ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2007年12月12日

未法律

今日もらったメールにいいことが載っていた、
今は非常識だけれども、今後、そう将来は常識になる、
そんなことを『未常識』って言う、そう呼ぶのだそうだ。

これは先見性という言葉に置き換えることが出来るかも知れない、
それは法律や条例についてもいうことが出来るかもしれない、
先見性どころか、くだらない極一部のクレーマーの意見を
恐れ尊重し、どんどん悪法、悪条例に変えていく、

決められた方はたまらない、何とかそれを守るように
しないとここぞとばかりに営業停止をちらつかされ、
挙句に言われたほうは、その場しのぎの苦肉の策。

これからの論点視点はまさに地球、ガイヤ。
ゴアさんだって自国や中国に厳しく言及をして
ノーベル章を頂いた。

だから最低はこれからの日本を見据えて、
これからの日本、日本人に手渡す、
その思いが底流に太く流れる、そんな法律、条例、常識を
打ち立ててもらいたい、打ち立てたい。

「国家に逆らうのが仕事」って先日の新聞記事に
オイラの自己紹介で出ていたけれども、
今度は『これからの国家の礎を提言、実践する。』
『未法律』草案者とでも紹介をしていただこうかしらね。

でも今、この日本を骨のある独立国家って思っている
あるいはそんな国にしよう、そう思っている当事者?は、
真の憂国の士は果たしてどれくらい、いるのだろうか。
posted by 朝市・夕市 at 13:12 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月10日

だからトラブルはたのしい。

オイラの行動は全てにおいて確信犯、実に気持ちいいが、
実に様ざまな問題が巻き起こる、時に権力、
規制と敢然と対峙しながら、時に落しどころを考えて行動する。

昨日の神奈川新聞にも出ていたように、
   『国家に逆らうことが仕事だから』しょうがない。

最後に手にするものが大きければ、一時妥協しようが
一時退却したふりしようが、それは仕方の無いことなのかも知れない。

先週は市場を管理する、当局といわば円満に手打ちをした、
そして来春に向けてもっと大きな仕掛け作りの種を得た、
お蔭でしばらく市場での夕市はおとなしくしていなければならないが。

昨日は「濱の朝市」に神奈川区の保健所の立ち入り検査、
濱の市の運動には、今のくだらない、食品衛生法に
一石を投じる、そんな意味合い、方針もあるが、

まだ世の中の支持、世論を見方につけないうちに、
ここで全面対峙、対決をする段階ではない。
流石にその辺はずるいけれどもわきまえている。

幸いにも、所轄の新任の課長さんは、その前は地域振興課
にいた方で当方の運動にも理解を示してくれた、
まずは無難な調整をしながら、少しづつ世論を見方につけよう、

そして昨日の課長さんとの話合いの中でまたしても
素晴らしいアイデアを彼が提供してくれた
彼にはとっても感謝している、ジャストインタイムの立ち入り検査。

今週の横浜市の本庁へ行っての支援事業の打ち合わせ
又ひとついい提案が、濱の市にとっては、それはいい
お願いが出来そうだ、有難う御座いました、H課長さん、感謝!

何かをやる、やり始める、しかも世の中的なことをやればやるほど
必ず行政との対峙がある、相手はなかなかしぶとい、
一筋縄ではいかない、あの手この手、今までたくさん経験してきた、

でも最後は「お前一体何がしたい。」その目的や夢がかっちリ、
きっちりしていれば、そう確信犯の覚悟が充分あれば、
全てはの災いは福に転じる、
そんな素晴らしい法則をオイラは発見した。

それが一度はじめた運動を拡大しながら継続していく、
とても大きなエネルギーなんだってことも最近わかった事ではある。

posted by 朝市・夕市 at 06:20 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月07日

基調講演

昨日は11月17日に発足した、『商いサポート倶楽部』
その会場 「濱の夕市」 に来て頂いた、面々の再顔合せ。
そんなメンバー達のやりたいことは、実は『横浜やり直し』

集まった場所は同志、山菅君のお店の『濱新』
まさに古き横浜を懐かしみ、新しく再生する、
そんな活動意味合いにふさわしいお店で一杯飲みながら。


面白いことをやって、仕掛けて、
まずは自分達がどう楽しめるか、
どうせ掻くなら、でっけえマスターベーション掻こうぜ、みたいな。

過日は自分のイベントに忙しく、会場ではその異彩(笑)を
放つことが出来なかったケンタの大将、
昨夜はさしずめ、大将の基調講演会イン濱新。

オイラも知らないエピソードの数々、その場に集合した
ヒトカドの運動家、活動家、そして政治家、メディア関係者
運動のスケールの大きさに度肝を抜かれたに違いない、

運動家の覚悟って言うか、血って言うか、思い知らされた
その強烈なスパイスを各人が自分のシマに持ち帰って
どんな料理に仕上げるか、

そしてその料理を持ち寄って、最低今の横浜を
どう料理するか、昨夜の話では、やはり最低日本だけれども。

中には大将の活動のあまりのスケールに、自分達の今の活動
そのものの、やる気をなくした(オイラも一瞬)シーンもあったかと、

  女、子供は幸せを追い求め、
        男は夢を持って、暴れてみろ!

  益々そうさせて、もらいましょうかね、
       大将、基調講演有難う御座いました。

posted by 朝市・夕市 at 08:49 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月04日

禍福

濱の夕市、なぜこれほどまでに、様々な妨害!
そうオイラも含めた、当時者はそう思うが、周りはまったく迷惑な奴だ、
しかも改革者ぶって偉そうに。

そんな風に思われているのだろう、多分。

嫌われることが大好きなオイラは、そんな状況は覚悟の上、
屁とも思わないけれども、当店の社員、あるいは協力してくれている、
そんなお店の経営者や社員達、

目の当たりに、オイラが注意されていたり、
現場の証拠写真(笑)をバチバチとられていたり、
普通の神経では多分もたない、やりきれない。

なぜ?やっていることは正しいのに
なぜ?これほどまでに云われる、なぜ?
そんな風に思っているだろうし、オイラに同情もしてくれている。

いろんなことをやってみた、
いろんな角度でこの市場の問題をつついてみた、

結果として今も様々な妨害はあるけれども、
本音の領域、運動の原点は相当の人に理解をしてもらえた、
横浜市の行政の各部署には「濱の夕市」運動から「濱の市」運動へ

そんな展開を通じてたくさんの人達が応援してくれるように
なってきた、残るはこの市場の当局と生活衛生課(保健所)

まずは一通りのゲリラ作戦をこの機に終了させ、
当局が今、オイラたちの夕市に対し問題にしている、
そんなところを全面的に非の打ち所の無いようにして、

もっと大きな爆弾を仕掛ける予定にしている、

横浜中央卸売市場 一部店舗 営業時間延長

まずは濱の市のメンバーだけでも
    毎日13:00まで営業しています。

オイラが見て回ってる市内のいわゆるいい店が
ここを飛ばして、築地でなんて買い物をしないで、
少しでも地元横浜中央卸売市場に目を向けてくれるよう、
この横浜中央卸売市場という場の発信を続けていこう。

まずは何人も文句の出ない、そんな王道を歩くことにする、
でも又ゲリラの血が直ぐに騒ぎ出す、多分ね。

しかし、ここはひとまずその血が流れないように、
市場の変革のために我慢我慢。
posted by 朝市・夕市 at 08:38 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月03日

健康バロメーター&5kg減量

起床、寝ぼけ眼でトイレに行く廊下での豪快な一発!
大音量のバス音、そして無臭の屁。

無色で、透明な太い流れが、勢いよく
ゾウサンの鼻から便器に注ぎ込まれる、
そこには泡立ちが、甘い臭いが滝壺からは発生しない。

朝一番の健康チェック、今日も一日がんばるぞ〜
この調子なら、もうばっちり、そんな朝の重要なやる気バロメーター。

オイラはそのまま職場に、ひとしきり仕事をして、一度我が家に帰還
朝の連ドラを見ながらお袋と二人の朝食、
美味しいお茶を二人でシェアしながら、

いつも遅いはね〜、一体何を毎日しているの?
そんなこと云われたってね、いちいち答えようがないよね。

新聞に目を通し終わると、これもひとつの重要な健康のバロメーター、
快調なら便意を催す、そして快感を伴って排出、あれって間に、
流す前に、ついさっきまでオイラの体内に存在したそんな物質が、
あれって間に出た割には、そこに長く、すっきり、
まっすぐに収まりきらないで、少し曲がって気持ちよさそうに水浴している。

これがオイラの健康チェック、健康診断不必要、
こんな毎日が過せれば、多分、相当な長生きが出来るはず、
昨日も、朝市会場で簡単な健康診断コーナーがあったので
受けてみる、結果はやはり体脂肪が多い、体重が多い、

先の診断やこの結果に、少しばかり敬意を払い
これから食事内容に注意を少し払い、直したら、
きっともっともっと、いい屁、いいション、いいウンチ間違いないだろう。

先日買ったヒューゴのフォーマルがばっちりと似合うように
まずは4月21日のオイラの誕生日までに5kgばかり
本気に減量に挑むことにいたしますかね。

なぜなら、もう少し、いま少し元気でパワフルで居続けないと、
せっかくヒビが少し入ってきた、市場の規制、市場法を
粉々に葬りされないから、そしてくだらない食品衛生法もね。

一昨日、昨日も、『市』の会場で、いろんな応援団員に出会いました、
これも『市』多数、そして出来るだけいろんな場で継続していく
これが大切なことかと、それにもね、それが出来るように 減量!

posted by 朝市・夕市 at 06:29 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年11月25日

威勢のいい・・・・

今日は南区瑞延寺の門前市とベイ濱の昼市の同時開催、
天気も穏やかなようだし、それぞれの会場に賑わいが生まれればいい、

昨日は2日間ばかり品行方正にしていたのがたたったのか
午後から急に寒気を催し、節々もかなり痛み始め、頭痛も併発
多分風邪だろうと思うが、大事をとって我が家に早々と帰還、

珍しく浴槽に身を沈め、熱めの湯で体を温める、
そのままベットにゴー、布団に包まり、ボー、寒い、頭が痛い
全然快方に向かわない、我が家には常備薬がない、

それとオイラは大の薬嫌い、自然治癒力を頼みに
辛い時をすごす、枕元の携帯にメールや着信がある、
きちんと応対が出来ないくらい、ぼー、サム、が〜ん。

うとうとしていると、いつしかあたりは暗くなっている、携帯の時間を見ると
時刻は20:00少し前、おや頭痛がす〜と潮が引くように無くなっていく、
空腹感も出てきた、そそくさとトイレに行って小便をする、

気持ちいいくらいすっきり、ぶっとく勢いよく出る
男は老化してくると、前立腺が退化し、ションベンの切れが
出が悪くなる、昨夜は都合5回、気持ちよく、威勢良くでた。

かる〜い食事を取り、又ベットにもぐりこむ、
うとうとしながらも、読みかけの本を読む、
いつまでも若いつもりでも手の甲に張りがない、しわだらけ
嫌なもんを見る、でもしょうがない、

自然治癒力で半日で快復する、そんなオイラ、まだまだ、まだまだ、
今日も半袖で頑張ってみようかい。

posted by 朝市・夕市 at 08:21 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年11月21日

動かざること

昨夜はオイラの住まいから極間近にあるにもかかわらず、
今まで一度も行った事が無かった、みなとみらいホールに出かけた。
同窓会で会った読饗のホルン奏者のN君、会の席上でここでの演奏を知る。

たまにはクラシックでも聞いてみるか、てんで、いそいそとおめかしして、
18:00に会場に着く、18:30の開場にはやや間がある、
コーヒーでも飲んで、おやっ、彼が仲間と居るじゃないですか?

正面から、よお!とそんなそぶりを見せても、無反応、人違いか?
そうか珍しく今宵のオイラは少しばかり決めている、
普段はつま先からつんつるテンの頭の先まで
せいぜい1万円以内で身を固めている。

同窓会の席もまあ似たようなもの、ハットもかぶっているし
ソウソウ、これじゃわからんか、先日の大僧正就任パーティー
でそろえたフオーマルスーツ、今オイラの大のお気に入り。

自分が少しばかり銀幕のスターにでもなったような気分、
気持ちがいい、唯でさえ、自己顕示欲の強い、ナルシスト?のオイラ
こんなオイラにぴったりの奴を勧めてくれた
専属スタイリスト?のIさんには実に感謝。

会場の小ホールにはエレベーターで5階にあがり、
トップバッターでホールに入る、自由席、いい場所に陣どる、
なかなか気持ちのいい空間、座席がリクライニングこそしないが
スライドをする、そんな中で始まったモーツァルトの演奏会、

この日の主役、イギリスのホルン奏者、
自分で指揮を取り、たったままで、右手をホルンに添えて
華麗なる演奏、ピストンを操る左手の指をほとんど動かさないで
素晴らしい音を奏でる、これぞプロ。

動きを極力抑えながら、それでも存在感が一杯のパフォーマンス
そしてそこから生まれるスバラシイ音色、
オイラもそんな何気ない姿から、
人の心を動かせる、そんなかたぎのヤクザを目指さないとならない。

ほえるだけが全てではないよね、脅かし、ゆするだけが全てではないよね。

posted by 朝市・夕市 at 12:53 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年11月15日

名は体を

講師に招かれ又好き勝手なことをしゃべってきた、
持ち時間60分を軽く越え、倍の時間を費やしてしまう。
最後に司会者がとんでもない企画をする、

“皆さんこの人どう思いますか?”
中には旧知の人達も同席していて、かなり手厳しくやり込められた、

○ 時としてオイラの世界に浸り、人の話を聞いてない。

○ 実にいろんな所、人を紹介してくれるが 一緒にいてくれる、
  やってくれないで、そこに留まらずにどこかえ行ってしまう。

○ 人生で一度も成功したことがない!
  そういうわりには、実に偉そうにしゃべる。

なんてところをオイラも面白く、ちっぴり不快(笑)に聞き入ってました、
オイラの運動、そのものへの素晴らしいアドバイス等もあり
とても有意義な時間を過すことが出来ましたっけ。

今日も朝から来客の嵐、もちろんとても嬉しいこと、
最近ではブログをのどかに書き込んでいる時間が段々となくなってきます。

朝市の出店希望に、Y銀行の支店長や診療所の方の話
そんな方々も出張ってきてアピールをしてくれることになりそう。

お昼には名古屋のお米屋さんで、愛知の離島の島興しの仕掛け人
そんな方も来店、輪が和がどんどん広まっていく、とても嬉しいですね。

釣りに代表される、そんな一人遊びが好きで
実は非社交的だった(今でもそんな一面はありますが)
そんな性格がいつの頃に変質し始めたのか摩訶不思議なことであります。

たまたま名古屋からお越しのHさん、名刺交換をしたときに
オイラの坪倉良和の名前を見て、『  をもって  とする』
いい名前ですねって言ってくれました。

どうやらこれは両親、親父に感謝しなくてはいけませんね、
そんな性格になることを実は望んでいたのかもしれませんね。
今頃、空の上からほほえんでいてのではないでしょうか。

posted by 朝市・夕市 at 15:17 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年11月14日

ホールド・アワー・ラストチャンス

もうはや、気持ちは来年に飛んでいる、思いを馳せている、
昨日は17日に新しいスタートを切る「濱の夕市」をきっかけにした
これからの当店の事業方針、そんなオイラの所信表明を社内でした。

来年の4月までにやること、それまでに完成しておくこと、退路を断って、
この濱の市を大きな柱にしての事業展開、
そんな航路に舵を切って進むことを宣言する。

今の大きな収益源をすてて、みんなにとって、そして何より
オイラにとって気持ちのいい、誇りがもてる、そんな仕事ぶりに
そういう会社に一新する、したい。

同じことを社員に散々いってきたことだが、あるいはかつて
『濱の河岸ぱん』をきっかけにやろうとした新しい市場の開拓、
それをもう一度今回仕切りなおして、そう多分ラストチャンス。

まあ実に人の心を変えるのは難しい、正直当店のことでさえ
毎日顔を突き合わせていてもなかなか進まなかった。オイラという
自分自身も変えるのも難しい、そんなことも充分わかってはいるけど。

どこかにオイラの片手間が、覚悟の無さが社員には
透けて見えてしまうのだろう、
今度はいよいよ退路を断つ、そんな覚悟がどうやら出来た。

それもこれも濱の市をやり続けてきたおかげ、
そして、まだまだ不満ではあるけれども、それでも今まで社員なりに
充分に協力してくれたこと、皆さんには実に感謝をしている。
もちろん濱の市メンバーやスタッフ&サポーターにも。

思えば今年もいろんな出会いがあったな〜、なかでもびっくりするくらい
大きく華開いたそんなこともあった、
人生56年にして生まれて初めて、どっぷり人を信じきるそんなこと、
まさかオイラに出来るなんて、思ってもみなかった。

もうすぐその出会いの記念日がやってくる、
人を信じきること、経営者と従業員そんな垣根を楽々と
取っ払ってまるごと信じられる、そんな関係も17日をきっかけに
ひとつ来年はがっちり築いてみよう、そう思う。
それが出来ないと、多分夢の事業の実現、それを達成するのは難しい。

“自分自身を変える”、そんなことが出来る事を
“人をまるごと愛する、信じることが出来る。”
そんなことをわからせてもらえた、そんな記念日の主には
本当に感謝をしている、有難う。

posted by 朝市・夕市 at 08:40 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年11月12日

ピカピカブランド

自分の意思で何かをする、
とても大切なことだけれども、当店の社員
そう宮使いの身だと、なかなかこれがみにつかない。

もともと戦後の日本人って奴は、この自立精神ってもんが
大分希薄な人種、種族になってきてはしまいか。

文句は蔭で、仲間うちで言うものの、
直訴したり、抗議行動をしたり、そんなことは
ほんの一握りの変人でもない限り、まずはしない。

濱の市運動の意味合いの中には、当店の社員の意識改革も
充分に含まれている、そんな意識改革の上に
個性的な店がはじめて構築される、

全ての人間は生まれたときからひとつのブランド
そのブランドを輝かせるか、あるいはごみために送るかは
自分次第、でもせっかくだから、
ブランドは大切にして、きちんと確立して、それでこの世にグットバイ

出来れば全ての人々にね、そうなっていただきたい、
もちろん、オイラはピカピカのブランドになるように齢50にして
第一段階、まず頭はそうなりました。
posted by 朝市・夕市 at 07:53 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。