゃない、
俺達、ひょっとしてすごいことしてんじゃない。

そう思える、そう思ってもらえる、仕事ぶりをしていきたいね。
お店、運動、後継者が我も我もって、声を上げてくるような、
候補者選びに頭を悩ませる位の、そんな商売、そんな運動、活動を
これから毎日の日々の研鑽で築いていきたい。
それがオイラの目指すところのひとつかな。

閑話休題

こんなシーンが似合う、町にしたいよね
             CIMG0214.JPG

posted by 朝市・夕市 at 09:04 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月11日

いほうじん(違法人)のエネルギー

いよいよhpが立ち上がった、某新聞社の記事に間に合せようと、
友人のO君やM君に無理やりお願いをして
躍起で作成したため、まだ修正箇所がうようよ、ざくざく、恥ずかしい。

幸いにも記事掲載が8月21日に延期になった、少しばかりほっ、
それまでには世間への披露目に値するものに修正していこう。
       ★Y新聞朝刊のストリートというコーナーに登場します。

それと日本語のドメインがどうも不調の用である、
オイラのpcからでも開けない、まだこの道は未完成なのか、
ドメインの変更も考えねばならないかもしれない。

まあ、オイラの運動と一緒で最初から100%完成品を目指す
ジャなくて、その都度、その都度みんなの力を借りて、
いいものにしていけば、それでいい、そう思っている、言い訳かな。

プロの写真家、デザイナー、イラストレーター、他いろいろ、
メンバーや取り巻きのなかにも異彩を放つ連中が
沢山いることを発見、発掘、それができただけでも、
この『濱の市』を立ち上げて良かった、心からそう思っている。

9月からは近隣の大学とも、そして区内のママさんたちとの連携も、
神奈川区とのタイアップも始まりそうである。

昨日友人からメールをもらう、hpを見たよ、坪、いそがしすぎだね。
だからさ〜、いっそ
“エネルギーを温存しない、おじさん、おばさんが、集まる市”
        それが『濱の市』 そんな呼びかけもしてみたらって。

そう、オイラは自分はいつも、精神、体力だけは、、
いつも、いかなる時も、万年紅顔の美少年だと思っている心から、
だから損得も度外視して、正確には計算できないお馬鹿なのね。

  “面白いことやろうじゃないの、
      たとえそれがお上に逆らうことになろうとも”

そう思って行動に出る、
今日もその辺のところを朝日の英字新聞が記事にしてくれた。
大好きなフレーズ 
いほうじん って云う取り上げ方で。

いほうじん を貫いて、その今もてるエネルギーに
また、あまたの人たちのエネルギーを乗せ、そして吸い込み。
現時点のエネルギーの温存、ゆえに考えないで
そしてペース配分なんぞも考えないで、しばらくは、あるいは、
おそらく一生しないで、じゃ無く、きっと出来ないで、

そして愛しき人々に,とある晴れた穏やかな日にか、
もしくは、まれなる大型の台風の日にでも、みんなに
“フェア ウエル” そんな人生がいいな!
きっと(台風の日かな)、そうなると思っているんだけれども。

その前に、そうそう、仙台のアイツに対抗するわけじゃないけど、
還暦は71名以上に祝ってもらえるよう、後4年間
毎日を、面白おかしく、いほうじん でね、引き続き生きていきます。
posted by 朝市・夕市 at 08:52 | ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月08日

納得の道

全国の中央市場衰退が叫ばれ、
また当事者の私とてそれを認めざるを得ない現状。しかし築地には
圧倒的にそんな店は少ないが、確実に繁盛している店があった。
CIMG9979.JPG
その店にはそれぞれ前の通路まで漂う「気」を発している。
築地場内の店数は多い、その中で2〜3件というところであるが。

今、オイラの主催する「濱の市」どんなシーンでも
確実に来場するお客さんに支持される店がある、品がある。
たとえ、初めての出店者でも、実に不思議なことであるが
お客さんを寄せるそんな力を持つ店がある。

それって一体?商品の力?話術?人間力?・・・・・?
これで勝負が出来るっていう絶対の自信。
あるいは、私はこれしか出来ない、そんな自分のくくり方。
この道でしか食っていけないって言う、いわば覚悟!・・・・?
CIMG0019.JPG
オイラはそんなシーンを濱の市の現場から沢山見てきた。
みんなが売れなくても、確実に売る人がいる。売れる商品がある。
売れない言い訳はできない、ジャどうすれば繁盛できる?

出店者、各人、各店はみんなそれを持ち帰る、
次はどうしよう、何で勝負をしようか、どうすれば?
どうしたら?、お客さんに支持をされるのだろう?

こんな風に感じてくれる、出店者がいれば、あれば
そんな人たちだけで集える、この市であれば必ず何かを訴えられる。
つまりはエキスパート、専門家の集団でなければ、
何も訴えられない、多分そういうこと。

市のメンバーになって、それぞれが売れる品、店、人に何を学び
果たしてどうする、その都度持ち帰り、少しづつ上乗せをしていく、
多分こんなところが、今の中央市場や商店街の大多数の店や、
人間に決定的に欠けているところだろうと思う。 

オイラも水産仲卸業者として、その道を極めるのか、
CIMG0026.JPG
はたまたこの自分の運動を通じ違う道を歩むのか、
CIMG0065.JPG
様々なシーンを見るにつけ、いつもそこに迷いが生まれる。

まだまだ、情けねぇが充分中途半端な親父である、
極める、この道でしか食えない、これしかオイラは出来ない。
そこまで至るのに、後どれほどの歳月が必要か?

そぎ落とし、そぎ落として、自分の心からやりたい道、
結果ひとの心に届く、そんな商売、仕事ぶりを身に付けたい、
まだまだ道は極められない、中途半端な、変な色気のある、
まだ、まだ充分にいい加減な野郎である。

同じ舞台に立っても、必ずそこには光る奴がいる、商品がある。
それだけでも、自覚できる、自分の目で確かめられる、
そんな経験が無ければ、悔しいシーンを味わえるだけでも、
この「濱の市」出店者にはいい場所だと思う。

自分で納得出来る道探し、一生の課題なんだろう。
posted by 朝市・夕市 at 05:58 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月04日

リセット!みんな違って、それでいい

学生運動華やかなりしあの時代を過したオイラは
体の中に、反国家、反権力が染み付いている、
そこからなのか、お役人はどういうわけか、異常なほどに嫌いである。

話をする前から、叩きのめしてやろう。
そんな気持ちがどうしても潜んでいる、そしてフツフツ沸いてくる、
オイラの持論を正論のように、正論だと確信しているが、ひけらかす。

まず結果的には彼等の云うとおりには断じてならない、
多分耳の、心の扉が、降りていて、全然云うことをきかないのだろう。
もちろん、自分でもそれはよくないこと、“わかっちゃいるけど・・・・・・・”

昨日は濱の市ミーティング、各グループ、全体と分けて開催。
いろんな意見があるでる,オイラが良かれと思ったことでも異論がでる
時には名指しで非難もされる、流石に少しはむっとくる、
でもここはひと我慢冷静を装い(笑)耳を傾けみんなに意見を求める

スタッフの中で、オイラが勝手に落第点を付けそうな人でさえ、
その意見交換から時として、いい問題提起の発言、
それに肉付けされる、他の人たちの意見、
結果、おお〜それいいね、ジャそうやっていこうよ!

昨日もそんなシーンがあった、一時のぎすぎすの空気が
一挙に和らぐ、その場に沢山の笑顔、笑いがはじける、
そうそう、これこれ、こうでなくっちゃ。

人はみんな違って、それでいい、
いいところだけ見て、いいところだけでその人信じて、付き合って
肩組んで、出来れば、そんな風になりたいね。

いくら自分が正論と思っても、
もう少しお役人さんの意見を素直に聞いて
聞くふりして(オイ、オイ)相手の協力を引き出す、
相手がオイラの考えが正論と思っているなら、尚のこと、
そうするべきなんだろう、お役人には少し言い過ぎたごめんなさい。

次回は(また呼ばれるのかい<笑>な、多分永遠の確信犯だから)
あれ〜、この人どうしちゃったの?って、皆さんに
思われる、そんな拍子抜けの人間に変身してみせよう。

人はみんな違って、それでいい
どこかで聞いたことば、仙台の菊池のおっさんグループの珠玉言葉
とっておきの音楽祭 の合言葉
しっかり心に刻んで、吸い込んで、さあ!さあ!さあ!

もう一度、オイラもリセットして、仮に自分が正しかろうが
奢ることなく、偉ぶることなく、もっと仲間を増やそう。
リセットした濱の海坊主 「濱の市」の2連ちゃんに、
go!

posted by 朝市・夕市 at 09:17 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年08月01日

陰と陽、光と影

街路樹の陰が色濃くアスファルトの道に焼きついている、
ぎらぎらの太陽と真っ黒の強い濃い影、陰と陽、
オイラはこの8月がとても苦手、というより、ものすごく寂しくなる。

街のそこそこでこのシーンを見せ付けられる、強い光と濃い影
以外なことに、オイラは普段の言動、様子からは推し量れない
そんなセンチな、ヨワッチイ、情けない一面を持っている。

世の中的な運動をしていくと、沢山の人間関係が生まれる、
そして活動を通じ学んだこと、体で心で頭でわかったことの
確信、信念の上乗せをしていく、そしてそれの実践の継続を通じ
無駄なものがそぎ落とされ、運動は実にシンプルになってくる。

すると、またまた沢山の素敵な出会いが、それが各地に広がる。仲間
同志が、そこここに生まれる。日常の仕事そして運動の継続、拡大、
活動を通じあまたの人たちと時間を過す、ともにする。

オイラは自分の気の向いたことしかしない。
気の向いた人間、同志と感じる人間としか行動をともにしない。
そんな究極身勝手、自己中心野郎、しかも自己顕示欲もかなり強い。

心のそこからわいてくる沢山の自分のしたいこと、
空から降ってくる沢山の人たちの願い事、たとえ先約があったとしても、
「目的が大きなもの、沢山の笑顔が見られそうなもの」それが最優先。

でも、それも所詮 『超自己中心』 多分そうなんだろう、そう思う。
でもそんな姿、今しばらく、あるいはもう生涯変れないかもしれない。
全部が自分の時間!でも全部自分の時間じゃない?

すっぽかし!無視された!所詮あいつは、あんたはそんなんもの!
先約者の信頼を失う、心が離れていく、とても寂しい出来事がおきる、
オイラの心のよりどころ、そんな人さえ時として離れていく、さよなら!

すげぇ自己嫌悪!どーんと沈む。
 “たった一人の人間さえ、幸せに出来ないで、
   信頼も得られないで、何が世の中的なこと、バカ野郎!” 
愛の足りない所詮いい加減野郎!そう自分に問いかけてみたりも。

道は黒い影で覆われる、夏の太陽が上の方にあるかも知れない
あたりは熱く、でも真っ暗け、心はぽっかり穴だらけ!
だからオイラはこの季節が嫌だって云うんだ! 

『陰と陽』そして『光と影』  
天心爛漫な流石のオイラも、しばらくぽっかり、穴だらけ。
どうしたら、この穴、埋められるんだろう、

「自分の好きなことしかしない。」
それででどうやって、この穴は埋められるのだろう?
仙台の菊池のおっさん、その道の大先生!教えておくれよ〜。

オイラ今とっても寂しいんだから。
posted by 朝市・夕市 at 07:33 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。