ブログを移転しました! こちらをご覧ください。 http://morning-market2.seesaa.net/ towa.gif
「濱の市」のホームページはこちらです。
「濱の市瓦版(公式瓦版)」へは、こちらです。
new01.gif 新規開設「坪倉市場」へは、こちらです。

2007年12月24日

返信なし

重松清の「半パンデイズ」を読み終えた、
あの時代風景からは少し前、大分かな、オイラの生まれたのは
時代を感じて懐かしく思う、

主人公が東京からどこぞの田舎の港町へ転向してきてからの
小学校生活1年〜6年を卒業するまでの物語、

彼が徐々に町に溶け込みながら
ひとりの男、人間として成長していく姿を捉えている、

小説を読む は今年ひとつの習慣になった、
もちろん漫画本もよく読むが、
ビックコミック、オリジナル、スペリオールにモーニング
お蔭でテレビはまず見なくなった、

朝は最近、お袋と一緒に食事をともにする、
それも習慣になってきた、美味しいお茶を入れるために
ちゃんと湯を沸かし、それなりにお茶を入れる、
朝食後朝刊に目を通しながら3番茶まで飲んで、また事務所に行く。

そのときにはテレビがついている、
今朝は下関の唐戸が映っていた、
市場が写される前に“おおここは唐戸だよ、ばあちゃん”
中継の文字が画面に映っている、おかみさん会はどうしている、
早速携帯に、みんなでやしない、日曜イベントで疲れきって朝寝坊?

他の歳時記が写す出された後にまた下関に中継になる
でてきました、でてきました、千両役者の揃い踏み
皆さん元気で化粧の乗りもよく(オ〜イ)

また新年遊びに行くからね〜
携帯に着信はいっているはずなのに、まだオイラには
誰からも返信が無い、まったくよ〜。

また放浪の病が発病した。

posted by 朝市・夕市 at 08:55 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月23日

快活に悩む

なんてったって久しぶりの慈雨である、
正直オイラにとってもいいオフになりそうだ、
オモッキリ日曜の朝、惰眠をむさぼり、起床は9:00チョイ前

あわてて朝市会場に
  『雨天の為、本日の朝市はお休みです。』の張り紙をしにいく、
会場でいつも顔をあわせる、ハニーズの清掃の方

“おはようございます、お客様が万一お見えになったら
  今日はお休みって、宜しくお伝えをお願いしますね”

気持ちよく了解をしてもらい、会場を後にする、
今日が交番前の開催地だったら、雨でも決行っていう
スケジュールだった、やはり神の思し召しか。

さてさて今日は一仕事片付けたら、何をしようか
録画しておいたキムタクの武士の・・・でも見てみようか

昨夜は少しブルーになった友人としばらく携帯で会話、
携帯の電池切れで途中で会話が終了、ふっと切れた途端
相手の沈んだ気持ちがオイラにも伝染する、

朝市を中止決定しているので朝までたっぷり時間がある、
そんな夜もすがら、オイラも今日の淋しい市場での夕市を考える、
合法に戻した、そんな市のあり方が正しかったのか
あるいは朝市にしても、来年どうしょうとしているのか
展望はいだいているものの、果たして何処まで出来るのか、

『お国に逆らうのが仕事だから』
それはオイラひとりではその通リ出来るが
仲間がいる、仲間に圧力が迷惑がかかる、

とにかく彼等は一筋縄ではいかない、しぶとく、時に卑劣で、
執着心も結構強い、相手の人間性は信じたいけど
まあ、相手にとって不足は無いけどね、

久しぶりのオフ、久しぶりだからか
なんにも余計な事はしないで、時間を自分だけのために使う
これもなかなかいいよね、このほうがいいのかな、何て
そんな思いも脳裏を掠める、少なくとも今日のオフはそうしよう。

でも、これじゃ、こんなんじゃ、くたばるときにさ、きっと

『 オイラの人生はなかなかのものだった
       悔いは無いね、未練は少しあるけれども 』

そうは思えないだろうね、
偉くはなりたくはない、有名人にはなりたくはないが、
かなりおかしくなった、この『食』のシーンの現場にいる者として、
やはり次世代に残しておきたい、反逆児の遺伝子、そして
治して、直して伝えていかなければならないいろんな責務、
それが面白い、楽しい事となり、あいまって、
ひとつのうねりになっていければって心からそう思う。

昨夜の友人は元気になっただろうか、
『人間一人ではなんにも出来ない、けれどもそうした一人の人間が
   いなければなんにも始まらない。』

空の上の誰かさんはきっと見てくれている、
心の底でもがき、悩みながらも、やり続ける、そんな姿に
きっとどこかでご褒美をくれるに違いない、
ご褒美が何なのか、そしてどんな素晴らしい、素敵なものなのかは
オイラのこれからの苦悩の量と比例すると思っている。

      『国家に逆らうのが仕事だから』
面白おかしく、そして快活に、オモッキリ悩みますかね、これからも。
posted by 朝市・夕市 at 11:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月21日

真円

ここのところ当局の妨害(笑)はあっても、
天気に邪魔される事の無かった濱の市、23日の朝市
どうやら雨の確率が高い。

これも考えようによっては骨休み、
“皆さん少し休んでいいよっ!”て言う、
これも空の上の誰かさんの思し召しかな〜。

今年のオイラの特に後半のキーワードは『覚悟』、
濱の市にかける思い、市場再生にかける思い、
そして自分のお店の今後のあり方に対する思い。

たとえどんな抵抗、障害、挫折が待ち構えようが
最後はたったひとりになろうとも、やり抜いてみせる、そんな思い。

そしてもうひとつは濱の市のスタッフに対する信頼、
いろいろ至らない点は目に付くが、その都度さりげない注意をし
後は本人に任せきる、その人間の奥底を信じきって見守る。

言うは安いがそう簡単な事ではない、
オイラの耳元にはいろんな雑音がいつも入ってくる、
そして何よりオイラも生身のしかも大分癖の強い、
アクのあるジジイ、相手の奥底を信じきらない限り
とことんの運動は出来ない。

来年のキーワードもまさに『覚悟』だろう、
ベースは人に対し、悪く思わない、言わない
人間って実はみんないい人、素晴らしいって言うことかな、
運動そのものは次世代に伝えたい、あるいは残したい
そんなメッセージへの自分なりの確信ってことか。

昨日も市場のお役人さんと国際フィッシングショーの打ち合わせ、
なんと天敵(笑)H課長が自らコーヒーを運んで来てくれた、
    “はいどうぞ、先日の御礼”ですって、

ぶつかる当局とも、人達とも、しがらみが外れたら
オイラの運動を心から応援してもらえるような運動方針、精神

そしてオイラ自身もそのあり方を、生き様を目指さなくては、
そんな風になるように来年は益々己を磨かなければならない。
偉そうに!って思われる、言われることが出来るだけ無いように。

だけれども決して丸くなるのではなく、全てに妥協するでもなく
むしろ一点の曇りもなく、一点の汚点も無く
いつもいつも絶えずどんなことにもビシットとんがっている、

特に世の中の理不尽に、お国の魂の無さに、
人は、オイラはどう生きるってってことに対して、
けれども、どんな人に対しても『真円』でいられるますように。
posted by 朝市・夕市 at 12:08 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月20日

人の振り見て・・・・

オイラの本業はいよいよ佳境に入ってくる、
釈放されるのは31日大晦日の20:00頃か。
そんな今日この頃、おせちの注文やなにやら流石に師走。

順調な順風な日ばかりではない、
自分でまいた種、あるいはかかわる人のミスから
心がザワザワ、ガサガサ、ギスギス、ギクシャク

こちらも先方からどぎつく叱られたり、怒鳴られたりすれば
流石に人を悪く思いたくなる、恨みたくなる
そんなシーンも出てくる、

挙句、人の悪口を並べ立て、面前でこちらも罵倒したり
いつも悪いことは自分の行いから、
悪くなるのは全て自分のせい、って意って、言い聞かせて
いるのにオイラもたまには人のことを悪し様に、

いつだったか、あの松井選手は
15歳からひとの悪口を言ったことが無いとか、
そんな話を聞いたことがあった。

後10日ほどで今年も終了、
最後の10日だけでも、心の中でさえも
人を恨んだり、悪く思うのは、微塵も無い様

褌締めて、最後のトラックを回ることにしよう。

昨日もオイラの取引先の主任が
オイラのためにポップを作る機械で

来年のオイラの標語だって
     「人の振り見て・・・・・・」

posted by 朝市・夕市 at 11:28 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月19日

場の提供

昨日は通夜で秩父まで出かける、
横浜駅から片道2時間半、ちょっとした小旅行のような気分だ、
秩父にはかつて1度か2度出かけてことがある、
さてどんな風になって、かわっているか。

朝からバタバタしていて、スタッフに調べてもらった
14:44の湘南ライナーに駆け込み乗車、滑り込みセーフ。
池袋から西部秩父線、特急秩父21号に乗る、
なかなか快適な車両である、

飯能で進行方向を変えて秩父に向かう、
飯能からの車窓を流れる風景はそれまでと
うってかわって山間風景になる、山道を登っていく感じ、
あたりの空気の温度が一挙に低下した感がある、

見れば線路に沿うように渓流が流れている、
おお!いい感じ、道からのアクセスもいいし、
今度来てみようかしらね、そう思いつつしばしその流れに
目をやる、車両が山間を抜けるとぱっと開けて
秩父盆地に出る、そして終点 西武秩父へ到着。
ひなびた駅が又なんとも嬉しい、時代から取り残されたような駅、

斎場でオイラの商売、人生に多大な影響を与えてくれた
恩師ともいうべきそんな人物と久しぶりに出会う、
もうすっかり好好爺、会長職に甘んじているらしい
会社の忘年会に誘われないのを、幾分悲しみながら、

あの世に向かうものを送りながら、
めったに会うことのない人々とめぐり合う、
まさに一期一会、ああして見送られるまで果たして後何年、

そしてそのときはその会場に一期一会のあまたの人々が
集えるような、あるいは心のそこからオイラを惜しんでくれる人が
たくさん来てくれるような、そんな人生をこれからも、ずっと
歩んで行きたいもんだ。

posted by 朝市・夕市 at 08:45 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月18日

まんざら

格差社会も原油高騰もまんざら悪いこと
ばかりではないような気がする、年収200万以下のいわゆる
ワーキングプア層が若年層を中心に増えれば、
彼等に持ち家など望むべくも無く、親と同居ってことになる。

そして原油高騰で車の維持費が上がれば、車の所有や
車で動き回る、そんなことにおのずと制限が節約が生まれる、

街は2世帯や3世帯住居が多くなり、
車から路面電車等の公共交通機関が増えてくれば
各停留所、各駅の周りに市が立ち、もう一度緩やかな
人に優しい市街地が出来はしないか

そんな世の中こそ、社会や学者が目指しても
今はなかなか出来ないそんなこと、不思議にも、こんなことから、
.もしかしたら実現可能になるか。

乱世にはそれなりの人物が世に搬出されるように、
これからの世の中に必要なことは
どうやら、不思議なことではあるが、
そう自然にセットされているような気がする。

人体の様々な不思議同様、それも神の作りたもう
全ては空の上の誰かさんの思し召しなのかもしれない、

地球温暖化防止、これも自然のあるいはそれなりの摂理が
どこかで働いて、歯止めがかかる、そんなものなのかも知れない。
ゴアさんが一生懸命やらなくても、そういう風にこの世は
出来ているのかもしれない。

posted by 朝市・夕市 at 02:29 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月16日

やってよかった

昨日の「濱の夕市」風景、

随分としんみりしてしまいましたが、
      CIMG1363.JPG
判ってくれる人に確実に浸透させていく、

流石にここで買ったものは旨い!って思わせる、
いわせる商品達の販売を100%心掛けていきたい、
そう思ってます。

こんな商品たちが昨日の顔です、

一袋でこのお値段ロシア産の紅鮭  子持ちニシン
CIMG1348.JPG         CIMG1349.JPG
           赤魚の開き 
           CIMG1352.JPG
        角太の赤、ねっとりまろやかな赤身が特徴
        CIMG1355.JPG
        まぐろのハム
CIMG1353.JPGCIMG1354.JPG
この日お勧めの鮮魚
CIMG1356.JPGCIMG1361.JPG

               自家製の干物
CIMG1357.JPGCIMG1360.JPGCIMG1358.JPG

昨日も嫌がらせ(笑)に保健所の方々が会場におみえになり、
食品の表示の件で売り場の人間に指導があった、

“何かあったら、市場の信用がなくなるから、困ります。”

たまたまそのときにいらしたお客様が、

“いいんです、表示など無くても、
    私達が選んで、承知で買っているんですから。”

後でこの話をスタッフに聞いたときに、これだけでも、
たった一人のお客さんであるかも知れないけれども、
この運動、この市をやって良かった、本当に救われた、
そしてとても勇気づけられた、そんな嬉しいことがありました。

嬉しいな、嬉しいな、ありがたいな、ありがたいな。

もっともっと、こんなことを堂々といってくれる人が
そんな人たちを、濱の市の応援団をこしらえていくのが、
これからもオイラの大事な大事なお仕事のひとつです。
posted by 朝市・夕市 at 12:50 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月15日

胸のうち

次世代につなぎ残せること、
そんなことを思っての運動の原動力はやはり人の余命ってことか、

今、当家では築11年の自宅の外壁の塗りなおしを始めた、
薄いグリーンだったやつを、今度は黄色っぽい色に、
今朝その色に塗った壁の一部で色の検証をして、合格、ゴーサイン。

さてさて、この色があせてきて又塗りなおしまで
どんな人生がオイラを待ち構えているだろう、
あるいは、もしかしたら土の下かな〜、

まあ、全ては神の思し召し、オイラの知ったことではない。
それまで自分の好きなことだけをやっていく、

昨日は横浜市のコミュニティービジネス振興課へ竹村君とお出かけ、
正式に創業者支援事業のスキーム作りをお願いに行き、
企画書を新春出すことにした。

事務所に帰って、大桟橋組みの帰還を待ちながら残務整理、
携帯にバンクアートさんから電話、緊急の打ち合わせを
彼、池田君の事務所でする、

2008. 1月14日
     Bank Art 市場  10:00〜15:00

 神奈川県警本部の横、
  バンクアート事務所(日本郵船の倉庫)の海沿い

以前から覗いていたその場所、白いロング屋台が目を引く
あれで帷子川公園に濱の市を開けたら、さぞやって
それを使うことが出来る、それだけでも感謝感激。

お蔭で又ステップアップしていく、
昨日、市の課長さん、紹介者の市場の I 理事さんから
大分忠告、事前情報を受けていたらしく、
“合法、順法でやってくれるなら、いいことですから応援しますから。”

竹村と思わず目があってしまった、にっ。
お役人様が枕を高くして眠れるようにしないのが、
オイラ達二人の運動原点、あくまで主導権はおいら達。

もちろん、胸の内、腹の内は、絶対に100%世直しなど出来ない
まじめな方々?(大変失礼)にはお見せはしない。

今日は夕市、順法の中での、
ウキウキ、ワクワク、が少しねない、
ちょっぴり燃えないよ、

明日の朝市は栃木の農家の方が餅つきに来てくれる、
保健所、生活衛生課の課長さんがいらっしゃると、
少し燃えるかな。
posted by 朝市・夕市 at 09:25 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月14日

釘付け

浦和レッズ・ミラン戦の前半を
開始から終了まで、夕食をとりながら眺めていた、
フムフム、割とよくやっているじゃないの、
以外な試合内容に展開に、こちらも日本人として満足、
反面、ミランよ、なにしとるんじゃ!

しかしながらレッズが得点を奪えそうな気配はさらさらない、
そして手汗握る・・・・・
そんな迫力や魅力はその画面からはまるで伝わらない、
ご馳走様でした、食事もサッカーも

後半に入る前に自室に本を読みにいく、
結果が気にならないではなかったが、
あえてもう一度見ようとは思わなかった、

サッカーに興味が無くなったのか、
あるいは何かもっと別なものに気をとられているのか
とにかく今自分の持っている、所持している時間は

本当に自分のためだけに、好きなものに使いたい、
そうその場に釘付けになるようなものに、

出来れば、ずっとずっと時間を共有していたい、
そんな人のために。
posted by 朝市・夕市 at 08:46 | 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言

2007年12月13日

充実年更新

今日は朝から雨、
釣りキチの性なのであろうか、何か心が落ち着く、
そう今日のような天気、慾を言えばもう少し小雨がいい、

絶好の釣り日和、思えば今年は何処にも行かなかった、
何処の川面にもフライを投じることが出来なかった今年、
裏磐梯の大倉川、小野川、近くは伊豆の持越川、丹沢の中川

今の季節はすでに禁漁になっているそれらの川に生息する
岩魚、ヤマメ達元気に越年をしてくれるだろうか、
1年遊んでもらえなかった、
2年越しに来年は元気な姿を一杯見せてもらおう。

まだ少し早いけれども、今年の総括は
もうオイラの心の中では済んだ、多分人生で一番充実した年、
きっと、これからも、その都度この12月のこの時期に振り返り
今年が最高!って年の更新を、死ぬまでやってみよう。

その中で、お魚とのデートも出来れば、尚ね、いい。
少し贅沢すぎるかな、
本当にオイラの人生はね、楽しい、
自分に感謝!そしてもちろん、みんなに感謝!

posted by 朝市・夕市 at 10:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 濱の海坊主の独り言
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。